悪魔の存在

今日の6月第五聖日礼拝は李光赫 宣教師がマタイの福音書から
「悪魔の存在」というメッセージをしてくださいました。

神様やイエス様を信じられない方にとっては、悪魔の存在と言われてもピンと来ないかもしれませんが、
悪魔(サタン)は存在します008.gif

☆悪魔の3つの特徴
1先にけんかを仕掛ける。
2人間の弱点を利用する。人間は自分だけの弱点があります。悪魔は、そこを攻撃してきます。
3人間の自尊心を攻撃する。


★3つの試み(誘惑)とその対策

1 肉体的な満足を与える試み

「すると、試みる者が近づいて来て言った。
『あなたが神の子なら、この石がパンになるように、命じなさい。』」
(マタイの福音書4章3節)

悪魔は、40日間断食をして、非常にお腹が空いていたイエス様に近づいて来て、
肉体的な満足を与える誘惑をしました。

2 精神的な満足を与える試み
「あなたが神の子なら、下に身を投げてみなさい。
『神は御使いたちに命じて、その手にあなたをささえさせ、
あなたの足が石に打ち当たることのないようにされる』と書いてありますから。」
(マタイの福音書4章6節)

悪魔は、御言葉を引用してイエス様を誘惑しました。
御言葉を自分に都合がいいように引用し、適用しました。

3 霊的(霊感)な満足を与える試み
「もしひれ伏して私を拝むなら、これを全部あなたに差し上げましょう。」
(マタイの福音書4章9節)

悪魔は、優れた霊感(インスピレーション)を与える代わりにサタンを崇拝しろという条件を付けます。
悪魔は、この世の成功を与える代わりにサタンを崇拝しろという条件を付けます。

来週日曜日からは土屋順一 牧師によるヨハネの黙示録 講解メッセージシリーズが始まります。
お越しをお待ちしています001.gif



Video streaming by Ustream
礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2013-06-30 18:05 | 教会行事・集会

ゼロ戦、小田急、新幹線

「ゼロ戦、小田急、新幹線」と並べるとなかなか語呂がよいと思いませんか。日本の技術の進歩に尽くした先人たちの功績が記された名前なのです。

戦後、日本の陸海軍の航空技術者たちが、当時の国鉄の「鉄道技術総合研究所」に職をえます。あのゼロ戦などを設計製作してきた人々です。
そのころ、小田急は高速鉄道の開発に注力していました。小田急線は非常に曲がりくねっていて高速運行ができず、並行する国鉄にお客を奪われていたからです。しかし開発はなかなかうまくいきません。
思い余った小田急の幹部は、ライバルの国鉄の鉄道技術研究所(鉄技研)に頭を下げて協力を求めます。鉄技研は快く協力に応じます。陸海軍出身の優秀な技術者を抱えながら、適切な研究課題がなく、技術の伝承・進歩ができなくなるという危機感があったと言われています。当時の国鉄は大量輸送には注力していましたが、高速運行にはあまり重きを置いていなかったのです。
小田急の高速鉄道の構想を聞いた技術者たちは奮い立ちます。高速軽量で運動性能に優れた航空機を開発した技術を存分に生かし、小田急の高速電車を開発します。ご存知の「ロマンスカー」はこうして誕生しました。
とはいえ、小田急線は直線区間が少なく、せっかくの電車の性能を存分に発揮することは難しかったのです。そこで小田急・国鉄の協力で、直線区間の多い国鉄函南・沼津間の路線を用いて高速試験運行を行い、当時の狭軌鉄道の世界最高速となる時速145キロメートルを達成します。
この高速試験の結果は、その後の新幹線開発に生かされていくのです。

所沢の航空記念公園の「航空発祥記念館」で、米国から戻ってきたゼロ戦の実機が8月末まで展示されています。運動性能や航続距離のため、極限まで軽量化を行った機体です。

戦争のためにゼロ戦はじめ多くの軍用機が開発・製造され、多くの若者の命が失われました。ゼロ戦については技術面でも防御性能を重視しなかったなど、問題もあったといわれています。それでも名機に違いありません。
その技術が戦後の高速鉄道の開発に存分に発揮されたのです。

所沢航空発祥記念館に展示されているゼロ戦
f0136828_691663.jpg

【 参考】
1.鉄道アラカルト「小田急ロマンスカー
上記でご紹介したロマンス・カーの開発の歴史です。

2.所沢航空発祥記念館のイベント
日本の航空技術100年展(8月31日まで
企画展「堀越二郎の生涯」(9月1日まで
同氏はゼロ戦開発の中核技術者。本年5月に自宅にて、氏所蔵の各種資料が発見され、6月22日(氏の誕生日)から航空発祥記念館で展示されることとなったものです。

3.宮崎駿監督アニメ風立ちぬ
ゼロ戦設計技師堀越二郎氏をテーマにした宮崎監督5年ぶり新作アニメです。

高ぶりが来れば、恥もまた来る。知恵はへりくだる者とともにある。」(箴言第11章第2節)

虎猫
[PR]
by covenanty | 2013-06-26 16:22 | エッセイ

最後の訴え

今日の6月第四聖日礼拝は土屋順一 牧師がコリント人への手紙第二の最後の章の13章から
「最後の訴え」というメッセージをしてくださいました。
コリント人への手紙第二 シリーズの最終回でした。

パウロは最後の章でも、「今度そちらに行ったときには、容赦はしません。」とか、
「離れていてこれらのことを書いているのは、私が行ったとき、主が私に授けてくださった権威を用いて、
きびしい処置をとることのないようにするためです。」
とか、
厳しい警告の言葉を書いています。

しかし、最後は、コリントの教会の人たちに「兄弟たち。喜びなさい。」と愛情に満ちた言葉で呼びかけ、
共に喜び合いたいのだという気持ちを表しています。
そして、みんなを励ます言葉で締めくくっています。

「終わりに、兄弟たち。喜びなさい。
完全な者になりなさい。慰めを受けなさい。
一つ心になりなさい。平和を保ちなさい。
そうすれば、愛と平和の神はあなたがたとともにいてくださいます。」
(コリント人への手紙第二13章11節)


「主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりが、
あなたがたすべてとともにありますように。」
(コリント人への手紙第二13章13節)


パウロの思いは、まるでコーチが選手に自分の気持ちを訴えかけるように、
「自分は、こんなに君たちのことを思っているのに、どうして分かってくれないのか。」
「自分は、こんなに君たちのことを愛しているのに、どうして分かってくれないのか。」
という感じだったのかなあと思いました。



Video streaming by Ustream
礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2013-06-23 18:21 | 教会行事・集会

病院で配られている雑誌にこんな記事がありました。抜粋してご紹介します。
反田篤志ミス防ぐシステムを 他産業から学び構築(内側から見た米国医療2)」
(ロハスメディカル2012年12月号


アメリカの病院の産婦人科で、赤ちゃんの誘拐や取り違えを防ぐための新しいシステムが導入されました。Hugs & Kisses(「抱っこ」と「キッス」)システムと言います。
赤ちゃんとお母さんに同一識別番号のIDチップが入った「タグ」を身に着けてもらいます。赤ちゃんの足首には「Hugs(抱っこ)タグ」、お母さんの手首には「Kisses(キッス)タグ」です。Hugsが付けられた赤ちゃんはコンピューターで位置情報が管理され、例えば赤ちゃんが新生児室から出されると、自動でアラームが鳴ります。赤ちゃんを新生児室から動かせるのは、対応するKissesを持ったお母さんだけです。お母さんが赤ちゃんを抱っこして産婦人科病棟内を移動するなどは自由にできます。しかし、お母さんでも病院に無断で赤ちゃんを産婦人科病棟から連れ出すとアラームが鳴り、他の病棟や階段への扉が自動でロックされるなど、二重三重の防護壁が張られるようになっています。

病院など医療業界では「ミスは人間の注意で防げる」「不注意は悪」という考え方が強く、問題が起これば「ミスをした本人が悪い」といわれるのが普通でした。
この考え方を変えたのは、航空業界や防衛業界など他産業で働いた人です。このような人々の目には医療業界がとてもミスの発生しやすい環境と見えたようです。Hugs & Kissesなどのミス防止技術や理論の多くは航空業界や防衛業界などで発達したものです。
ミスが人の生死に直接かかわるリスクの高さは、医療業界でも航空業界、防衛業界でも変わりありません。他産業で発達した技術や理論を上手に生かし、ミスの起こらない仕組みを作り上げることが強く求められています。

虎猫の感想を一言添えます。
この記事は医療業界について取り上げたものですが、どんな業界でも変わりはありません。
人間は過ちを犯します。過ちの原因を現場にいた人の「不注意・怠慢・不届き」等と責め立てるだけでは問題は解決しません。一人の人が過ちを犯しただけで問題が発生するなら、それはシステムの不備なのです。
ひとりのミス・過ちが大事に至らないように「過ちを犯さない仕組み」を構築したのが、このHugs & Kissesシステムでしょう。さらに「過ちを早期に発見する仕組み」「発見した過ちを早期に是正するシステム」の3本柱が、システム構築の原則とされています。
人の弱さを知りましょう。その弱さをカバーするのは人の知恵です。それでも過ちが防げなければ、過ちを赦すのは神です。

「大祭司は自分自身も弱さを身にまとっているので、無知な人、迷っている人を思いやることができるのです。」(ヘブライ人への手紙第5章第2節:新共同訳)

そのほか参考文献
畑村洋太郎失敗学のすすめ

虎猫
[PR]
by covenanty | 2013-06-19 13:37 | 政治・経済・社会

父の愛の物語

今日のウェルカムサンデー父の日礼拝は李光赫 宣教師が
「父の愛の物語」というメッセージをしてくださいました。

イエス様が父なる神様の思いについて説明された時、このような例え話をされました。

ある人に2人の息子がいました。
弟の方がある時、お父さんに、自分がもらう予定の財産を分けてくれるようお願いし、
財産を分けてもらいました。

彼は、その財産を持って遠い国に行き、そこで遊んで暮らしました。
しばらくすると、財産を使い果たしてしまい、食べるにも困るようになりました。

どうしようもなくなった彼は「自分はもう子と呼ばれる資格はないが、雇い人の1人にでもしてもらおう。」
と思いました。

「こうして彼は立ち上がって、自分の父のもとに行った。
ところが、まだ家までは遠かったのに、父親は彼を見つけ、
かわいそうに思い、走り寄って彼を抱き、口づけした。」
(ルカの福音書15章20節)


☆父の愛には待ち望むという心があります。

☆父の愛には走り寄るという憐れみがあります。

☆父の愛には口づけをする赦しがあります。

☆父の愛には新しい人生のための回復があります。




Video streaming by Ustream
礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2013-06-16 18:51 | 教会行事・集会

守部善雅著サムライウーマン 新島八重 (聖書を読んだサムライたち)」

NHK大河ドラマ「八重の桜」もいよいよ熱くなってきました。
そんなあなたは、この本を読んでますます熱くなってください。

会津藩の成り立ちから、戊辰戦争の敗北までの歴史的な経緯など、背景も丁寧に説明されています。
その中に生きた八重が、新島襄と結ばれ、クリスチャンとして同志社で人材育成に努め、夫との死後、さらに生きる姿が簡潔に分かり易く書かれています。虎猫も一気に読み終えました。
新島襄「八重さん!」
八重「ジョー!」
当時としてはとてもぶっ飛んだ夫婦の会話に、新島襄を尊敬する弟子徳富蘇峰は「なんという女だ!」と慨嘆し、「頭と足は西洋、胴体は日本という鵺(ぬえ)のような女性がいる」とののしります(後に和解します)。
全体を読む時間がないという方は、八重の葬儀のときの山室軍平(救世軍日本軍国司令官)の弔辞をぜひご一読ください。本書の最後に掲載されています。きっと、その前から読み直そうという気持ちに駆られると思います。

八重の生涯についてはたくさんの本がでています。漫画もあります。ネットで検索してびっくりしました。

また会津の歴史や当時の女性の生き方に、ご興味のある方には次の本をお勧めします。
葉室凛「冬姫 
 会津藩の基礎を築いたのはクリスチャン大名の蒲生氏郷です。
 その妻冬姫は織田信長の娘です。勇気と知恵と誠実さで戦国の世を生きていきます。
津村節子「流星雨
 会津が落城し藩士や家族は北の地斗南に転封されます。
 実在の会津藩士の娘をモデルに,「女たちの会津戦争」を描いています。

虎猫
[PR]
by covenanty | 2013-06-12 13:19 | 本・映画・ドラマ

完全な母性愛と父性愛

今日の特別礼拝
静岡サミル聖書教会李英洙(リー・ヨンス)牧師(シャイニングアロー・ミニストリー代表)が
テサロニケ人への手紙第一2章7~8節から「完全な母性愛による慰めと平安」
というメッセージをしてくださいました。

李先生は50才になった時、自分の人格には問題がある、
もっと変わらなければいけないと思わされたそうです。
傷ついた感情、怒りや憎しみの感情を心の中にため込んでいたそうです。

李先生は神様に向かって、怒りを全部はき出しました。
その時、神様による慰めの愛を経験しました。

「神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。
こうして、私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、
どのような苦しみの中にいる人をも慰めることができるのです。」
(コリント人への手紙第二1章4節)


また、母の愛は優しく、そして、いのちまでも、喜んで与えたいと思う愛です。

「それどころか、あなたがたの間で、母がその子どもたちを養い育てるように、優しくふるまいました。
このようにあなたがたを思う心から、ただ神の福音だけではなく、
私たち自身のいのちまでも、喜んであなたがたに与えたいと思ったのです。
なぜなら、あなたがたは私たちの愛する者となったからです。」
(テサロニケ人への手紙第一2章7~8節)


イエス様は私たちの身代わりになって十字架についてくださいました。

「女が自分の乳飲み子を忘れようか。自分の胎の子をあわれまないだろうか。
たとい、女たちが忘れても、このわたしはあなたを忘れない。」
(イザヤ書49章15節)


母から見捨てられたと思う時でも、神様は見捨てません。

「そして、三時に、イエスは大声で、『エロイ、エロイ、ラマ、サバクタニ』と叫ばれた。
それは訳すと『わが神、わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか』という意味である。」
(マルコの福音書15章34節)


イエス様が私たちの身代わりになって見捨てられたので、私たちは決して見捨てられません。



Video streaming by Ustream
そして、午後の聖会では
テサロニケ人への手紙第一2章9~12節から「完全な父性愛による励ましと勇気」
というメッセージをしてくださいました。

李先生の父親は、酒を飲んで暴れたり、李先生のお母さんや、子供の頃の李先生のことを
殴ったり、蹴ったりしたそうです。

李先生は中学2年になって、父親より体が大きくなった時、父親に反旗をひるがえしました。

そして、父親には絶対に従わないと決めたそうです。

だから、信仰を持ってからもヘブル人への手紙12章7節を読むのがつらかったそうです。
ヘブル人への手紙12章7節には
「訓練と思って耐え忍びなさい。
神はあなたがたを子として扱っておられるのです。
父が懲らしめることをしない子がいるでしょうか。」

とあります。

「懲らしめる」という言葉が受け入れられなかったそうです。

父親から受けた体罰をイメージしてしまったそうです。

でも、神様は私たちの成長を願って訓練するのです。
「なぜなら、肉の父親は、短い期間、自分が良いと思うままに私たちを懲らしめるのですが、
霊の父は、私たちの益のため、私たちをご自分の聖さにあずからせようとして、懲らしめるのです。」
(ヘブル人への手紙12章10節)


神様の母性愛は、慰め、共感し、受け入れるカウンセラーのようですが、
神様の父性愛は、教え、さとし、訓練するコーチのようです。
「また、ご承知のとおり、私たちは父がその子どもに対してするように、あなたがたひとりひとりに、
ご自身の御国と栄光とに召してくださる神にふさわしく歩むように勧めをし、
慰めを与え、おごそかに命じました。」
(テサロニケ人への手紙第一2章11~12節)


神様は私たちに「弱くていいんだよ。私がコーチするよ。やってごらん。」とおっしゃいます。

李牧師はオラトリオ歌手をされていたことがあり、礼拝でも聖会でも特別賛美をしてくださいました。



Video streaming by Ustream
礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2013-06-09 18:13 | 教会行事・集会

友への訴え

今日の6月第一聖日礼拝は土屋順一 牧師
コリント人への手紙第二から「友への訴え」というメッセージをしてくださいました。
1ヵ月ぶりのコリント人への手紙第二からのメッセージでした。

パウロは、コリント人への手紙第二12章11節から21節にかけて、コリントの教会の人たちに、
友に語りかけるように「あなたがた」と、何度も語りかけています。

パウロは、ここまで、コリントの教会の人たちの間での自分の評判や人気を気にしていると
取られかねないことをいろいろと書いてきました。

しかし、そうではないと書いています。

「あなたがたは、前から、私たちがあなたがたに対して
自己弁護をしているのだと思っていたことでしょう。
しかし、私たちは神の御前で、キリストにあって語っているのです。
愛する人たち。すべては、あなたがたを築き上げるためなのです。」
(コリント人への手紙第二12章19節)


リンカーン アメリカ大統領は、ある重大な決議をした時、
「私が心配しているのは、神が我々の側に立っておられるかどうかではない。
我々が神の側に立っているかどうかということです。」

と言ったそうです。

大切なことは、人からどう思われるかではなく、神との正しい関係にあるかどうかです。

午後のバザーには、たくさんの方々がいらっしゃってくださり、どうもありがとうございました。
また、ぜひ、いらっしゃってください。

来週日曜日(6月9日)の特別礼拝
静岡サミル聖書教会李英洙(リー・ヨンス)牧師(シャイニングアロー・ミニストリー代表)が
テサロニケ人への手紙第一2章7~8節から「完全な母性愛による慰めと平安」
というメッセージをしてくださいます。
そして、午後2時からは
テサロニケ人への手紙第一2章9~12節から「完全な父性愛による励ましと勇気」
というメッセージをしてくださいます。

李牧師はオラトリオ歌手をされていたことがあり、特別賛美もしてくださいます。



Video streaming by Ustream
礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2013-06-02 19:30 | 教会行事・集会