この一事を励んで

今日の10月第二聖日礼拝リーチビヨンド宣教師(HCJB日本語放送担当)
尾崎一夫 師ピリピ人への手紙3章5~14節から
「この一事を励んで」というメッセージをしてくださいました。

尾崎先生は、1964年、南米のエクアドルにおいて、
「アンデスの声」という日本語短波放送を始めた方です。

尾崎先生は、最初、エクアドルに行くことに二の足を踏みました。
でも、旧約聖書のヨナ書イザヤ書の御言葉により導きを受けました。

その後、エクアドルからの放送は、できなくなりましたが、
今もアメリカのアリゾナ州から、オーストラリア経由で放送を続けていらっしゃいます。

「キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、
目標を目ざして一心に走っているのです。」
(ピリピ人への手紙3章14節)


ピリピ人への手紙は、パウロがピリピの教会あてに書いた手紙です。
尾崎先生はパウロを最も尊敬しているそうです。

パウロの生涯から、宣教師として1番、大切なことを学んだという証しをしてくださいました。

来週日曜日(10月16日)は小山田 格 牧師によるテサロニケ人への手紙
連続講解説教の3回目です。
テサロニケ人への手紙第一2章1~12節から
「父のように、母のように」というメッセージをしてくださいます。

礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


Ustream(ユーストリーム)


インターネット礼拝



★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2016-10-09 18:01 | 教会行事・集会