タグ:虎猫 ( 176 ) タグの人気記事

中央線の勇士たち

朝の9時。荻窪から中央線に乗りました。御茶ノ水で仕事の打合せをするためです。
電車はかなり混んでおり、私も通路近く何とか吊り革にぶら下がって立っていました。
突然、近くの若い女性がうずくまりました。そのまま立ち上がれないようでした。少しためらいましたが、女性の側にひざまずいて声をかけました。「次の駅で降りますか。」女性は首を振って「いえ、降りたら会社に遅れます。」
でも、うずくまったままです。もう一度声をかけました。「席に座りますか?」女性はうなずきました。
私は立ち上がって、周りの人に大きな声で呼びかけました。「お加減の悪い方がいらっしゃいます!どなたか席を譲ってあげていただけませんか!」
座席に座っていた数人の方が一斉に立ち上がり、席を譲ろうとします。その中の若い男性が最終的に立ち上がり、周りの人も席を替わって、入口近くの席を空けていただきました。私は女性の手を引いて、席に案内しました。1人では席まで行けないようにも思えたからです。
その後、女性の様子を時々見ていました。万一、さらに容態が悪くなることがないか、と心配したからです。隣の席の中年の女性も心配そうに声をかけていらっしゃいました。幸い、元気を取り戻されたようで、御茶ノ水で降りるときに私が会釈すると、会釈を返していただきました。

不思議だったのは、この一連の動作を、躊躇いもなく、日常の動作のようにできたことです。こんな時、後で心臓がドキドキするかと思ったのですが、それもありません。
後で考えてみました。
自分自身がここ数年で3度ほど緊急入院しました。具合が悪い時に周りの人の手助けが必要なことがあります。その経験から、具合の悪い人の気持ちを理解し、躊躇せずに必要な行動ができるように、鍛えられてきたのではないか。
そしてもうひとつ、この国では、1人が声をかければ周りの人は必ず動きます。女性の様子を見ていた人は沢山いたはずです。心配してどうしようかと思っておられたのです。誰かがひと声かけるだけで、一斉に行動できる心の準備はできているのです。私はきっかけを作っただけなのです。

私には夢があります。あの時の私の行動、周りの人々の思いやりが語り伝えられ、同じような時にためらわずに行動する勇士たちが次々と起こされることを。

受けるよりも与えるほうが幸いである (使徒行伝20章35節より)
虎猫
[PR]
by covenanty | 2016-11-01 23:57 | エッセイ

イエス様の十字架の受難を題材にした曲です。
聖イグナチオ教会のホイヴェルス神父の作詞、山本直忠先生(髭の指揮者山本直純先生のお父様)の作曲です。1950年に初演されましたが、1965年に山本直忠先生が亡くなった後は、演奏されることもなく、ようやく1994年に上野奏楽堂で直純先生の指揮で演奏されました。「エンゲルコール」(カベナントコワイヤ指導者の四家先生の賛美グループ)を軸に、いくつかの合唱団、オーケストラも加わった大規模なものでした(当時のビデオをコピーしたDVDが残っています)。その後は演奏の機会がありませんでした。
「エンゲルコール」のオルガ二スト湯浅照子先生は直忠先生の御嬢様、直純先生の妹様です。お父様が渾身の力を振り絞って作曲された「受難」を埋もれさせたくないと、再演を願って祈り様々な準備をされました。
昨年ようやく小諸キリスト教会で一部を抜粋して演奏することができました。(ブログ「小諸にわらじをぬぐ者は ふたたび小諸に来たる」参照)
その後、山形の大江町キリスト教会からお話があり、今年6月5日にまとまった形で奉仕する機会に恵まれました。
原曲ではイエス様の独唱が重要な部分を占めますが、技術的にはとても難しいものです。玉上がナレーションで演じました。大役です。

いよいよ本番の礼拝が迫ります。
どうしても心が落ち着かず、祈り続けました。
突然、御声が聞こえました。
「お前ひとりの力で出来ると思っているのか。」
目が覚めました。
自分ひとりの力で出来るのではない、自分ひとりのために演奏するのでもない。
平静な気持ちで、心を込めて奉げることができました。

今、あの大江町で加わっていただいたソプラノやチェロの響きなどを思い出し、心が打ち震えるような感じがいたします。
そして、私たち小さな群れが、また、この小さな者が心を込めて捧げたあの受難(パッション)が、その場に集った皆様の心に響き、忘れがたいひとときとなったことを、今は確信しています。

いま、この演奏に至るまでの経緯を少し振り返ります。
原曲のイエス様のセリフは文語です。湯浅先生から、若い人にもわかるように口語訳にしてほしい、と依頼を受けました。軽く引き受けたものの、どうすればよいか迷っているうちに、どんどん日が経っていきます。
祈るうちにインスピレーションがわきました。まずイエス様になりきって自分の言葉で書いてみよう、それから細かく調整すればよい。
祈りつつ、ほとんど1日半ほどで草稿を作りました。それから手元の聖書10種類以上を参照しながら推敲しました。区民センターに幾日か通い詰め、完全防音のピアノ室・オルガン室を借りて思い切り声をだし、練り上げました。さらに日が迫ると、カベナント教会の礼拝堂が無人の時を見計らって、会堂での響きを確認しました。最後には大阪から見えたT姉がピアノ伴奏を務めていただき、細かく練り上げたのです。
【文語・口語の一例】
(原曲の文語)
「我まことに汝に告ぐ。汝、こよい鶏の再び啼く前に、必ずみたび我を否まん」
(口語訳)
「ペテロよ、はっきりと言っておく。お前は、あす朝の鶏が啼く前に、三度私のことを知らないと言うだろう。」

でも私のこんな苦労は何の自慢にもなりません。
山本直忠先生は、暑い夏、冷房もない時代、朝4時に起きて、ピアノの上に五線譜と聖書を置き、祈りながら作曲されたのです。
DVDの山本直忠先生の言葉を思い出しました。「私は祈りながらこの曲を作った。不思議な力に支えられひと月でスケッチを完成することができた。そして今もなお祈り続けている。」

『我らなくして神は成さず、神なくして我らは成せず。』(聖アウグスティヌス)

虎猫
[PR]
by covenanty | 2016-08-18 20:00 | 賛美

渋谷で出会った若と姫

4月のことです。
折からの暴風雨の中、渋谷区地域交流センター(恵比寿)に行くときのエピソード。
地図はもらっていましたが、暴風雨で道が分からなくなりました。
傘も吹き飛ばされそうです。心細くなってきました。
前方から若い男女のカップルが来られたので道を聞いてみました。
(若A、姫Aと呼ばせていただきましょう。)

虎猫「すみません。渋谷区地域交流センターに行く道をご存知でしょうか。」
若A「交流センター?スマホで調べてみましょう。あ、ここだ。」
姫A「保育園なんて書いてありますよ。いろいろな施設があるんでしょうか。」
虎「多分そうだと思います。」
若A「それでは、まず、この道を道なりに下っていってください。それから左に、いや、大きな道路まで出て、信号のところで左に曲がるほうがわかりやすいでしょう。」
そう言ってスマホの画面を示しながら、丁寧に説明してくださったのです。

歩くこと数分。その大きな道路の信号のところに出ました。それでも、見当がつきません。また、迷ったら大変だ、と思っていると前方から若い男性2人、女性1人のグループ。
(若B1、若B2、姫B、呼ばせていただきましょう。)

虎「すみません。地域交流センターは、どう行けばよいのでしょうか。この近くのようなんですが」
若B1「スマホで調べてみましょう。雨風がきついからそこの軒下に行きましょう。
さあ、みんな競争だぞ!誰が一番先に見つけるかな!」
姫B「あ、あった!」
若B1「あ、すぐ近くだ。僕たちが行くのと同じ方向です。ご一緒に行きましょう。」
虎「スマホってこんなに便利なのですか。私もスマホに変えようかな。」
若B1「こういう時には本当に便利ですよ。」
そして、センターまで一緒に案内してくださったのです。
若B2「交流センターで何か催しがあるのですか。」
虎「私が参加している多言語の催しがあるのです。」
若B2「多言語というのは何語なのですか。」
虎「英語、スペイン語、ロシア語、韓国語、中国語です。」
若B2「へえ、そうなんですか。すごいな。」
若B1「あ、多分この建物ですよ。交流センターと書いてあります。」
虎「ありがとうございます。ほんとに助かりました。」

暴風雨の中でしたが、心は晴れ晴れ、快晴の日でした。
こんなふうに親切な若者たちが、文明の利器を駆使して、なんの躊躇もなく人に尽くしてくれます。

質問①この国の未来は明るい、と思うのですが、皆さんはどうお考えですか?
質問②それでもあなたはガラケーのままにしますか?スマホに変えますか?

すると、王は彼らに答えて言います。
「まことに、あなたがたに告げます。あなたがたが、これらのわたしの兄弟たち、しかも最も小さい者たちの一人にしたのは、私にしたのです。」
(マタイの福音書26章40節)

虎猫
[PR]
by covenanty | 2016-05-14 09:47 | エッセイ

春の喜び―咲き誇る花々

4月30日(土)快晴の昭和記念公園。
どこを見渡しても、チューリップをはじめ、さまざまな花が咲き誇り、木々も池の風情も私たちに喜びと憩いを与えてくれます。
花も木も自然のもの。主が創造されたもの。
それを見て喜び励まされる私たちも、主に創造されたもの。

「しかし、わたしはあなたがたに言います。栄華を窮めたソロモンでさえ、このような花の一つほどにも着飾ってはいませんでした。」
(マタイの福音書6章29節)

f0136828_1443203.jpg


f0136828_14435235.jpg


f0136828_14443638.jpg


f0136828_14445668.jpg


f0136828_14451774.jpg


f0136828_14453125.jpg


f0136828_14454518.jpg


虎猫
[PR]
by covenanty | 2016-05-11 19:08 | エッセイ

3月20日棕櫚の聖日にささげた賛美です。
もともとは、2010年10月、故土屋順一先生の研修休暇明けのメッセージをうかがっているときに、インスピレーションがわいたものです。
はじめは詩として作り、その年の音楽祭に賛美できるように歌詞にアレンジしました。いつか棕櫚の聖日で賛美することができれば祈り続け、ようやく実現することができました。
故土屋順一先生にお奉げします。

3月20日棕櫚の聖日特別賛美
「やがて来る方に」
詞・独唱 虎猫
曲 グリーグ「ペールギュント」の「ソルベークの歌」
アカペラ(無伴奏)で

その人はやせたロバに乗り、やってきた。
私たちは棕櫚(しゅろ)の葉を振って出迎えた。
ホサナ イスラエルの王よ 救い主

総督ピラトは問うてきた。お前たちは何を望むか。
十字架だ、十字架につけろと、声あげた。

その人は木の枝(え)に釘打たれ、つるされた。
私たちはあざけり罵った。
お前が神の子というなら、降りてみろ、その木から

そのとき世界は闇となり
神殿の幕は裂けとんだ。

その人は墓に姿なく、消えていた。
番兵たちは目をそらし、こう言った。
盗まれた、あいつの弟子たちに。

いま私たちは知っている。
その人は 再び来られたと。
すべてを語られ天に昇り、
またいつか来られることを。


改めてこの詞を読み返し、若干の解説を加えます。
1から3節までは、情景と群衆の声で成り立っています。
群衆は私たち自身の姿です。群衆の声は私たち自身の声です。
イエス様を迎えて歓呼の声をあげますが、2節では罵りの声に、3節では嘲りの声にと変わっていきます。
嘲りが最高潮に達したときに、神殿の幕が裂け落ちます。
至聖所(聖なる神の臨在の場)にキリストの贖いを信ずる人がすべて近づけるようになります。旧約の予言がここに成就します。

当日の賛美ではこのあと少し間をあけました。
イエス様の受難から3日後の復活までの時の経過を示すためです。
その時、会堂の中が静まり返っていました。

イエス様の復活は、番兵達のささやき声で示されます。
祭司たちに言いくるめられ、おどおどしながら嘘をつく姿です。

そして最後の節は私たちの信仰の確信です。復活と再臨の確信です。

私が挨拶して降壇した時に躊躇いがちに拍手が起こり、すぐやみました。
拍手をもって迎えられる曲ではありません。静かに頭を垂れてかみしめていただくことが、この小さな者の願いであり、この者が用いられたことの何よりの証です。

なお、この詞ではイエス様の声は一切でてきません。
群衆の声に押しつぶされ、ほふり場に引かれていく羊のように口を開かないお姿です
イエス様を砕いて痛めることが主の御心でした。虐げとさばきによって取り去られることが主の御心だったのです(イザヤ書第53章7節、8節、10節)。

もとの詩はこちら
2010年10月音楽祭で捧げた時のブログ「用いられる喜び」もご参照ください。

虎猫
[PR]
by covenanty | 2016-04-03 13:58 | 賛美

介護老人体験記

三毛猫の三毛「虎猫おじさん、入院したんだって?もう大丈夫なの?」
虎猫「ありがとう。お陰様で何とか治ったよ。危うくICUに入れられるところだったんだ。」
三毛「え!ICU?キャー、素敵!」
虎「?」
三毛「だってICUでしょ。国際基督教大学でしょ。佳子様に会えるかもしれないじゃん!」
虎「それはICU違い!『国際基督教大学(International Christian University)』じゃなくて、おじさんが入れられそうだったのは『集中治療室(Intensive Care Unit)』だよ。」
三毛「なんだ、つまんない。」
虎「三毛ちゃんにとってはつまらないかもしれないけれど、おじさんは大変だったんだぞ。」
三毛「どんなふうに大変だったの。お医者さんや看護師さんに徹底的にお世話されて、上げ膳据え膳、左団扇の別荘生活じゃないの?」
虎「とんでもない。いいかい三毛ちゃん。三毛ちゃんはおしっこやウンチはトイレでするかい、それともベッドでするかい?」
三毛「ちょっと、おじさん、レディに向かって何言うのよ!トイレでするに決まってます!」
虎「おじさんは立つことも歩くこともできなかったんだ。おしっこは管を通され、ウンチは看護師さんに頼んでおまるを当ててもらうんだ。」
三毛「や、ヤダ、最低!なによ、それ!おじさん本当にそんなになっちゃったの?」
虎「そうだよ。寝たきりで介護を受けるお年寄りはこんな感じなのか、ひしひしとわかったよ。看護師さんは嫌な顔一つ見せずにおまるをあててくれたけれど、早く自分でトイレに行きたい、こんな生活早く終えたい、と思ったよ。これがもし一生続くと思ったら、とても耐えられない、そう思った。」
三毛「・・・」
虎「きっと神様は介護を受ける人の気持ちがわかるように、こんな試練をくださったのかもしれない。そう考えるようにしたよ。」
三毛「う~む・・おじさんって、すごい・・」
虎「晴れて車椅子でトイレに行けた時のうれしさ、やがて、一人で看護師さんの助けを借りずにトイレに行けた時の感激、わかるかい?」
三毛「わかんない、簡単にわかるものじゃなさそう。」
虎「ご飯のことも話しておこう。」
三毛「おじさんって、大食漢で有名よ。いつも教会のランチをおかわりしているじゃない
虎「その大食漢が、ご飯など全く食べられなかった。点滴で栄養を取るんだ。」
三毛「時にはダイエットもいいものよ」
虎「勝手なことを言うね。なんとか数日で食事ができるようになった。たぶん食べられないだろうな、と思っていたよ。
でも出てきたのは、ご飯は全粥だったけれど、おかずは普通の物だった。ナスのしぎやき(ナスの味噌田楽)、そして焼き魚。そのしぎやきを食べたとたん、こんなおいしいものがある!と感激したね。ところが看護師さんがやってきて『血液中の酸素量が不足しています。食事をすると一時的に呼吸を止めているんですよ。普段ならなんでもないでしょうけれど、一口食べたら、2~3回深呼吸してください。酸素の量も増やしておきます。』と言われたんだ。」
三毛「何よ、おじさん。酸素吸入までしていたの?」
虎「そうだよ。鼻にチューブを当てて、酸素を補っていたんだ。ご飯のときは一口食べたら2~3回深呼吸、酸素量もワンランクアップ、自分でも酸素モニターを見てチェックしながら、少しずつ食べたんだよ。」
三毛「そんなんじゃ、味もわからないでしょう。」
虎「いや、ちゃんとわかったよ。この一口、一口が命のもとになるんだ、大切に大切に味わって食べたから、とてもおいしかったよ。」
虎「やがて車椅子に座って起きていることができるようになった。なにしろ、1週間寝たきりだったからね。だいぶ回復して、看護師さんに付き添っていただいて歩行訓練を始めた。そんなふうにして一歩一歩回復していったんだよ。」
三毛「でもよかった。ちゃんと治ったんだね。」
虎「治りだすと早かったよ。今日からおしっこの管は取りましょう、今日から酸素もいりません、今日から点滴は不要です。そして、挙句の果てに『明日退院していただいていいですよ。』そこまで準備はできなかったので、『後3日ほど待ってください。』と頼んだんだ。それくらいゆっくりしていてよかったと思うよ。その3日でさらに歩行訓練をして、日常生活復帰に支障がないようにできたんだ。」
三毛「大変な体験だったのね。でも、早く治ってよかった。」
虎「決め手は10月18日のマウント・オリーブ・ミニストリーズ代表の中野雄一郎先生のメッセージだった。インターネット礼拝でお話を伺っていたんだ。その中で先生がおっしゃっていたよ。
『病にかかると、「神様、早く治してください。」と祈りがちですが、これは、自分の目が病に向いてしまっているのです。
病の回復の早い人には共通の特徴があります。
「治ったら何をするか」が分かっていること、即ち病後に目を向けていることです。』
そうだ、自分にはやるべきことがあるんだ!そう思った。
『退院していいですよ』と言われたのはその翌日だったんだ。」

三毛「おじさん。佳子様には会えなかったけれど、神様に会えたのね。」
虎「・・・・・(涙)」

虎猫
[PR]
by covenanty | 2015-11-19 22:04 | エッセイ

秋の散歩道

気候の良い日が続きました。
体力回復も兼ねてあちこち、出かけました。
素敵な秋の景色をいくつも目にしました。
その中から数枚の写真を選びました。

長沼公園(京王線長沼駅)

f0136828_1926734.jpg

f0136828_19263156.jpg



高尾山(京王線高尾山口駅)
f0136828_19265199.jpg

f0136828_1927992.jpg


昭和記念公園(IR中央線立川駅・青梅線西立川駅)

f0136828_19272425.jpg


f0136828_19274173.jpg


「地の深みは主の御手のうちにあり、山々の頂も主のものである。」
(詩編第95章第4節)

虎猫
[PR]
by covenanty | 2015-11-12 10:50 | エッセイ

君は星を見ているのか

あるアメリカの女性が軍人のご主人と共に、インディアン居留地近くの任地にやってきました。
都会を遠く離れ、話し相手もありません。
女性はお父様に「こんなところは寂しくて嫌です、早く都会に帰りたい。」と手紙を書きました。
お父様から返事がきました。こう書かれていました。
「二人の囚人が鉄格子から外を眺めていた。
一人は泥を見ていた。一人は星を見ていた。」
Two men look out through the same bars: one sees the mud, and one the stars.

女性は、はっと胸を衝かれました。
次の日から、女性はインディアンの家を訪ねて、伝統の織物を教えてもらうようになりました。やがてその伝統織物を各地に伝える活動を始めるようになったのです。

昔読んだ本の一節です。
突然の病で入院しました。その病院のベッドでふと思い出しました。
心に誓いました。
自分は星を見て生きる。

「いつも主にあって喜びなさい。もう一度言います。喜びなさい。」
(ピリピ人への手紙第4章第4節)

【注】
①アメリカの女性の話は記憶で書いています。出典をご存知の方はぜひ教えてください。
②二人の囚人の名言の出所
フレデリック・ラングブリッジ(19~20世紀アイルランドの作家、1849~1923)
『不滅の詩』
「ジョジョの奇妙な冒険」で引用されていることで有名な言葉だそうです。
ご存知の方も多いのではないでしょうか。
[PR]
by covenanty | 2015-10-20 06:56 | エッセイ

私が悪性リンパ腫という病気で生まれて初めて入院したときのことです。
入院の前の日に娘が私に聞いてきました。
「お父さんの病気治るんだよね。安心させようと思って嘘ついてるんじゃないよね。」
私はお医者さんに言われていたことを娘に伝えました。
「この病気は治療法が確立しています。ただし、高い確率で再発します。
それでも、治療法は、日進月歩です。希望を持って治療に励んでください。」
娘は、納得したようでした。
私は心に誓いました。
絶対死にはしない。必ず治ってやる。
それから10年近く経ちます。
治療はうまくいき再発することなく、今日に至っています。

またこんなことを思い出しました。
私の父が死んだ時です。
私は長男でしたから、お葬式や、その後始末で多忙を極め、2週間会社を休みました。
そして、会社に行く日がきました。
2週間も休むと、会社に行くのが億劫になります。
暗い気持ちで家をでました。
ところが、通勤電車の中、そして電車を降りてから、会社への道を急ぐ人々の姿を見ている中に、気持ちがどんどん晴れてきました。
私の父は、女子大の先生でした。お葬式には、様々な年代の女性たちが来てくださいました。もちろん、皆さん喪服です。時は、ちょうど夏の終わりでした。
そして今、季節は暑い夏から秋に変わりゆく時。
通勤する人々、とりわけ女性たちは思い思いの秋のファッションに身を包み、さっそうと歩いています。こんなふうに女性たちが美しく見えたことはありませんでした。
そして、私も、生きる希望を取り戻したのです。

もし今、心が打ち砕かれ、生きる希望を失くしておられるのなら、それでも、今日、この一日だけ生きてみてください。
無理に明るく振る舞う必要などありません。泣きたかったら泣きなさい。愚痴をこぼしたかったら、愚痴をこぼしなさい。何もしたくないのなら、何もしなくてもよいのです。ただ、今日一日を生きてください。そして床についてください。
きっと明日の朝、主は、あなたの目を覚ましてくださいます。

「まとこに、御怒りはつかの間、いのちは恩寵のうちにある。夕暮れには涙が宿っても、朝明けには喜びの叫びがある。」詩編第30章第5節

虎猫
[PR]
by covenanty | 2015-09-22 20:24 | エッセイ

シンバルよ、輝け!

私は若い頃にアマチュアのオーケストラに参加していました。金管楽器のテューバ(大型のラッパ、最低音を担当)を吹いていました。この楽器はあまり出番がありません。時々打楽器も担当しました。私が一番好きなのはシンバルでした。幼稚園の学芸会で、叩きたかったが叩かせてもらえなかった、苦い思い出のせいかもしれません。

台湾に演奏旅行に行ったことがあります。
シンバルは、台湾のオーケストラからお借りしました。年代物のとっても大きなシンバルです。練習の時に叩いてみると、その音の大きさ響きのよさに、オーケストラの団員たちがびっくりしていました。シンバル製作は職人の技であり、世界中でよいシンバルは中国とトルコでしかできない、と聞いていたことを思い出しました。
そして、本場を迎えました。私が思いっきりシンボルを叩くと、客席にいた子供たちが大喜びで、立ち上がって一緒に手を叩くのです。
演奏会が終わってパーティーがありました。台湾の人たちが私を見て「あ、シンバルを叩いていた人ですね。」すぐにわかっていただき、大いに受けました。

そして、もう一つ。
これは日本での演奏会ですが、思い出深いのがサンサーンスのピアノ協奏曲第2番です。全部で三つの楽章からなる。20分ほどの曲です。
最後の第3楽章で3回だけシンバルが打ち鳴らされます。練習の時に何度やってもうまく叩くことができません。レコードを買ってきて、何回も聞きました。オーケストラのスコアも買いました。オーケストラの全部のパートが載っている楽譜です。フランスで出版され、解説もフランス語です。とても高かったのですが惜しいとは思いませんでした。わからないなりに楽譜をめくり、レコードを何度も何度も聴きました。その当時のレコードというのは「LPレコード」といって、レコードの針が直接に盤面に触れて音を出します。何度も聞いているうちにレコードがすり切れていってしまうものです。そのうちにだんだんシンバルの音が何を意味しているのかが、わかってきました。

本番です。
夢見るようなピアノのソロで曲は始まります。
弦楽器が、あるときは囁(ささや)くように、そしてあるときは華やかに奏でられ、管楽器が色を添え、ティンパニーが力強く、時にはリズミカルに曲をリードします。
そして、第3楽章の最後近く。シンバルが打ちならされ、夢の終わりを告げるのです。
本番は大成功でした。ソリストが花束を受け取り、涙をながします。聴衆が熱狂的な拍手を送ります。

私はふとこんな事を考えました。
おめでとうございます。あなたの精進の賜物です。
でも、時には思い出してください。
全曲の中でシンバルをただ3回叩く。そのためだけにスコアもレコードも買い、幾度も幾度も練習して、そのときに心を込めて打ち鳴らした男がいたことを。

虎猫
[PR]
by covenanty | 2015-07-22 21:46 | 音楽