オープンチャーチ2週目の今日は李光赫 宣教師がヨハネの福音書から
「真理はあなたを自由にします!」というメッセージをしてくださいました。

「そして、あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。」
(ヨハネの福音書8章32節)


イエス様が言われた真理とは何でしょうか。

天地万物を創造された主なる神様がおられます。
神様が創造された世界は美しく、完璧でした。
苦しみも悲しみもない、すばらしい世界でした。

しかし、人間は神様の前で罪をおかしました。
その結果、人間は永遠のいのちを失ってしまいました。

あわれみ深い神様は、人間をそのまま放ってはおかれませんでした。
御子イエス・キリストをこの世に送ってくださいました。
イエス・キリストは神のあり方を捨て、人間と同じようになられました。
そして、自分を卑しくし、十字架の死にまでも従われました。

イエス・キリストを信じる者は永遠のいのちが再び与えられ、
神の御国に入る資格が与えられます。

これが、イエス様が言われた真理です。

この真理が与えて下さる自由とは何でしょうか。主に3つあります。

1つ目は、人生の歩みの中で与えられる知恵です。

「イエスは彼に言われた。『わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。』」
(ヨハネの福音書14章6節)


イエス様の真理の御言葉は、この世界の知識とは比べることのできない知恵です。

2つ目は天国の希望です。

「今の時のいろいろの苦しみは、
将来私たちに啓示されようとしている栄光に比べれば、
取るに足りないものと私は考えます。」
(ローマ人への手紙8章18節)


死に至る絶望ではなく、いのちに至る希望です。

3つ目は罪の奴隷からの自由です。

「イエスは彼らに答えられた。『まことに、まことに、あなたがたに告げます。
罪を行っている者はみな、罪の奴隷です。』」
(ヨハネの福音書8章34節)


イエス様の真理の御言葉には、私たちの足首をつかんでいる罪から、
私たちを自由する力があります。

Broadcast live streaming video on Ustream
礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2014-09-28 18:28 | 教会行事・集会 | Comments(0)

今日は守部喜雅さんクリスチャン新聞・編集顧問)を特別講師に招いて
「新島八重と黒田官兵衛の生涯を通して『愛と赦し』について語る」というタイトルの
オープンチャーチを行いました。

第二礼拝において「憎しみからは何も生まれない」というメッセージをしてくださいました。

メッセージの中で、NHK大河ドラマのプロデューサーと会った時の話や、
東日本大震災で被災した牡鹿半島の漁師さんたちと話をした時に、
私たちは、人間関係における問題を解決しないかぎり、
本当の意味での豊かな人生を送ることはできないと感じた話等
を話してくださいました。

また、聖霊なる神様の働きにより、
互いに憎み合っていた人と和解することができた経験を話してくださいました。

「あなたの敵を愛しなさい。あなたを憎む者に善を行いなさい。」
(ルカの福音書6章27節)


Broadcast live streaming video on Ustream
礼拝メッセージはこちらで聞いてください。

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝

第一礼拝では小山田 格 牧師歴代誌第二から
「赦される神」というメッセージをしてくださいました。

礼拝メッセージはこちらで聞いてください。

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


午後は守部喜雅さん「新島八重と黒田官兵衛、その愛と赦しの生涯」
という講演をしてくださいました。


★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2014-09-21 19:49 | 教会行事・集会 | Comments(0)

救いの確信を得る

今日の9月第二聖日礼拝は小山田 格 牧師がローマ人への手紙から
「救いの確信を得る」というメッセージをしてくださいました。

クリスチャンになっても、とんでもないことを言ってしまったり、
罪をおかしてしまったりすることがあります。

そんな時は、「自分は救われているのだろうか。」と不安になります。

でも、「救い確信」は聖書に書かれている約束を信じることによるのです。

「初めに、神が天と地を創造した。」(創世記1章1節)

神様が全世界・全宇宙を造られました。

「義人はいない。ひとりもいない。」(ローマ人への手紙3章10節)

すべての人は神様の前には罪人です。

「そして、人間には、1度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっているように、」
(ヘブル人への手紙9章27節)


罪には神様のさばきがあります。

「しかし、彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。
彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。
私たちはみな、羊のようにさまよい、おのおの、自分かってな道に向かって行った。
しかし、主は、私たちのすべての咎を彼に負わせた。」
(イザヤ書53章5~6節)


罪のない神の子イエス様が、十字架の上で、私たちの身代わりになって、
恐ろしい神様の裁きを受けてくださいました。

「ただ、神の恵みにより、キリスト・イエスによる贖いのゆえに、価なしに義と認められるのです。」
(ローマ人への手紙3章24節)
「罪から来る報酬は死です。
しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。」
(ローマ人への手紙6章23節)


私たちの身代わりになって死んでくださったイエス様を信じる信仰によって義と認められ、
永遠のいのちが与えられます。

しかし、このようにしてクリスチャンになっても、救いの確信がないとか、
罪をおかすと救いの確信が飛んでしまうとか、
今日は調子が悪いからクリスチャンじゃないみたいとか、
そういうことがあります。


でも、聖書の御言葉の約束を信じることによって、「救いの確信」は簡単に得ることができます。

「なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、
あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、
あなたは救われるからです。
人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。」
(ローマ人への手紙10章9~10節)


①イエス様が十字架の上で死んで終わってしまったのではなくて、
よみがえってくださったことを信じる。

②「イエス様。これから私の人生においては、あなたが主人です。」と口に出して告白する。

この2つのことをすれば救われます。

Broadcast live streaming video on Ustream
礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2014-09-14 17:24 | 教会行事・集会 | Comments(0)

天国に行く保証

今日の振起日礼拝は小山田 格 牧師がエペソ人への手紙1章13~14節から
「天国に行く保証」というメッセージをしてくださいました。

8月3日の「キリストの血による赦し」の続きでした。

「この方にあってあなたがたもまた、真理のことば、あなたがたの救いの福音を聞き、
またそれを信じたことにより、約束の聖霊をもって証印を押されました。」
(エペソ人への手紙1章13節)


イエス様を信じた瞬間に証印を押されます。聖霊が私たちの内に住んでくださいます。

また、「聖霊によるのでなければ、だれも、『イエスは主です』と言うことはできません。」
(コリント人への手紙第一12章3節)


「イエスは主です」と言える人は、聖霊が、そのようにしてくださっているのです。

そして、聖霊は私たちの人生を導いてくださいます。

さらに、聖霊は、お祈りする時に助けてくださいます。
私たちの代わりにお祈りしてくださいます。

「御霊も同じようにして、弱い私たちを助けてくださいます。
私たちは、どのように祈ったらよいかわからないのですが、御霊ご自身が、
言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。」
(ローマ人への手紙8章26節)


私たちは、大きな試練がやってきて、心がつぶされそうで、
お祈りしたくても、お祈りできないことがあります。

そういう時は、
「神様。私は今日お祈りすることができません。御霊(聖霊)がお祈りしてください。」
と御霊にゆだねればいいのです。

静かに黙想して、「御霊が私の心の中でお祈りしてください。」と言えばいいのです。

そうすると、御霊が働いて、助けてくださって、またお祈りすることができるようになります。

「聖霊は私たちが御国を受け継ぐことの保証です。
これは神の民の贖いのためであり、神の栄光がほめたたえられるためです。」
(エペソ人への手紙1章14節)


私たちは、やがて完全に贖われて天国に行きます。
このような素晴らしい聖霊のみわざのゆえに、神様を賛美します。

Broadcast live streaming video on Ustream
礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2014-09-07 14:33 | 教会行事・集会 | Comments(0)