生きることはキリスト

ピリピ人への手紙を書いた時、パウロは投獄されていました。 投獄といっても、ローマ兵の見張りがついた軟禁状態だったようですが、そのことすらパウロは喜んでいたといいます。 また福音を伝える同労者である筈の他の宣教師や伝道師の中には、パウロが身動きが取れないことをいいことに、彼に対する妬みや党派心をあらわにして伝道する者も出てきました。

それでもパウロは喜んでいました。普通なら到底伝道の対象になりえない、ローマの親衛隊やその他の人々にも伝道でき、ここぞとばかりに自分達の栄光の為に伝道する人達によっても、キリストを宣べ伝える働きが前進するからだと言っています。

キリスト教が他のご利益宗教と違うところの1つは、私たちはこの世では神様から祝福とともに患難や苦労も与えられるということを、予め宣告されていることだと思います。 

「あなたがたは、キリストのために、キリストを信じる信仰だけでなく、キリストのための苦しみをも賜ったのです」 (ピリピ1:29)

しかし信仰を持つ者は、主にあってその苦しみに何の意味があるのか気付かされ、またその苦しみによって自分自身の傲慢や不遜が示され、また多くの場合、結果的に自分の信仰や、性格が練られ、神様により使って頂き易い器に変えられていることも(しばしば後になってからですが)気付かされます。

ですから、その苦しみや患難をいたずらに恐れたり、逃げ惑ったりすることなく、すべて主からの賜物と受けとめて、自分の全人格をもってそれに対峙し、浸ることが出来るようになります。 パウロは「生きることは、キリスト、死ぬ事もまた益です」(1:21)と言っています。もっともそれは、偽善的な自己犠牲の精神や、ストイックな精神主義や、心頭を滅却するような修行によるものではありません。 人間にはそんなことは土台無理なのです。 たとえ何回か成功したとしても長続きはしません。「あなたがたの祈りと御霊の助け」(1:19)による他はなく、逆にいうと、「祈りと御霊の助け」があれば、「私を強くして下さる方によって、どんなことでも出来るのです」(4:13)

何を偉そうに、とお思いになる方もおられるでしょう。 でも大丈夫、神様からの祝福と困難はワン・セットなのです。 これまでも、これからも困難は起こり続けるでしょうし、神様がそれが起こるのをお認めになっている以上、それから逃れるオプションはありません。 「祈りと御霊の助け」の中で、それを背負っていくことになるのでしょう。

ところで、「祈り」といえば、私の娘はロスアンゼルスで、あるメガチャーチ付属のナーサリー(保育園)に通っていました。 そのナーサリーの先生方は勿論みんなクリスチャンで、キリスト教的な価値観をもって子供達の保育をしていました。 ある時その娘が家で「私はお母さんのお腹から産まれてきたの。でもお母さんのお腹に私を置いたのは神様なの」と英語で教えてくれたときは、さすがに驚き、咄嗟には言葉も出ませんでした。 ただ娘を抱きしめながら、そんな素晴らしいことを、しかもさりげなく教えてくれる先生と神様に感謝したことを覚えています。

ちなみにそのナーサリーは、金曜日は午前中だけの半ドンでした。 午後からは職員会議だからというのです。 で、その職員会議ですが、なんと午後いっぱいかけて、先生方が200人強の子供達1人1人の名前をあげて、毎週祈っているというのです。 それを聞いた時には目がうるんでしまいました。

日本にも、数多くの宣教師や宣教団体によって所謂ミッションスクールが、それこそ保育園、小学校から大学まで建てられています。 すっかり「ブランド化」してしまった学校もあり、その在学生をみても、卒業生をみても、建学の精神、その学校が本来何を伝えるために建てられたのかと疑ってしまうような学校も少なくありません。 また自分の子どもに偏った価値観(キリスト教的価値観のこと!)を教えるのはけしからんと抗議する父兄までいるといいます。

現在区立小学校に通っている娘の周りには、ブランド・ミッションスクールの中学校のお受験を目指す子どもや親たちがたくさんいます。 たとえ何も分からないまま、ブランドやファッションだけでミッションスクールと係わりを持つ子どもや大人たちが大勢いたとしても、それらの学校が、本来の建学の目的に立ち返り、福音を伝えることを第一のミッションとして、そういった人達にしっかりと福音を語ることができるならば、パウロのように嘆かわしい事態を、かえって喜ぶことが出来るのにと思いました。

by oveja negra

礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2010-08-01 18:43 | 教会行事・集会