今日も聖書同盟(CSK。聖書通読運動や中学生伝道などに取り組んでいる団体)の
小山田格 総主事がメッセージをしてくださいました。

今日は創世記から「身代わりを申出る」というメッセージをしてくださいました。
今日の主人公は、アブラハムの孫のヤコブの4番目の息子ユダでした。

ユダは、以前は、弟をえこひいきするお父さんを苦しめることを願っていました。
しかし、憎しみやねたみを乗り越えて、家族のために自分が犠牲になることを申し出るまでに変えられました。
お父さんが溺愛する弟を、お父さんの元に帰してもらう代わりに、自分は奴隷となりますという申し出をしました。
「どうか今、このしもべを、あの子の代わりに、あなたさまの奴隷としてとどめ、
あの子を兄弟たちと帰らせてください。」
(創世記44章33節)


そして、家族は和解へと導かれました。

イエス・キリストも私たちのために犠牲になって、十字架に架かってくださいました。
「十字架のことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、
救いを受ける私たちには、神の力です。」
(コリント人への手紙第一1章18節)

小山田先生の祈りによって奥さんが変わったそうです001.gif

私の家族も変わってほしいと思います。



礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2012-07-29 20:03 | 教会行事・集会

34回目の賛美の奇跡?

虎猫「聖歌隊のTさん、7月22日の音楽祭お疲れ様でした。
   カベナント教会の音楽祭も今回で実に34回目。 
   毎年のこととはいえ、今年もとても恵まれましたね。」
T  「ありがとうございます。各グループの賛美がみな思い出深いものになりました。
   私は、今年の音楽祭には、昨年までとの大きな違い、成長を感じました。」
虎猫「それはなんでしょうか?」
T  「出演者は賛美を心から喜び、聞いている人々も心から楽しんでいたことです。
   これまでは、ともすると緊張感、固さを感ずることもありました。
   今回は、ステージと客席が一体となって、忘れられないひとときを共に創る。
   そんな思いがひしひしと感じられたのです。」
虎猫「ひとつには、皆さんが随分熱心に練習されていた成果ではありませんか。」
T  「それは確かにありますね。
   私も各グループが練習されているのを、幾度となく見ていました。
   喜びをもって自分たちの音楽を作り上げていく姿は、素晴らしいものでした。
   すべて練習で結実し、本番はあるべき姿でそこにあった、そんな感じでした。
   人の努力の成果というよりも、人智を超えた主の導きというしかありません。」
虎猫「でも、本番はみなさん本当にノリノリで、あっという間に時間が過ぎました。」
T  「運営の仕方も変えられたのです。
   昨年は2時間以上の長丁場になってしまいました。
   その反省から、今年は教会の各グループの賛美だけに絞ったのです。
   その分、一人一人ご自分の唯一の出番に集中した、ともいえるでしょう。
   気心が知れたグループメンバーの賛美で、気持ちも楽だったかもしれません。
   教会員だけでなく、礼拝に出席されている同年代の仲間も一緒に加わりました。
   これも大きな恵みだったでしょう。
   この教会に来れば、仲間がいる、共に礼拝をささげ、賛美も共にできる。
   ぜひもっと多くの方とこの喜びを分かち合いたいと思います。」
虎猫「これからの抱負や計画などありますか。」
T  「今回は、グループの賛美に絞り込まれました。
   この教会には気の合った仲間やご夫婦で練習されている方もいらっしゃいます。
   ソロを歌いたい方もいらっしゃるでしょう。
   音楽祭とは異なるメンバーでの賛美の機会ができないものでしょうか。
   先週の若い方々の賛美集会のように、別の形で賛美集会を企画する。
   あるいは礼拝やコーヒー&バイブルタイムでの特別賛美などもあるでしょう。
   様々な形で、一層賛美に恵まれる教会にできないものでしょうか。
   さあ、虎猫さんも早速練習ですよ!」
虎猫「ちょっと待ってくださいよ。昨年も同じことを言われたような・・・」
T  「いまさら後に引けますか。前進あるのみ!」

詩と賛美と霊の歌をもって、互いに語り、主に向かって、心から歌い、また賛美しなさい。
(エペソ人への手紙第5章第19節)

虎猫
[PR]
by COVENANTY | 2012-07-28 10:11 | 賛美

ズッキーニの天ぷら

f0136828_1811475.jpg


梅雨も明けて、暑くなってきましたね。
暑くなってくると、東カベにやってくるのが・・・

ズッキーニ
北海道からたくさんの野菜が届きます。

ズッキーニはのぞみ園のズッキーニブレッドにもなりますが、
もちろん普通に御料理してもおいしいです。

毎年ズッキーニと格闘(笑)してきた、のぞみ園の先生方は、
そんなズッキーニを色々工夫して、料理にお使いになっています。


f0136828_181528.jpg



そのうちの一つがズッキーニの天ぷら。
ちょっとなすの天ぷらっぽい感じでしょうか。
意外といけますので、ぜひみなさんも、
のぞみ園でズッキーニをお買い上げの際は、試してみてください。

天然水
[PR]
by covenanty | 2012-07-26 18:02 | クッキング

土の器の中の宝

今日は当教会の土屋順一牧師がコリント人への手紙第二シリーズ「土の器の中の宝」というメッセージをしてくださいました。

「私たちは、この宝を、土の器の中に入れているのです。
それは、この測り知れない力が神のものであって、
私たちから出たものでないことが明らかにされるためです。」
(コリント人への手紙第二4章7節)


パウロは、自分自身や共に働いていた人たちのことを「土の器」と言いました。
パウロの時代には、金とか貴金属を金庫に入れるような感覚で
土の器の中に入れることがありました。

「この世の取るに足りない者や見下されている者を、神は選ばれました。
すなわち、有るものをない者のようにするため、無に等しいものを選ばれたのです。
これは、神の御前でだれをも誇らせないためです。
(コリント人への手紙第一1章28~29節)


神様は黄金の器ではなく、土の器を選ばれ、用いたいと願っているのです。
私たちクリスチャンも土の器です。
土の器であるけれど、神様の真理の宝をゆだねられている尊い存在なのです。
神様は、取るに足りない者をあえて用いてくださるのです。

神様は、こんな私のことも、そのままで愛して用いてくださることを感謝したいと思います。
私にしかできないことが必ずあると信じたいです!!



礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2012-07-22 18:13 | 教会行事・集会

f0136828_17242869.jpg



ぼくは、ナミアゲハのカベ雄。
なんか知らないけど、理不尽にもY先生に「東京カベ雄」と名づけられました。
でも非公式だそうで、子どもたちには内緒だそうです。ほっ…

ぼくは初めは、黒いです。これは鳥の糞に見せて、敵から身を守るんだ。
(と東京カベナント教会の蝶々博士さんが言ってました。)

そして、ひたすらみかんの葉っぱを食べ続けて、一週間ぐらいたつと、
もぞもぞ…なんだか体がきついなぁ
f0136828_1725671.jpg




緑色の青虫に変身します。
f0136828_17253727.jpg



ちなみに、脱いだ皮はおいしくいただきました。

それからのぼくは、かなりの食いしん坊。まさに腹ペコ青虫なんだよ。
Y先生は、みかんの葉っぱがなくなってしまって、
急きょ、蝶々博士さんに葉っぱをもらいに行ったほどだよ(笑)
ちなみにぼくはシークァーサーの葉っぱよりも、みかんの葉っぱの方が好きだな。

黒かったときは、子ども達がいるときは怖くて、全然動けなかったけど、
緑色になってからは、子ども達の前でも、立派に葉っぱを食べ続けたんだ。

うんちの大きさも段違いに大きくなったよ。


それから一週間ぐらいたつと、ぼくはまたそわそわしてきた…。
おしっこみたいなうんちをしたら、とにかく高いところに行きたくなってきた。
f0136828_1725565.jpg




う~ん落ち着かない。ここらへんなら落ち着くかな
なんだか、体が小さくなってきた気がするなぁ。
足をくっつけたくなってきた…うろうろ
f0136828_17262172.jpg




そんなこんなで、ぼくはかたまってしまったのさ。
f0136828_17264829.jpg




そして、完全に寝袋に入っちゃった。
f0136828_1727872.jpg



外から、「あーーー!さなぎになるの見たかった!」と騒ぐ声が聞こえたような気がするけど、
ぼくは眠るよ~なんだかすごく眠いんだ。

それから、約一週間。ぼくはこんこんと眠り続けた。
なんだか体がどろどろのスープにでもなっちゃったような気もした。
でも、誰かにこういう大人になるんだよ、と教えてもらったような気がするんだ。
f0136828_17272958.jpg





そして、目を覚ましたら、ぼくはナミアゲハになっていた!

f0136828_172748100.jpg



なぜか、小学生たちにもみくちゃにされたけど、
なぜか、せまい虫かごにいれられちゃったけど、

昼間に、子ども達がふたを開けて、外に出してくれた。

一度外に出てから、風に乗って、プールに入っている子ども達のところを
一周してから、外に出かけていったんだ。
ちょっと、羽の先っぽが切れちゃったけど、がんばって飛んでいくよ。
みんなもがんばって大人になってね。


***************************************************************************************
ということを想像して書いてみたY先生もとい、天然水です。
東京カベナント教会の蝶々博士さんから、ナミアゲハの幼虫をいただきまして、子ども達と一緒に育ててみました。

毎日毎日、「蝶々になったかな?」と虫かごを覗き込む子ども達の姿はとてもかわいかったです。
また、カベ雄くんはサービス精神があったのか、一度、屋上の外に旅立ったあと、
すぐ戻ってきて、プールで遊ぶ子ども達の間を一周飛び回ってから、完全に旅立たれました。
子ども達は、また大喜びしていました。

あんな青虫が蝶々になる。本当に神様の創造の御業はすばらしいな。と改めて感じました。
うちは、のぞみ園でお菓子を作っているので、あまり生き物を自由に飼育できない面もありますが、
こうして生き物を通して神様のことを身近に感じられる体験を幼少期に、
特に仲間と一緒に体験する事は大切な事だな、としみじみ感じました。

このような貴重な体験をさせていただける保育士という職業に、
小羊園という場に、蝶々を下さった蝶々博士さんに、
またすべてを与えてくださる神様に心から感謝です。


神は、その種類にしたがって野の獣、その種類にしたがって家畜、
その種類にしたがって地のすべてのはうものを造られた。
神は見て、それをよしとされた。 創世記1:25


天は神の栄光を語り告げ、
大空は御手のわざを告げ知らせる。詩篇19:1



天然水
[PR]
by covenanty | 2012-07-17 17:29 | 小羊園

何のために生きるのか

 今日は聖書宣教会という神学校4年の矢吹祈 神学生
「ただ神の栄光を現すため」というメッセージをしてくださいました。

 矢吹神学生は、牧師の息子ではあるけれど、自分は牧師になることは、まったく考えていなかったそうです。
 ものを作ることが大好きで、小学生の時から「大工さんになりたい。」という夢を持っていて、22才で大工さんになったそうです。
 そして、1軒をまるごと任せてもらえるまでになったそうです。

 しかし、ある時、他の人の救いのために、神の栄光のために、
自分の人生を用いていただきたいと示され、仕事をやめ、今の道に進んだそうです。

 メッセージはコリント人への手紙第一10章23~33節からしてくださいました。
 パウロは、ここでクリスチャンの歩みにおいて大切な2つのことを言っています。
 
 1つ目は、他人の利益を心がけるということです。
 イエス・キリストは自分の利益を捨て、他人の利益のために命を捨てられました。それを模範とするのです。

 2つ目が「ただ神の栄光を現すために」ということです。
 神様の栄光を現す鏡となるのです。

「こういうわけで、あなたがたは、食べるにも、飲むにも、
何をするにも、ただ神の栄光を現すためにしなさい。」
(コリント人への手紙第一10章31節)


“何のために生きるのか”自分の生きる意味を見いだせたならば、
この世での人生は大きな意味を持ちます。

偉くならなくても、大きなことができなくてもいいのです!!

 ところで、今日は礼拝の中で7月生まれの人のための
「誕生者のための祈り」がありました。
 うちの教会では、毎月第3日曜日、誕生日が、その月の人は礼拝の中で「誕生者のための祈り」をしてもらえます。

 その月生まれの人は、教会員でも、初めていらっしゃった方でも、お祈りをしてもらえます。

 今月は今日が、その日でした。
 私は7月8日生まれなので(「年」は、ご想像にお任せします・・・)
お祈りをしてもらい、記念品をいただきました。
 
 8月は8月19日です。
 8月生まれの方は是非いらっしゃってください.
8月生まれでない方も、もちろん歓迎します(^^)



礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2012-07-15 21:48 | 教会行事・集会

今日のメッセージは「コリント人への手紙第二」シリーズ「パウロの確信」でした。

「私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、
鏡のように主の栄光を反映させながら、
栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行きます。
これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。」
(コリント人への手紙第二 3章18節)


自分の人間としての力によって一生懸命努力して、
立派なクリスチャンになるのではなく、

私たちはみな、御霊なる主の働きによって
主と同じかたちに少しずつ変えられていくのです。




礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2012-07-08 19:30 | 教会行事・集会

モーセ「神様、やっぱり自分には無理です。何しろ口下手であがり症で・・
     誰か別の人に行っていただくわけにはいきませんか?」
神様 「いつまでぐだぐだ言っとるのか。
     お前には兄貴のアロンがおるやろ。あいつはお前と違って弁舌さわやかやぞ。
     わしがアロンに電話しといた。
     アロンは大喜びで『モーセが来るんやったら百人力です!』と言っていたぞ。
     今頃は家の前に出て、お前が来るのを今か今かと待っとるぞ。
     兄貴が待っとるのに、弟のお前がぐずぐずしていてどうする。
     行け!モーセ。」
モーセ「神様、それなら行かしてもらいます。
     そやけど、兄貴と話がついているなら、それを早く言って下さったらいいのに。」
神様 「モーセよ。お前の足元を見てみろ。」
モーセ「なんですか。あれ?グリコキャラメルの箱ですな。」
神様 「お前がグリコのおまけほしかったら、お店のおばちゃんになんて言うんや。
    『おまけください』というのか。」
モーセ「とんでもない。それでは売ってくれまへん。『おばちゃん、グリコください。』
     と言います。」
神様 「そらみろ。わしがグリコの本体や。そのわしが常にお前とともにいる。
     そう言ったのを忘れたのか。必要なことは言ってみれば『おまけ』や。
     お前の必要はすべてわかっておる。
     必要なときに必要なおまけはお前に与える。
     お前はただ、私がお前とともにいることだけを忘れるな。」

モーセが気がつくと、神様の声は消えていました。エジプトに戻るという確信だけが強く心にありました。そのとき、一人の若者がモーセの方に駆けてきました。
若者  「モーセ様、モーセ様。」
モーセ 「あんた誰や。」
若者  「アロン様のお使いで参りました。ヨシュアと申します。
      エジプトへ戻り、イスラエルの民を暴虐なエジプト王から救ってください。」
モーセ 「よし分かった。すぐ行こうやないか。」
ヨシュア「やったー、ありがとうございます!!
      では、早速武器を集めましょう!」
モーセ 「武器はいらない。」
ヨシュア「?」
モーセ 「私たちの武器はこの羊飼いの杖だ。神が私たちとともにいる。」

6月24日ゴスペルチャーチ東京牧師 波多 康 先生のメッセージより
後半のシーンは映画「十戒」より(1回見ただけでも10回分の値打ちがあります。)

虎猫
[PR]
by covenanty | 2012-07-07 21:17 | 聖書の話