土星の輪

会社の独身寮にいた時のことです。
いつも元気な友人が最近ふさぎ込んでいます。
食事の時にわいわいがやがやと仲間と一緒に食べるのが常だったのに、最近は一人で食べてさっさと部屋に引きこもっています。
「どうしたんだろう、何か心配事でもあるのだろうか。」と皆思いながら、声もかけにくい雰囲気でした。
ある晴れた休日の朝、私は思い切って、彼が一人で食事をしているテーブルに自分のお盆を持っていきました。
「おはよう、今日は素晴らしい天気だね。何かいいことが起こりそうな気がする。」
そのように声をかけました。
彼はそのあとも黙って食事を続けました。

その夜、床に就いたとき、急に私の部屋をノックする音。
あの友人でした。
「天体望遠鏡があるんだ。今日は星空がきれいだぞ!」
いつものあの元気な声です。

寒い夜だったと記憶します。
彼の天体望遠鏡で、星空を見ました。
「土星は見えるのかい。土星の輪の実物を見たことがないんだ。」
「それならこっちの方角だよ。」
そこに土星がありました。図鑑で見るようなあんな大きくは見えません。
星空の一角、本当に小さく、でもくっきりと見えました。
土星の輪はひっそりと静かにさらに小さく見えました。
本物の土星、本当にそこにある。いま自分とともにこの世にある。

翌日からの彼はいつもの元気な姿を取り戻していました。

「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」マタイの福音書第19章19節より

虎猫 


礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2010-11-30 21:32 | エッセイ | Comments(2)

福音のもう一つの啓示

f0136828_214592.jpg


アドベント(待降節)に入りました。
キリストの誕生を祝う日を待ち望むシーズンです。

アドベント第一聖日礼拝のお話は
「福音のもう一つの啓示」です。

福音には「救い」のメッセージが込められていると同時に、
神を神と認めない不敬虔に対する神の怒りも示されています。

神は、被造物―自然や動植物、人間など―を通しても、創造主について啓示しています。

しかし、多くの人が創造主を認めようとしません。
わたしも長い間そうでした…

「神の、目に見えない本性、すなわち神の永遠の力と神性は、
世界の創造された時からこのかた、被造物によって知られ、
はっきりと認められるのであって、彼らに弁解の余地はないのです。

というのは、彼らは、神を知っていながら、
その神を神としてあがめず、感謝もせず、
かえってその思いはむなしくなり、
その無知な心は暗くなったからです。」

                     ローマ人への手紙1章20-21節



私自身、神を神として認めていなかったとき…
あたかも自分が神であるかのように自己中心きわまりなかったとき…
私の心はほんとうに無知で、真っ暗闇でした。

そんな時、教会のクリスマスのちらしを受け取ったんです。
ドキドキこわごわ教会の戸を開けてみました。
そうしたら…笑顔でうけいれられました(ホッ)001.gif

アドベントの教会はクリスマスの温かい雰囲気に包まれています。

気軽にお立ち寄りくださいね。


礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2010-11-28 21:05 | 教会行事・集会 | Comments(1)

言葉のきらめき

岩渕まことさんと由美子さんのコンサート、本当に素晴らしかったです!

星野富弘さんの詩はそれ自体が素晴らしいものですが、
それに曲が付くと

あんなに、楽しい歌になるなんて。

あんなに、胸に迫る歌になるなんて。

あんなに、愛が溢れて流れ出すような歌になるなんて。


そして岩渕さんと由美子さんは、
とても言葉を大切にして歌う方なのですね。
だから星野さんの詩の素晴らしさが、ひとしお迫って来ました。

驚きの連続でした。


「結婚指輪はいらない」の歌、(詩では「がくあじさい」)

首から下が動かせない星野さんの顔を洗うとき、
体を持ち上げる時、
指輪が星野さんにぶつかって星野さんが
痛い思いをするといけないから、

結婚指輪は要りません

と奥様が仰ったのですね。
奥様の深い愛情に対して、星野さんが心から感謝していたわっている、
星野さん夫婦の愛がしみじみと伝わってくる、
本当に美しい詩です。

そして星野さんの顔を洗う時、
奥様の指から滴り落ちる水のきらめきは、
どんな金銀の結婚指輪よりも輝いて美しく見える…
と、星野さんは詩にしているのですが、
岩渕さんと由美子さんがそれを
とても美しく、心を込めて歌っておられて、
水の滴りときらめきが、目の前に彷彿と浮かんでくるようでした。
あんなに美しい言葉の響きは、初めて聴いたかも…。

あの歌は、岩渕さん・由美子さんご夫妻も、
お互いへの愛情を込めて歌っておられるのだな…
と伝わって来ました。

岩渕さんのユーモア溢れるお話に大笑いしたり、
ご夫妻のお嬢様を天に送られた時のお話に、
胸が震えて涙が溢れたり、
歌とお話の背後に流れている、
神様の愛と喜び、優しさで
心が一杯に満たされたひと時となりました。

星野さんの詩と岩渕さんの曲が一緒になるなんて、
素晴らしい企画を導かれた神様のセンスって
本当に素晴らしい!

感謝祭をお祝いする聖日、
実に感謝で一杯の一日を過ごせました。056.gif
神様、本当にありがとうございます(*^-^*)



礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2010-11-25 08:26 | 教会行事・集会 | Comments(1)

虎猫「Bさん、銀行を定年退職されたのですね。長い間のお勤めお疲れ様でした。」
B「ありがとうございます。とはいえ、再雇用の制度があります。元気なうちは仕事を続けますよ。まだまだ若い者には負けません。」
虎「お元気で何よりです。ところで、Bさんは赤ちゃん連れのお母さんやお父さんによく親切になさっていますね。」
B「下心があるからですよ。」
虎「?」
B「この赤ちゃんは、いずれ自分の年金や健康保険の保険料を払っていただくのです。要するに未来のスポンサーです。
また自分もこの赤ちゃんが成人するころまで長生きしたい、と思っているのですよ。
私が赤ちゃん連れの親御さんに親切にするのは、そんな下心があるからですよ。」
虎「それは下心というより、未来への投資、ではないですか。」
B「確かにそういえますね。一人一人が必要な人に手を差し伸べて助け合うことが、結局は未来の自分のためにつながるのですね。
以前に公共交通機関にベビーバギー(乳母車)を折りたたまずに乗せるのが迷惑かどうか、というアンケートを新聞社がしていたことがあります。
私は、こんなアンケートそのものがけしからんと思いました。」
虎「?」
B「お年寄りの杖とか、体の不自由な方の松葉づえや車いすを、迷惑だと思う人がいますか。そんなアンケート調査などしますか。
赤ちゃんは生まれた時で3kgくらい、1年たてば10kgの大荷物です。バギーを折りたたみ、赤ちゃんを抱いて、他の荷物まで持って電車やバスに乗れますか。せめて赤ちゃんはバギーに乗せたまま、というのは当然のことだと思います。
バギーを邪魔と思う人がいるかもしれませんが、この赤ちゃんは未来の私たちのスポンサーです。今親切にしてあげることです。赤ちゃんもその時の親切を幼いながらに心に刻むでしょう。やがて立派に育った時、私たちに親切にしてくれるための長期的な投資だと思いますよ。」

「はっきり言っておく。私の兄弟であるこの最も小さな者の一人にしたのは、私にしてくれたことなのである。」(マタイによる福音書25章40節;新共同訳)

(11月13日の児童祝福式への応答として)

虎猫

礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2010-11-24 21:18 | 子育て・家庭 | Comments(0)

福音がもたらすもの

f0136828_17465393.jpg


今日は感謝祭礼拝でした。
神様が多くの良きものを与えてくださることを感謝する日です。
日曜学校では、子どもたちが感謝をもって果物をささげ、それを用いてフルーツポンチを作りました。

礼拝の聖書のお話では、
「ローマ人への手紙」シリーズが始まりました。
これは新約聖書のなかの一巻で、キリスト教の基本的な教えが説かれています。
本シリーズのこれからの展開を、私もとても楽しみにしています001.gif

本日のタイトルは「福音がもたらすもの」

福音は、GospelともGood Newsともいわれます。

「私は福音を恥とは思いません。
福音は、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、
信じるすべての人にとって、救いを得させる神の力です。」
                ローマ人への手紙1章16節


f0136828_17463735.jpg



午後には、
岩渕まことさん・由美子さんご夫妻によるチャペルコンサートがありました060.gif

まず、暗い青年だったまことさんが福音にふれて変わっていき、
明るくなっていく様子を見ていた由美子さんが
「もしかしたら神様っているかも…」
と思い、教会に行くようになったというお話がありました。

福音は、信じる者を救う神の力です。

コンサートでは、名曲「父の涙」も歌われました。
この曲を聴くといつも涙が・・・
おてんば娘がタオルで拭いてくれました。


f0136828_1746219.jpg


先週は感謝祭フェアがありました。
のぞみ園のお菓子や、クリスマスグッズが販売されました。
いよいよ来週(日)は第一アドベント(待降節)です。
クリスマスを待ち望むシーズンに入ります。
教会行ってみようかな~と思う方、ぜひ気軽にお立ち寄りください。


礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2010-11-21 18:18 | 教会行事・集会 | Comments(4)

用いられる喜び

10月24日宣教60周年記念音楽祭
「やがて来る方に」
詞 虎猫 
曲 グリーグ「ペールギュント」の「ソルベークの歌」
独唱T(聖歌隊マネージャー)

聖歌隊のTさんが、虎猫の作った詩をもとに、独唱されました。
次のようなお話を伺いました。
T「10月、土屋順一先生の研修休暇明けのメッセージをうかがっているときに、急にインスピレーションがわきました。
でもステージに乗る前は不安でした。こんな大胆な試みをしていいのか、大丈夫かと。
最後は割り切りました。あのオッチャン変わったことするなあ、私ならもっと素晴らしい賛美ができるのに、という人が起こされるなら、捨石になればよい、と思ったのです。
本番では不思議な体験をしました。歌い始めると、ここは感情をこめて、ここは声を潜めて、ここでテンポを落として・・という指示が心の中にはっきり聞こえたのです。私はただそれに従っただけでした。
あのステージで用いられる喜びを知ることができました。ただすべてをお委ねしていたのです。」

やがて来る方に

その人はやせたロバに乗り、やってきた。
私たちは棕櫚の葉を振って出迎えた。
ホサナ イスラエルの王よ 救い主

総督ピラトは問うてきた。お前たちは何を望むか。
十字架だ、十字架につけろと、声あげた。

その人は木の枝(え)に釘打たれ、つるされた。
私たちはあざけり罵った。
お前が神の子というなら、降りてみろ、その木から

その時闇が世を包み
神殿の幕は裂けとんだ。

その人は墓に姿なく、消えていた。
番兵はおびえて目をそらす
盗まれた、あいつの弟子たちに

私たちはいまは知っている。
その人は再び来られた
すべてを語られ昇られた。
そしてやがてまた来られることを。

虎猫
(もとの詩はこちら

礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2010-11-15 21:58 | 賛美 | Comments(0)

児童祝福式

今日は児童祝福式礼拝でした。
児童祝福式とは、1年間、子供たちを守ってくださった神様に感謝し
これからの1年間も神様からの恵みと祝福があるように特別に祈るものです。

新約聖書には、イエス様が子どもたちを抱き、彼らの上に手を置いて祝福される場面があります。

メッセージは「慰めと希望の原点」でした。

「あなたが私の内臓を造り、母の胎のうちで私を組み立てられた」
 (詩篇139篇13節)


すべての人は神様によって作られたのです。


「あなたの目は胎児の私を見られ、
 あなたの書物にすべてが、書きしるされました。
 私のために作られた日々が、
 しかも、その1日もないうちに。」
 (詩篇139篇16節)


私たちが、生まれて、育って、どういう人になるのか
神様はそのすべてを、あらかじめご存知なのです。

「わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。
 ー主の御告げーそれはわざわいではなく、平安を与える計画であり、
 あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。」
 (エレミヤ書29章11節)


ただ造っただけではなくて
私たち1人1人に目的と計画をもっていらっしゃいます。

「神よ。あなたの御思いを知るのは
 なんとむずかしいことでしょう。
 その総計は、なんと多いことでしょう。」
 (詩篇139篇17節)


造った後、ほったらかしにしておくのではなく
私たちのことを考えていてくださるのです。
私に代わるものはないと思っていてくださるのです。

いくら誰かから悪口を言われても、神様は愛していてくださるのです。
そこに慰めと希望の原点があります。

礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2010-11-14 22:35 | 教会行事・集会 | Comments(0)

素敵な友とのBBQ

あっぱれな秋晴れの本日、
文化の日恒例(にしたい)ファミリーアワー・バーベキュー@野川公園を楽しんできました。

見てください、この豚汁!
f0136828_19475538.jpg

これぞアウトドアの醍醐味。
仕掛けも年々バージョンアップしております。
お父さんの知恵とご尽力に脱帽です。

子どもたちも真似してきれいな葉っぱでバーベキュー♪
f0136828_19481556.jpg


お肉も炭火で焼いていきますよ。
f0136828_194831100.jpg


さあ、豚汁も煮立ってきました。
f0136828_19483832.jpg


こちら、われらが陣営。みんなで食べるご飯のおいしいこと。
f0136828_19484888.jpg



f0136828_19491396.jpg
炭火焼き鳥も絶品です。一年間、これを楽しみにしていました~
f0136828_194925100.jpg

とろりと焼いたマシュマロを、チョコと合わせてリッツでサンド。ナイスアイディアに拍手!

f0136828_19473926.jpg

朝着いた時には雲ひとつない青空でした。
帰る時には青い空にさわやかな雲がふんわりと。


いろんなことを分かち合える素敵な方々の存在を、
とても感謝した一日でした。




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2010-11-03 20:08 | 子育て・家庭 | Comments(2)