今年の箱根駅伝で、一番がんばったのはだれだと思いますか?
それは、一号車に乗って解説していた瀬古利彦さんです。よくご自分の気持ちをおさえて、まあまあ、早稲田一辺倒でない解説をしましたよね。山登りの五区、ぬきつぬかれつで、最終的には東洋の一年生にしてやられた時も、また、早稲田期待の山くだりの六区の選手の不振で、早稲田の目論見がガラガラと崩れた時も、八、九、十区で早稲田の優勝が遠のいていく時も、こらえた、
瀬古さんに努力賞さしあげます。
 
 12日に小学校の体育館でスポーツ交流会をしました。バレーボールとバドミントンをやりました。
 ご存知でしたか?みなさん。
バレーボールのネットでバドミントンをしてはいけない訳?
 それは、ネットをシャトルが通り抜けてしまうからです。
                                      setsu

★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
f0136828_19144833.gif

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-01-15 09:11 | スポーツ

11月3日(祝)
   バスケットボールとバレーボールとバトミントンで、エキサイトしました。
部活を引退して、今、ちょっと体がなまってる人も、指の手術を乗り越えた人も、中学生も、40代大人も・・・・・走る、はしるーーーー!
f0136828_20363732.jpg




f0136828_19144833.gif人文ランキングに参加しています! 皆さんに神様の祝福が届きますように

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ キリスト教・プロテスタントブログ ランキング あなたの1クリックが励みになります!


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ


東京カベナント教会

携帯版ホームページ


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”

インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2008-11-04 20:38 | スポーツ

バレーボールやりました。9月23日夜です。072.gif
 集まったメンバーが男性5人女性5人。うち、女性2人がもとバレー部。
ということで、男性対女性でやることに。これが盛り上がりました。
 最初は、まあよくあるように、サーブが入るか入らないかで点数が決まっていましたが、男性たちは、レシーブ、トス、スパイクの形を整えることを目標とし、女性たちは、とにかく何が何でも相手コートにボールを返してやるという気迫が出てき、どちらもチームワークが整ってきました。 また、バレーは、サッカーやバスケと違い、常に走っているわけではないので、余裕も生まれてきまして会話もできますし、まあ均等にボールにもさわれます。
 とにかく、自分がからんで相手コートにボールが落ち、くやしがる’敵’を見ると「カイ~カン041.gif」               
                          
                                   setsu

f0136828_19144833.gif人文ランキングに参加しています! 今日は何位かな~?!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ キリスト教・プロテスタントブログ ランキング あなたの1クリックが励みになります!

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ


東京カベナント教会

携帯版ホームページ


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”

インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2008-10-01 19:20 | スポーツ

7月のスポーツ交流会

f0136828_10483449.jpg
f0136828_10481955.jpg

f0136828_1048538.jpg


今回は9人。メンバーの一人のたっての希望でフットサルをやりました。といっても、ゴールは跳び箱とスズランテープでのアイデア手作り。とにかく白熱して、筆者は写真を撮るまもなくボールと人を追い、これは、休憩時間のスナップです。(~o~)
ステキな21日海の日の夕刻2時間半でしたー。

                                   setsu

f0136828_19144833.gif1クリックの応援お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ新しい生き方を目指して1クリックを


東京カベナント教会

携帯版ホームページ


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2008-07-28 20:33 | スポーツ

福士加代子

「これが個人のレースだったら、とっくにやめていますよね。」
「そうですね。襷をつなぐ駅伝だから、こうして、ふらふらになりながらも歩を進めているんですよね。」
駅伝中継でよくアナウンサーと解説者がこう話している。しかし、個人のレースなのにやめなかったランナーがいる。08大阪国際マラソンでの福士加代子である。彼女にとってマラソンデビュー戦。快調に飛ばし、後続に一時は600Mも差をつけた。しかし、30K過ぎで失速。途中で脱水症状を起こし、足は痙攣していた。競技場に入ってトラックで4回もころんだ。しかし、笑顔に見えた。そして、やめなかった。ゴールまで。
箱根駅伝の5区で、やはり同じように脱水症状で転倒して棄権した順大の小野選手の、監督に抱きかかえられて車に乗る姿は、それはそれで絵になっていた。
また、5000M、10000Mのスピードランナーのマラソンデビューといえば、最近では、大島健太選手も、瀬戸智弘選手も、35K付近でのリタイヤである。
だから!! さすが、福士選手!!彼女が日本人のスポーツ選手であることがうれしい!

さまざまな試練に会うときは、
         それをこの上もない喜びと思いなさい。ヤコブ1:2
                         
f0136828_23391591.jpg
                     
これからの福士選手が楽しみである。
                                 setsu

f0136828_19144833.gif1クリックの応援お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ新しい生き方を目指して1クリックを


東京カベナント教会

携帯版ホームページ


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2008-01-31 23:43

Runner

f0136828_78527.jpgf0136828_79345.jpg岡佑介をご存知だろうか?  07 北京国際マラソンで、日本人トップの6位でゴールした選手である。現在、大塚製薬所属。
私が、片岡選手を初めて、画面を通して見たのは、2004年の箱根駅伝。第80回の記念大会で、日本学連選抜チームのアンカーとしてである。
学連選抜チームというのは、普通目立たない。しかし、あの時は、違った。何と言っても、5区山登りの鐘ヶ江幸治の大活躍である。9人抜き、当時の区間記録を塗り替え、往路堂々ヒトケタ順位でのゴールイン!これで、復路の選手たちに火がつかないわけはない。そして、北海道教育大片岡は、アンカーとして、誇らしげに「日本学連選抜」の赤い襷を掲げて6番目にゴールテープに入った。
それから3年9ヶ月・・・・・・。
その片岡が北京の42.195kmを走り抜き、6番目にゴールした・・・。
 
 もう一人、鐘ヶ江。当時筑波大4年だったが、あの時、第一回金栗賞(MVP)を見事獲得。現在は、夢だった全日空の整備士として働く一方、市民ランナーとしてマラソンに挑戦している。

うしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み、キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです。
<聖書 ピリピ3:13~14>

それぞれの場所で、それぞれの境遇で、それぞれの目標を目ざし、走る。
ある時出会い、決まった時の間共に過ごし、そして離れる。
この世での行程を走りきり、栄冠を手に、安息のかの地で喜びの再会をしたいではないか。

setsu
f0136828_19144833.gif1クリックの応援お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ新しい生き方を目指して1クリックを
[PR]
by covenanty | 2007-11-10 07:21 | スポーツ

視点

f0136828_23524862.jpg

小6の甥のバスケットの試合を見に行った。ミニバスケというやつ。6分ごとの4ピリオドで一試合となる。甥はチームで一番背が高く、ドリブルでは足も速い。しかし、バスケはまだ始めたばかりで、動きは物足りない。母親である妹は、自分も小学生の時ミニバスケにはまっていたので、息子がやるとなったことが嬉しくないわけがない。しかも、自分は背が低いというハンデで苦労したので尚更である。だが、見ているとじれったく、どうしてもう少し動けないのかといらついていたらしい。そんな折、彼らの練習の合間に、大人同士でちょっとゲームをやってみたところ、「いやあ、動けないもんだねー。見ていると良く分かるのに、自分がコートに入るとダメ!」ということがわかり、少し息子に寛容になれたとのこと。試合中に、まだ幼な顔の残る3年生の生徒が「U君、U君のやくわりはなんなのー!」と母親にゲキをとばされ、ハッとしてマークする相手の所に行ったのがかわいらしかった。

天が地よりも高いように、わたしの道は、あなたがたの道よりも高く、わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い。聖書

自分のすべきことがわかるためには、ある程度全体が見えないと難しい。人間の視点には限りがあるから、やはり、神を見上げることは大切だ。

ところで、やはり、小学生の試合だろうとなまで見るのはいい。このところずっとスポーツのTV観戦が続いていたので、自分の方に飛んでくるボールや、ざわめきの臨場感がたまらなかった。しかし、一番いいのはやっぱり、自分がやることである。見ながら、「ああやって動くのかー今度やってみよう」とか考えて、甥が出ていようと出ていなかろうとずっと見ていて、呆れられた。
    
    
スポーツ交流会のお知らせ!!
ぜひご一緒にフットサルを!
9月24日(月)祭日18:00~20:00 千歳台小学校体育館  東京カベナント教会で17:30に待ち合わせで一緒に行きましょう。
ご参加くださる方は、23日17:00までに3321-4690にご連絡ください。


by setsu
f0136828_19144833.gif応援の1ポチお願いします!

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへいつもありがとうございます<(- -)>
[PR]
by covenanty | 2007-09-14 00:13

ウィンブルドン2007

f0136828_23235093.jpg フェデラーが1セットを落とした。それは、彼のサービスゲームがナダルによって、ゲームカウント4-5から破られた瞬間。30-40のポイントをあげたナダルのショットは、しりもちをついた状態で放ったものだった。それが、フェデラーのコートの右ラインぎりぎりを襲った。セットポイント! そこからのパッシングも見事だった。
 この二発を見るまでは、正直、もうフェデラーの五連覇は堅いと思っていた。第一セットはタイブレークの末ではあったが、フェデラーが取っていたし・・・。しかし、この二発で、セットカウント1-1になったのだ。筆者は、このゲームをビデオに撮っておいて見たので、番組欄にあった時間でビデオは切れており、第三セットの3-3ぐらいまでしかわからず、結果は新聞で見た。ひょっとして、ナダルが初優勝・・・と、思わぬでもなかった。それほど、二人は拮抗していた。
 フェデラーがカップにくちづけしている写真は納得できた。しかし、スコアはびっくりだった。第四セットと第五セット!!  2-6でナダルに取らせ、次を6-2で取っている。第三セットがまたタイブレークになっているということは、とにかく、キープしたフェデラーは第四セットをいわば、休んだのか…?  なにせ見てないのでなんとも言えないが、第三、第四を連続キープは無理と判断し、肉を切らせて骨を切った、フェデラーの選択だったのかもしれない。
 優勝インタビューで、フェデラーは、「まだ、やれる。」と言った。年下の進化してくるライバルの前に、君臨できる日々はもうわずかと悟りつつも、彼は王者である。王者は、追う者の足音を聞きつつ、今自分にできることをする。

鉄は鉄によって研がれ、人はその友によって研がれる。   聖書 
 
 フェデラーがいなければ、ナダルはチャンピオンという言い方もできるが、フェデラーがいるからこそ、ここまで芝コートでもうまくなれたとも言える。
 この二人、普段は全く違う所で生活しているが、お互いを意識の外に追いやることはできないのだろうな。-ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー setsu

f0136828_19144833.gif1ポチお願いします!

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへいつも応援ありがとうございます<(- -)>
[PR]
by covenanty | 2007-07-27 23:39 | スポーツ

松井秀喜 ー あの日

f0136828_22235032.jpg
 甲子園に勝利校の校歌が響き渡る。それは、試合終了後の美しい光景の一つだ。おそらく、母校の式典などでは歌ったことなどない校歌を、誇らしげに声を張り上げて歌う。その列の後ろで、敗者は静かに佇む・・・。
 しかし、あの時は・・・・・。その校歌が「カエレ、カエレ!!」というヤジにかき消された。空き缶が、戦い終わって静まり、次の試合に備えようとするグラウンドに投げ込まれる映像が・・・・。
 ご記憶の方も多いことと思う。
高校球史に残る高知明徳義塾対石川星陵戦。松井秀喜、4連続敬遠試合の終焉だった。
 筆者は、高校野球を愛する者として、その光景に対し、抗議したい気持ちを朝日新聞‘声’という欄への初投稿という形に顕した。
 星陵側の無念さはわかる。しかし、エール交換というスポーツマンシップをどうするのか?!  相手の校歌斉唱中にヤジるなどもってのほか。しかも、グラウンドにものを投げ込むなど・・・・云々。
筆者の投稿が、文章の稚拙さにより紙上に取り上げられないのはいい。自身の怒りの捌け口となってくれたので。が、驚いたのは、反対の意見を紙面に発見したことだ。星陵のマナーではなく、明徳の野球が、高校生らしくないという論調で終始しているのだ。ま、確かに松井は、ランナーなしの場面でも敬遠されていたから・・・・。明徳の馬渕監督はボロクソ。明徳は次の試合でアッサリ敗退。あんなに、非難されて動揺しない高校生などいない。
 しかし、あの時の松井はコワかった。バットを叩きつけたり、相手を睨みすえたりしない。静かに一塁に歩く。ウエストボールを投げられても、一球一球、打席で構える。
とにかく、高校時代の松井は、現在その懐かしい映像がTVに出てくると、「あーやっぱり、細いなーまだこの頃は…」と思うけれど、あの連続敬遠のあった頃などは、一人だけ他の高校生とは違っていた。射るような眼光。打席に立ったら、不動の構え。「バッター松井君」とコールされて、応援席からの期待の拍手に送られて、バッターボックスまで歩いてくる時でさえ、もう、全く別格~ぅ、と思わせるものがあった。
確かにあれは怖い。相手選手にとっても、監督にとっても。敬遠したくなる気持ちはわかる。その後の彼を見れば、ラッキー長島に引き当てられ、巨人入り。原巨人優勝に4番バッターとして貢献。そして、大リーグニューヨークヤンキース中軸となれば・・・・。松井は、「(あの4連続敬遠で)却って注目されてハクがついた」と言う。
美しい伝説となりつつある。

「人間万事塞翁が馬」と、松井は父からの言葉を大切にしている。

さらに聖書は次のように語る。

――――   神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々の
ためには、神がすべてのことを働かせて
益としてくださることを私たちは知っています。――――

その時には、悪いこと、損なこと、不運と思われるようなことも、神の手にかかれば、その人の益となる。何というすばらしいお約束だろう。

                                 setsu

f0136828_19144833.gif1ポチお願いします!

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへこちらも応援してください<(- -)>
[PR]
by covenanty | 2007-06-26 22:39

07世界水泳


  「康介に続カナ・・・(アカン)その思いで泳ぎました。」    
 当時キャプテンとして臨んだアテネ五輪で、200Mバタフライ、見事銀メダリストになった山本貴司は、先に二つの金メダルを獲得していた歳下の偉大な後輩北島康介に引っ張られての快挙だったと語る。
 2年7ヶ月後の07年、世界水泳。今度は、北島康介が、山本に引っ張られて、宿敵ハンセンが欠場する中ではあったが、金メダルに輝いた。
上昇気流の後輩が先輩を刺激し、また、先輩の復活により後輩は燃える・・・・・。

 北島はアテネ金二つの後、沈んだ。
偉業を達成した者のみが知りうる悩み。そうなのだ。大きな目標が叶えられた時、孤独になる。空虚になる。
 特に、記録を争うスポーツ選手は、目に見え、手でさわれる達成感がそこに残っているわけではない。
 確かに、記録があるし、映像だってある。しかし、それを達成した当の自分の体は、「ホイ、それをもう一度やってごらん」と言われてもできない。それは、ライバルに必死に追いすがり、また、追いすがられて、出たタイムかも知れない。状況があったからできたこと。そして、オリンピック、世界選手権等、それに向かって全てを注ぎ込んで練習し、調整してきてはじめて達成できたこと。
 平井コーチを中心とする‘チーム北島’というのがある。今でこそ、‘チームQ’という高橋尚子選手のものもあるが、あの02年ごろには、日本では新しいと思えた。メディカル面、栄養面、理論面、運動機能面と、全て専門家で構成する、北島康介に記録を出させることを目標とするチーム。
 一度、その練習が放映されたが、北島のスタートの改善により、もっとタイムが伸びるという理論のもとに、いつもより低く、遠くへ飛び込むよう指示され、実際に北島は目標地点へ飛び込んだが、「ヒャー、これじゃ、その先泳げないよぉ」と言っていた。
 また、平井コーチは、03年の世界選手権の後、「康介の泳ぎをバラバラにして、一から組み立て直すんです。」と言っていた。
 当時、世界記録を更新した北島の泳ぎを、このスタートのことでもわかるように、全く壊すのか・・・と恐れ入った。
 翌04のアテネ五輪で、金メダルを獲った北島が雄たけびを上げた映像は、今もはっきりと見えるようだ。しかし、TVカメラに映らなかった1シーンがあった。康介は文字通り号泣したというのだ。平井コーチも驚くほどに・・・。ふてぶてしくさえ見える彼だが、若干20歳。 ギリギリの緊張が溶けたのだろう。
 
 ケガもあり、気力も衰えた。
 その北島をもう一度、今年世界選手権の舞台に立たせたのは、山本貴司と共に過ごした合宿だったのだ。
 「休んで復帰した貴司さんの姿は自分と重なる。練習でへばっても翌日は元気な先輩に力づけられた。」


―――   何事でも自己中心や虚栄からすることなく、へりくだって
         互いに人を自分よりもすぐれた者と思いなさい。      

                                                 
                                    聖書 ―――
 
 先輩は当然、先を歩くから、後輩にアドバイスが、通った道のことを教えるという意味
でできる。そして、後輩が今歩んでいるところを見、先輩は、かつて自分がそこを歩ん
でいた頃のことを思い出し、自分を振り返る時をもつことができる。
 
人は一人では弱い。
だから支えあうのだ。

                                                 setsu

f0136828_19144833.gif今日も1ポチお願いします♪

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへライフスタイルランキングも応援してください。
[PR]
by covenanty | 2007-05-29 07:39