寄り添う力

生まれて初めて車椅子に乗りました。
急な喘息発作で病院に行きました。地下鉄駅から病院までのわずかの距離もふらふらしながら、本当にたどり着けるか、という感じでした。
病院では診察前にまず検査が必要と言われましたが、私が立つのも困難とみられたのでしょう。
「車椅子を用意します。係の人が来ますので待っていてください。」
そして、きりっとした制服姿の若い女性が車椅子をもってこられました。
「スマイルさん」といって、その病院でボランティアをなさっている方なのです。

こうして生まれて初めての車椅子です。
自分の後ろに寄り添い、車椅子を動かしながら語りかけてくださる方がいるということで、こんなに心静かな平安な心になれるものかと驚きました。
乗っていた時間はたぶん10分くらいのものでしょう。
それでも、至福のひとときだったのです。

車椅子に乗ると、当然目線が低くなります。たぶん地上1mくらいでしょうか。その位置から車椅子を押していただきながら、前に進むといつもと違う景色が見えました。
車椅子は人間より幅が広く、廊下の中央を進むのですが、前にいる人に声をかけて譲っていただきながら進みます。
方向転換も容易ではありません。一定の取回しのスペースが必要です。エレベーターで、検査室の前で、周囲の人に断りながらゆっくりと方向を変える必要があります。
ボランティアさんが静かに声をかけると、お母さんに連れられた腕白小僧があわてて道を譲ってくれました。
エレベーターで乗り合わせた人が「何階ですか。」と声をかけ、開くドアを支えてくださいました。

さいわい、私の発作は点滴だけできれいに解消しました。
自分も人の車椅子を押す機会があれば喜び、感謝して押したい、そう考えました。

【参考】
東京慈恵会医科大学附属病院のボランティア

幸いなことよ、弱っている者に心を配る者は。主はわざわいの日にその人を助け出される。(詩編第41章第1節)

虎猫

★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by covenanty | 2012-03-30 21:26 | エッセイ

「GKB47宣言!」
このキャッチフレーズは政府が今年3月の自殺対策強化月間のキャッチフレーズとしていったん決定したものですが、各方面から厳しい批判を浴びて撤回されました。
政府はGKBを「gate keeper basic の頭文字」とし、47は「47都道府県」を意味すると説明しましたが、アイドルグループAKB48をもじった無意味な言葉遊びと批判されたものです。
自殺対策に取り組む全国の民間団体が抗議声明を出しています。
その中で次のような声が掲載されています。
「自殺対策のキャッチフレーズは目立てばいいという人集めのイベント広報とは違います。その一言で、心が温かくなるような言葉選びをすべきです。」

GKB47の問題をAKB48と比較してみましょう。

AKB48は秋葉原を拠点として活動を始めています。
秋葉原は「アキバ」と略されることがよくあります。
AKBは、この「アキバ」にきれいに一字ずつ対応しています。アルファベットを用いていますが、実際には日本語の「アキバ」そのものを表しているといえるでしょう。

しかもその響きの組み立てがなかなかのものです。
まずはじめのA、ローマ字なら「ア」をあらわす文字です。Aという字を見たとたん、多くの人は頭の中に「ア」の音が明瞭に響くでしょう。
次はKの音でしっかりと締め、最後にBの深いやわらかい響きで終えるのです。
AKBという文字を見ながら、多くの人の頭には「アキバ」、あの不思議な魅力を持った土地の情景が浮かび、あの若い子たちの元気な歌声が響いてくるのです。

ここまでくれば、GKB47がなぜ批判を浴びたか、よくわかるように思います。
まず、言葉だけでは意味が全く取れません。
私は、どうして「ゴールキーパー」(これもGKです)が自殺予防対策に登場するのか不思議に思いました。さらに、Gatekeeperという言葉は「門番」を表しますが、この言葉自体が通信制御用サーバの略称や犯罪予防策の一種としても用いられます。
ともかく「GK」ではまったく意味が取れないのです。さらに最後のBはベーシック(basic)というに至っては、聞く人はおよそ理解不能に陥るでしょう。
アルファベットはわずか26文字です。英単語の頭文字のアルファベットをキャッチコピーに使うとまず失敗します。一つのアルファベットにそれぞれの人が多義的な意味を感じてしまうのです。
特定の専門家向けならともかく、国民的な運動のキャッチフレーズにはおよそ不適切でしょう。

次に言葉の響きです。
Gは胸の奥で深く強く響く音です。使い方を誤ると攻撃や拒絶を表しかねません。その次のKは強い息を喉の奥にぶつけて破裂させる音であり、硬く強くドライな響きです。最後をBでやわらげたとしても「GKB」という言葉の響きは、全体として相当に厳しい感じになっています。
「心の温かさを呼び覚ますような響き」とはかけ離れたものなのです。

日本語は母音を中心に構成されたとても美しい響きの言語です。また多数の表意文字・表音文字を組み合わせた豊かな表現力を持っています。
国民的な運動を展開するなら、それにふさわしい日本語のキャッチフレーズを真摯に求めるべきでしょう。

「わたしは あなたの祈りを聴いた あなたの涙も見た」(第二列王記20章5節から)


参考資料

1.黒川伊保子日本語はなぜ美しいか

2.自殺対策に取り組む全国72の民間団体による「『GKB47』に対する抗議声明
このサイトでは公告の提案もあります。そのキャッチフレーズの一例は次の通りです。
「弱かったのは、
個人ではなく、支える力でした。」

3.内閣府自殺対策サイト
 (相談窓口やゲートキーパーの説明なども掲載されています)

虎猫


★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by covenanty | 2012-03-27 19:42 | 政治・経済・社会

f0136828_1923276.jpg


本日のウェルカム・カフェの様子です。
今日もおいしいコーヒーとクッキーでしたね。
また来月もやりたいな001.gif

f0136828_1932770.jpg

おまけで、卓球の様子。
子どもも大人も白熱です003.gif
こういう自然な大人と子どもの交わりは、教会ならではですね。
[PR]
by covenanty | 2012-03-18 19:05 | 教会行事・集会

ウェルカム・カフェ

明日、3月18日ウェルカムサンデーでは先月に引き続き、
ウェルカム・カフェを実施します063.gif

おいしいコーヒーを用意して待っていますので、
ぜひ御気軽にお立ち寄りください001.gif

ウェルカム・カフェは、第一礼拝後(10時頃)、第二礼拝後(12時頃)行います。
[PR]
by covenanty | 2012-03-17 16:16 | 教会行事・集会

私たちは忘れない

東日本大震災から1年
被災されたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
私どものブログ「重荷をおろして」に掲載された関連のブログをご紹介いたします。
それぞれのタイトルをクリックしていただければ該当のブログにリンクします。
ひととき手を休めてお読みいただければ幸いです。

「とおきくにや」を賛美して…[ 2011-03-22 ]

聖歌総合版397番の賛美です。関東大震災の時に作詞・作曲された曲です。
震災の後にも、また震災から1年たった3月11日の聖日にも、礼拝で賛美いたしました。

日本の涙[ 2011-03-31 ]

「わたしは あなたの祈りを聴いた あなたの涙も見た」(第二列王記20章5節から)

神様は確かに、日本のことを見ていてくださっています。
必ず、神様は日本を助けて下さいます。

「頑張って」はいけない[ 2011-05-06 ]

 本当につらい思いをしている方に私たちはどのように接するべきなのか、考えてみました。

希望の道しるべ[ 2011-05-12 ]

思いもかけない災害の中で、心に留まったいくつかの言葉を紹介しています。

誇りをかけた戦い[ 2011-09-01]

あの日、そしてそれから一週間のことを思い出して書きました。
心が落ち込むとき、希望をなくしそうになるとき、そのときには、あの日々を、私たちがどのようにふるまったかを思い出しましょう。

未来を変えるもの[ 2011-11-11]

私たち誰にでもできることは、いま関心をもって真摯に情報を集め、語り合うことです。
今、関心を持って見つめましょう。いつか生かせるときが必ず来ます。私たちが物事を判断し、行動するときの道しるべになっていきます。


満ちあふれる祝福[ 2012-03-11 ]

3月11日の礼拝のメッセージです。
ちょうど1年前、東日本大震災があり、今でも大きな苦しみの中にいる方が
たくさんいらっしゃいます。
その方たちに生きるための希望(ホープ・フォー・リビング)が与えられますように。


虎猫

★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
[PR]
by covenanty | 2012-03-15 18:56 | エッセイ

満ちあふれる祝福

今日のメッセージはローマ人への手紙講解シリーズ51回目「満ち溢れる祝福」でした。

パウロはローマの人への手紙で
「どうか、望みの神が、あなたがたを信仰によるすべての喜びと平和をもって満たし、
聖霊の力によって望みにあふれさせてくださいますように。」
(ローマ人への手紙15章13節)

と書いています。

パウロは多くの迫害に合いました。
しかし、「望みの神」を信じていたので、どんな時でも望みを持っていました。

また、アブラハム(イスラエルの民の祖)も
「彼は望みえないときに望みを抱いて信じました」(ローマ人への手紙4章18節)。

マケドニヤの教会の人たちは、試練の中にあっても「満ちあふれる喜び」
神様から与えられていました。

ちょうど1年前、東日本大震災があり、今でも大きな苦しみの中にいる方が
たくさんいらっしゃいます。
その方たちに生きるための希望(ホープ・フォー・リビング)が与えられますように。



礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2012-03-11 19:08 | 教会行事・集会

春のパウンドフェア

f0136828_1555775.jpg


本日3月3日(土)と明日3月4日(日)限定
のぞみ園春のパウンドフェア開催!
通常1300円のロングパウンドが、
なんとびっくり980円に!!005.gif

明日は礼拝後に前回ご好評だったウェルカムカフェも行われます。
みなさん、どうぞ両方楽しみに016.gif
メッセージの後に、おいしいコーヒーとおいしいパウンドで、
ほっこりしませんか?
どうぞ気軽にお越しください。063.gif
[PR]
by covenanty | 2012-03-03 16:02 | のぞみ園