ラグビー大好き

07ラグビーシーズンは、
東芝府中が薫田監督勇退の花道を飾るトップリーグ、
日本選手権2冠で幕を閉じた。

日本選手権準々決勝、ヤマハ発動機VS関東学院大。
関学の鮮やかな先制2トライに、「もしや…」と、
昨年のTOYOTAに勝利を収めた早大のことを想起した面々も多いことだろう。

しかし、結果は53対14で、ヤマハの圧勝だった。

ヤマハの中心選手の一人である山村は、
2年前は関学のユニフォームを着、
名将春口監督の信頼厚きキャップだったという興味も、
この一戦にはあった。

試合の序盤は関学の勢いにヤマハは防戦一方
という感じだったが、後半の強さはさすがである。
ジワジワと効いてきたボディブローで大学生の足が止まってきた、
そこをついてたたみかける。

この一戦を観て、思ったのは、「耐えどころ」 ということ。人生然り!

職場で、教室で、他者が脚光を浴びる。
すると、自分に割り当てられている立場や、仕事がつまらなく小さく思える。
人の成功を喜べない自分にさらに落ち込む。

あるいは、どー考えてもどーしようもなく理不尽な扱いを
受けているとその思いから一歩も進めなくなるような時もある。

焦ってはいけない。
とにかく、「今はこういう時なんだ」と、
また、季節が変わることを信じること。
そして、その時には、あまり目立った効力はないように思えても、
状況は変化していないように思えても、
忠実に、自分の分を果たし続ける。
誰が見ていなくても、神はご覧になっていてくださる。


「あなたを守る方は、まどろむこともない。」 聖書


昨年の日本選手権、雨中の決勝を思い出す。
お互い自分たちのラグビーに徹したNECと東芝府中。

前半は、NECペース。
しかし、後半、東芝がジワジワとスタンディングラグビーの本領を発揮してくる。
だが、NECも崩れない。最大のピンチが訪れた。
NECのキーマン、マーシュにイエローカード10分間の退場。。
一人少ない NECに対し、東芝は、インパクトプレーヤー、
バツベイを投入しての怒涛の攻め。
5分に及んだロスタイムの攻防のうねるような熱さ!
(放送時間を越えていたため、録画が、ラストプレーの宣告の後、
NEC陣のゴールライン上で東芝の押し込んだモールが崩れ、
「判定はどうかぁ??!!」というアナウンサーの声で切れていた・・・!)

結果は、6対6の引き分け。得点はペナルティキックのみの
ノータッチダウンのゲームだった。
両チームの選手たちの自らの失敗や劣勢に耐える表情と、
また、勝利を信じてワンプレイに集中する表情が印象的な一戦だった。 


                                 by Setsu


     ★スポーツしませんかぁ(^o^)★ 

    世田谷区のけやきネットで小中学校の

    体育館を借り、祭日にやってます。

    ご一緒しませんか?


f0136828_19144833.gif1日1クリックの応援お願いしますm(- -)m
[PR]
# by covenanty | 2007-03-22 11:59 | エッセイ

●はな 
花とハナ(柴犬、12歳)をこよなく愛する新聞大好き人間です。

●oveja negra(オベッハ ネグラ) 
会社では哀愁一杯の中間管理職。
家では愛情一杯の3児の父。
上司と顧客と妻には弱い。
西語で「アルプスの少女」が歌える国際派。

●setsu 
 「ストイックだね」と言われたことで
 大いに気をよくしているsetsuですヮ。

●なべ吉 
 現在、資格取得と社会復帰に励んでおります。
 どうかよろしく。

●フサ
 片付けられない2児の母。

●Blue Sea
 3度の飯よりWorshipが大好きな2児の父

●こゆけ 
 考えすぎて自己紹介をかけない2児の母です。

●もくもく

●フォトフォト
 職を求めて三千里。

●コンドル
 職について5年目の男。

●だん吉
 ちまたでは珍しい男性保育士をしています。
 哲学や思想の本を読むのが好きです。

●小石
 人として、妻として、2児の母として、七転び八起きの毎日。
 気分転換は読書とパン作りです。

●たぬき
 いつまでも少女気分の80歳になる母と、
 行き先不明の列車に乗って最近不安になり始めている
 18歳の息子の3人家族です。

●クー
 苦労を知らないと言われるマイペース人間

●(GC)2
 包容力豊かな夫と個性的な3人のこどもたちに囲まれて
 落ち着く暇もない(落ち着きのない?)母です。

●虎猫
団塊の世代のすぐあとに生まれたおやじ。妻一人、子供二人(子供はいずれも社会人)。
音楽、美術、小説、映画、マンガ、なんでも好き。甘党。
知り合いには、噺家、笛の名人、スキーの達人、ボーリングの先生、指圧の名人など多士済々。


f0136828_19144833.gif1日1クリックの応援お願いしますm(- -)m
[PR]
# by covenanty | 2007-03-22 10:51 | はじめに*リポーター紹介

f0136828_11251192.jpg


はじめまして。

「重荷をおろして ~東京カベナント教会へようこそ~」

をご訪問くださいましてありがとうございます。

東京カベナント教会は、東京の世田谷区赤堤にある
プロテスタントのアットホームな教会です。

ブログ名は新約聖書・マタイによる福音書11章28節からとりました。
 
      すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、
           わたしのところに来なさい。
      わたしがあながたがを休ませてあげます。
 

「わたし」というのはイエス・キリストです。

このイエス・キリストのもとに憩うクリスチャンメンバー数名が
ブログのリポーターとなり、 
聖書のお話や教会のこと、クリスチャンとして奮闘していることなどなど
さまざまな記事をお届けいたします。

皆さま、どうぞよろしくお願いします!
コメントも気軽に残していただけると嬉しいです(*^v^*)

f0136828_19144833.gif1日1クリックの応援お願いしますm(- -)m
[PR]
# by covenanty | 2007-03-16 11:37 | はじめに*教会紹介