オウム真理教の刑事裁判がすべて終結しました。これを機にマスコミなどではいろいろな論説が現れています。
ここでご紹介する本は、オウム真理教が突然生まれたものではなく、それまでの様々な思想、「ロマン主義・全体主義・原理主義」に根を持つものであると説きます。諸外国にもまた日本にも、オウム同様のおぞましい集団が過去に幾度もあったこと、これからも起こりうることを示しています。

決して読みやすい本ではありません。しかし論旨は明快です。各所に鋭い洞察があり、拾い読みだけでもいろいろと気づかされることがあると思います。
一か所だけ、全体主義について書かれたところを引用します。

「大都市で生活する群衆は、社会や世界はどのように構成されているか、自分は何者なのかということを、明確に理解できない・・・群衆の意識のなかに芽生えるのは、目に見えるものでは世界を十分に理解することができない、という感覚である。・・・
群衆は、実際に目に見えるものを信じないが、自らを包み込んでくれる不可視の統一的体系を提示されると、いとも簡単にその実在を信じ込んでしまう。」
「ゆえに政治家や運動家は、特定の利害ではなく、ある『世界観』、明確には目に見えないものの、個々人がそこに自らの生の基盤があることを実感し、自我を没入させることができるような『世界観』を提示しようとする。
全体主義とは一言でいえば、孤立化した個々の群衆を特定の世界観のなかにすべて融解させてしまおうとする運動なのである。」
「根無し草としての放恣な自由に疲れ、苦悩を抱える群衆は、その心の奥底では強固な束縛こそを希求しているのである。」(本書114~115頁、117頁より抜粋、一部要約して引用)

静かな夜に、ときにはこのような書物を紐解き、その意味をかみしめてみましょう。

全能の神が、人間に悩み迷うことを許しておられるのには、理由があると思います。
主は、人間が自らの意思を放棄し、特定の世界観へ融解・埋没していくような生き方をお許しにはなりません。自立した意思を持つ者として、自らの意思で神の義と神の道に立ち返るようにと、常に呼びかけておられるのです。

オウム真理教の精神史(大田俊寛著)

「私たちは、多くの人のように、神のことばに混ぜ物をして売るようなことはせず、真心から、また神によって、神の御前でキリストにあって語るのです。」(コリント人への手紙第二 第2章第17節)

虎猫

★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2011-11-29 23:13 | 政治・経済・社会

「偉大な生涯の物語という映画をご存知でしょうか。
"The Greatest Story Ever Told" (1965)

イエス様の生涯を描いたハリウッド映画です。
監督はジョージ・スティーブンス。「シェーン」や「ジャイアンツ」などを製作した巨匠です。
ライフワークとして是非とも実現させたかったのがこの作品でした。
趣旨に共鳴した名優たちが手弁当(出演料5ドル!?)で駆けつけました。

私が見たのは高校生くらいの時でしょう。イエス様も聖書も知らない時でした。
イエス様を演じたのはスウェーデンの名優マックス・フォン・シドー
イエス様の映画はその後何本か見ましたが、この人ほど見事に演じた人はいないと思います。
特に、子ロバに乗ってエルサレムに入場するシーン。
群衆の歓呼がやがて憎悪と嘲笑に変わっていくことが、ありありと予感されました。
洗礼者ヨハネはチャールトン・ヘストン。この迫力は他の人では伝えられません。

イエス様を裏切るイスカリオテのユダを演じたのはデビット・マッカラム
私たちの年代では、テレビ「ナポレオン・ソロ」のイリヤ・クリヤキン役と言えば通じるでしょう。
悩みながらイエス様を裏切る若者として描かれ、とても印象に残っています。

手弁当で駆けつけた名優たちのために数々の見せ場が作られています。
十字架を背負ったイエス様を見かねて、勇気を振り絞って近寄り、持っていた布でイエス様の顔をぬぐうのがキャロル・ベイカー(カトリックでは聖ヴェロニカとして知られる女性です。この布にイエス様の顔が浮かび上がった奇跡が伝えられています)。
さらに、イエス様に代わって自ら十字架を担うシモン役にはシドニー・ポワティエ。
それぞれワンカットずつですが、名優の競演です。

そしてついにイエス様が十字架につけられ、息絶えます。
猛烈な雷鳴・豪雨、神殿の布が裂けます。
そのとき、画面が変わり、丘の上にローマ軍の隊長が一人マントを翻して仁王立ちになり、「彼こそ真に神の子であった。」と言います。
その隊長役がなんとジョン・ウェイン。
壮大な史劇は、突如西部劇に変じてしまいました。
思わずスクリーンに向かって突っ込みを入れたくなりました。
「おっちゃん。出る映画まちがっているよ!」

ジョン・ウェインと言えば西部劇。私たちの年代では「史上最大の作戦」(第二次大戦のノルマンジー上陸作戦)の勇猛で部下思いの落下傘部隊長にしびれた人も多いと思います。
丹念に演技をする人ですが、ワンカットで大芝居をする人ではないと思います。
やはり、人にはそれぞれの役割があり、それにふさわしい場があると思います。

それでも、東洋の少年に突っ込みを入れられながら、自分にふさわしくない役でも懸命に演ずるこのおっちゃんには、とても親しみを感じたのを覚えています。

奉仕にはいろいろの種類がありますが、主は同じ主です。
働きにはいろいろの種類がありますが、神はすべての人の中ですべての働きをなさる同じ神です。
(コリント人への手紙第一 第12章第5,6節)


虎猫

★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2011-11-19 10:37 | 本・映画・ドラマ

人を生かす世界観

今回はジェネシスジャパン会長でもいらっしゃる、水戸第一聖書バプテスト教会の宇佐神 実 牧師
「人を生かす世界観」というタイトルで、ヒューマニズムの世界観と聖書の世界観の違いについて
メッセージしてくださいました。

ヒューマニズムとは何かということについて、知っているようで、じつは、あまり理解されていないのです。
ヒューマニズムでは、この世界は偶然に出現したと考えます。
聖書では、この世界は造り主(神)によって造られたと教えています。

ヒューマニズムでは、人は進化の過程で、いろいろなかたちを経て人になったと考えます。
ヒューマニズムでは進化論を信じています。
聖書では、人は最初から神のかたちに造られたと教えています。

ヒューマニズムでは、人には霊というものはなく、人は単なる有機物であると考えます。
聖書では、人は肉体(有機物)だけの存在ではなく、霊をもった存在であると教えています。

ヒューマニズムでは、自分の知恵と力で夢を実現しようと考えます。
実現できていないと、自分は負け組のように考えてしまう人もいます。
聖書では、私たちが創造主のしてほしいことをするならば、
創造主が私たちに必要なものをすべて与えてくださると教えています。


1973年、「ヒューマニスト宣言2」とういうものが出されました。
その中の宗教という項目には、
「いかなる神も我々を救えない。我々を救うのは我々自身である。」という意味のことが書かれています。

ヒューマニズムの生き方で生きている人は、
「人は進化の頂点に立っている。」
「人は自分の知恵と力で、他の人をたすけることができる。」
「他の人をたすけることによって、自分はすばらしい存在である。」
そういうふうに思って生きていこうと考えます。

しかし、ヒューマニズムの生き方で生きている多くの人は、だんだん
自分の内側が、そんなにすばらしくないことに気づいてくるのです。


聖書では、人は罪人だから、自分で自分のいのちを救うことはできないと教えています。

「神の、目に見えない本性、すなわち神の永遠の力と神性は、世界の創造された時からこのかた、
被造物によって知られ、はっきりと認められるのであって、彼らに弁解の余地はないのです。」
(ローマ人への手紙1章20節)


礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2011-11-14 12:27 | 教会行事・集会

未来を変えるもの

東日本大震災に対して、私たちは何をすべきでしょうか。
ボランティアなど積極的な活動ができる人は限られるでしょう。社会に広く働きかけることのできる人はさらに限られるでしょう。

でも、どんな人にでもできることがあります。
関心を持って真摯に見ることです。
関連するニュースに注意を払いましょう。
関連の書籍を、立ち読みでも拾い読みでも目を通してみましょう。
インターネットで関連の情報に少し目を留めてください。
共に語り合いましょう。
今この時、関連する情報があふれています。
今を逃せば、やがて人々の興味も関心も薄れ、昔の問題として記憶の隅に追いやられてしまうでしょう。それでは未来を捨てることにさえなりかねません。
今、関心を持って見つめましょう。いつか生かせるときが必ず来ます。私たちが物事を判断し、行動するときの道しるべになっていきます。

例えばこんな本があります。1ページでも目を通してみてください。
世界観が変わります。常識が揺さぶられます。

畑村 洋太郎未曽有と想定外
同     「想定外を想定せよ
加藤 恭子 「私は日本のここが好き
広河 隆一 「福島 原発と人びと

例えば、こんな論説があります。少し引用させていただきます。
池澤 夏樹  「終わりと始まり」(朝日新聞11月1日夕刊3面)
「あの日以来これまで『東日本』で進行してきたことは未来の何かにつながる種なのだ。目を背けては被災者に申し訳ないなどという消極的な理由からでなく、本当にあれは日本が変わる契機なのだ。
だから遠い人も真摯に見ていてほしい。」

人の知恵は、その人の顔を輝かし、その顔の固さを和らげる。伝道者の書第8章第1節より

虎猫

★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2011-11-11 20:37 | 政治・経済・社会

長野の賛美

聖歌隊のTさんが、四家ひとみ先生の賛美グループ「エンゲルコール」の一員として9月と10月に長野県の3つの教会に賛美の奉仕に行ってこられました。写真を添えての報告です。

1.9月11日午前 茅野(ちの)キリスト教会
快晴の空、賛美が始まりました。
窓は開けたままの開放的な雰囲気、賛美の熱気をさわやかな風がぬぐってくれます。
f0136828_2240082.jpg


2.同日午後 蓼科(たてしな)キリスト教会
午後からは車で30分の蓼科キリスト教会に移動。
木立の中に隠れるように建つ心休まる場所です。
木造の教会の中でアットホームな雰囲気の賛美でした。
f0136828_841254.jpg


3.10月9日快晴 小諸(こもろ)聖書教会
とても暖かい日です。数日前までの寒さが嘘のようでした。
f0136828_8453195.jpg

浅間山をバックにメンバーの一部と。午後の本番前のひと時でした。
f0136828_8463978.jpg


★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2011-11-08 21:49 | 賛美

(虎猫)聖歌隊のTさん。10月23日の第33回音楽祭も恵まれましたね。
(T)お陰様で、ちょっとした手違いはありましたが、何とか切り抜けました。
(虎猫)壮年会の賛美も心がこもっていましたね。
(T)「とおきくにや」(聖歌397番)ですね。関東大震災の時に作られた曲です。つたない私たちの歌に、神様が心を通わせて下さったのでしょう。

(虎猫)あのドイツの昔の歌、女声・男声2名ずつにピアノが入り、それにリコーダー。よかったですよ。中間部のピアノのソロも素敵でした。
(T)そう言っていただけると助かります。来年もう一度チャレンジしたいですね。
参加者の姉妹からこんな感想をいただきました。「一見シンプルなようで残響の長い礼拝堂で賛美されることが前提とされていますから、音楽、賛美のうねりが重厚に重ねられ遂には天の神様の御もとに届けられる…そんな風に感じて心が躍りました。」

(虎猫)最後のコワイヤの曲も素敵でした。ジョイフルキッズの若いメンバーが加わって、清らかな歌声でしたね。特に「愛の主よ」で、「飼い主よ み腕に 抱きたまえ われらを・・」のところが、憧れと喜びに満ちていて私は大好きです。
(T)とても難しい曲ですが、なんとかなりました。若い人の素直な心がそのまま歌に現れたように思いました。

(虎猫)これからの夢とか希望とかありませんか。
(T)この教会にはいろいろな音楽のグループや、また年代別のグループがあります。いろいろなグループが時に一緒になり助け合って、一つの賛美を作り上げていく。そんなことができないかな、と思います。たとえば、次のクリスマスが一つのチャンスです。
(虎猫)なんだかおもしろそうですね。
(T)そのときは、ぜひ虎猫さんも参加してください。
(虎猫)いや私は音痴で・・
(T)「自分は音痴だ」という人に音痴はいませんよ。さあ、早速練習開始!
(虎猫)ひえ~!ちょっと待ってくださいよ!

声高らかにほめ歌を歌え。タンバリンを打ち鳴らせ。六弦の琴に合わせて、よい音の立琴をかき鳴らせ。
(詩編第81章第2節)

虎猫

★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2011-11-02 21:41 | 賛美