ソロモン流 知恵の限界

知恵の無い私は、いつもどんなにかソロモンに憧れていたことだろう。羨ましくて仕方がない。ソロモンどころか学校の同級生や会社の色んな同僚の豊かな才能や能力にもイチイチ嫉妬してしまう。

しかし往々にして人は自分の得意技やその才能で失敗する。会社でもそうだ。銀行で貸金の引っ掛りを作るのは大抵融資課長上がりの支店長だし、セクハラ、パワハラで面倒を起こすのは人事部出身のエリートさんだったりする。子どもが言わんとしている事が何時までも理解できないでいるのは、児童心理学専攻の教師だったりと、物事に一家言ある人達も傍から見ればお粗末極まりないこということがよく起こる。

特別な能力が与えられていないならば、それはそれで先入観なく、全力で真剣に当面の問題に取り組むことが出来る。真剣に全力で神に助けを祈ることが出来る。手を抜いたり、油断することなく、素直に全力でぶつかることが出来るのである。特別な能力や賜物が与えられていないというのは、それはそれで実は恵みなのではないかと思うこともある。

ソロモン王も即位した当初には神に知恵を求めたが、実はその後聖書を読む限り、父ダビデのように、事ある毎に神に拠り頼んでその助けを求めているようには見えない。ダビデは数多くの詩篇で神を賛美しているが、ソロモンは(上から目線の)箴言ばかりだ。「伝道者の書」に至っては言動不一致もはなはだしい。彼は王国の安泰を目的とした政略結婚を繰り返し、結局そのことがもとで偶像礼拝に引きずり込まれ、神のみこころを損なうことになるのである。つまりは自分の知恵に溺れたのである。

「彼には700人の王妃としての妻と、300人のそばめがあった。」(列王記Ⅰ11:3)

総数1000人。物凄い数である。40年の即位期間中、毎年25人ずつ増えていったことになる。その1人1人と相手をするソロモンも大変だが、これら1000人の異邦人の女達、しかも色んな偶像の神々を持つ彼女達の間で日々繰り広げられる嫉妬や喧嘩や見栄の張り合い、ゴシップや風評、裏切りや陰謀、痴話や喧騒、その他諸々の厄介事・・・想像しようとするだけで恐ろしい。

「一切れの乾いたパンがあって、平和であるのは、ご馳走と争いに満ちた家にまさる。」(箴言17:1)

これはソロモンの本音だなと思うのである。

by oveja negra


★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-07-31 09:44 | 聖書の話 | Comments(0)


f0136828_16332238.jpg


はじめまして天然水です。
バイブルキャンプに行ってまいりました。
今年のテーマは「神様とともに生きよう!」です。
神様とともに生きたダビデについてみんなで学びました。
とっても楽しかったです(^▽^)

f0136828_16363522.jpg


二日目の朝はあいにくの雨でしたが、
朝のディボーションで、子ども達と先生達は必死にお祈りしました。
「神様、今日は野外炊事・水生昆虫・キャンプファイヤーがあります。
 どうか晴れにしてください!」
・・・そしたらなんと!
水生昆虫の時間だけ晴れました\(^▽^)/
神様は子どもたちが、とっても楽しみにしている気持ちを
ご存知だったんですね。

水生昆虫では、子ども達が池の虫をとって大喜びです☆

f0136828_16461739.jpg

おたまじゃくし
f0136828_16405157.jpg

水カマキリ
f0136828_16411150.jpg


夜はキャンプファイヤーがキャンドルサービスになってしまいましたが、
とてもきれいでした。
ろうそくの炎の中で、神様とともに生きることについてのお話を聞きました。

f0136828_177633.jpg


みんなはいろいろなことの思いを持って帰っていきました。

今まで神様のことを忘れてしまっていたけど、いつも神様ならどうするかを考えたい・・・
神様は私が神様から離れてしまっても、また神様の元へ帰るようにしてくださる・・・

私自身も、このキャンプに6年間通っていたので、
子ども達がこのキャンプを通してとても成長することがよくわかります。
ただ、すぐ現実に流されてしまうので、どれだけキャンプで学んだことを
持ち続けられるかが大切なんですけどね(^_^;)
今年も教師として参加することができて、子ども達とともに時間を過ごせて
とても恵あふれる時をもてたことを感謝します。

神様、日曜学校のみんなをありがとうございます☆


by天然水

★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-07-29 18:00 | 日曜学校(子ども) | Comments(2)

近所で新築住宅の建設が始まった。最近はプレハブ工法で家が建ち上がるのが実に早い。建設会社に勤める友人が「プレハブ工法は我が社が開発した」と言うので、本当かと思ってインターネットで調べてみた。

プレハブ工法というのは pre-fabricaton のことで、予め部材を工場で生産・加工して建築現場で組立てる建築工法のこと。1920-30年代にドイツで試行され、50年代以降米国でツーバイフォー工法(2インチx4インチの角材を現場で組立てる工法)をベースに発達、60年代以降日本でも、その友人が勤める建設会社を始めとして他社も次々に追従したようだ。

しかし聖書を読んでいると、プレハブ工法はドイツでも米国でも日本でもなく、少なくとも紀元前1000年頃にソロモンが既に行っていたことが判る。

「神殿は建てるとき、石切場で完全に仕上げられた石で建てられたので、工事中、槌や、斧、その他鉄の道具の音は、一切神殿の中で聞かれなかった。」(列王記Ⅰ6:7)

これはまさしくプレハブ工法ではないか。少なくとも現在の日本のプレハブ建築現場では終日ガタガタと騒音がしているが、一切音がしない程に、現場では組立てだけに徹底された、究極のプレハブ工法だったのである。しかし何故そのような大掛かりな建設工事をプレハブ工法で行わなければならなかったのか。それが神の命令だったからである。

「あなたが石の祭壇を私のために造るなら、切り石でそれを築いてはならない。あなたが石に、のみを当てるなら、それを汚すことになる。」(出エジプト20:25)

「そこに、あなたの神、主のために祭壇、石の祭壇を築きなさい。それに鉄の道具を当ててはならない。」(ヨシュア27:5)

父ダビデ王の遺志を継いだソロモンは、その建設方法についても知恵を巡らしたのだろう。過去から伝わる神殿建設に関わる預言の記録、その他文献をリサーチさせたに違いない。その結果、神が先祖に命じた祭壇建築に関する規定に行き当たったのだ。

明日からその住宅建築現場を通るとき、ソロモン神殿のことを夢想する楽しみが1つ増えた。

by oveja negra


★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-07-28 16:47 | 聖書の話 | Comments(3)

f0136828_21354658.jpg


真夏の太陽と梅雨空が交互にやってくるような毎日です。
皆さん、おつかれ、たまっていませんか。

礼拝の聖書のお話は、創世記シリーズがつづいています。
創世記は聖書66巻のうちの第1巻です。
今学んでいる1~11章は、とくに聖書の世界観、人生観の土台となるとても大事な箇所です。

今日のお話は  「エデンは何を語るか?」  

「エデンの園」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
おとぎのお話をしているのではないんですょ029.gif
エデンには、歴史性、科学性があるのです。
地球物理学者の竹内均先生の著書も興味深いですよ。

神が人間を住まわせるために備えた地・エデンは―

058.gif神に守られた領域でした。
058.gifいのちみなぎっていました。
058.gif人間にはやりがいのある仕事が与えられ、いきいきと生きることができました。

そう、そんな素晴らしいエデンにおかれた人間には
自由と責任が与えられました。

自由…なんて美しい響き!
そして責任…ああそうでした、自由には責任が伴うのでした!


―人間は果して責任を全うすることができたのでしょうか?!


礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝

f0136828_2202784.jpg

午後は音楽祭がありました060.gif060.gif060.gif
私たちを造り、守ってくださる神様は、私たちの賛美を喜んでくださる天のお父さんです。
今日の賛美も喜んでいただけたでしょうか016.gif

皆様の新しい一週間が祝福されますように058.gif

★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-07-26 22:03 | 教会行事・集会 | Comments(3)

いってらっしゃい!

 今日、日曜学校に来ているこどもたちを中心に、小学生がキャンプに出かけました。
 これは出発前のみんなです。
f0136828_20294610.jpg


 行き先は、八ヶ岳。神様の創られた山に空に星に囲まれて、仲間と楽しみながら、神様のみことばと恵みにひたって、元気に過ごしてきてくれますように。

 「あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また『何の喜びもない。』という年月が近づくまえに。」(伝道者の書12:1) 
                       
★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-07-26 20:27 | 日曜学校(子ども) | Comments(1)

日食見ました(^^)

こんにちは。
関東は梅雨明けしたと言いますが、まだ雨降りの日々です057.gif

7月22日(水)は、皆既日食の日でした058.gif
ご覧になれた方、お仕事や授業などの事情で見ることの出来ない方、
色々だったと思います。

私は天体現象に興味がある方で、自宅にいて見られるものは、やっぱり
見ておきたいと思い、日食も楽しみにしていました。

日食を見るには黒い下敷きなどは厳禁で、専用のグラスを購入しなければ
ならないと分かると、ちょっと興味が下向きになってしまいましたが、
朝日新聞の「天声人語」の記事を読んで、がぜんまた興味が盛り上がって
来ました。
次がその引用部分です。

月の400倍の直径を持つ太陽が、約400倍のかなたにある
この奇跡が二つの球体の見かけの大きさをそろえ、月が日にぴたりと重なる時が巡り来る。
創造主からの贈り物と言われるゆえんだ。
こざかしい性善説、性悪説の及ばない大宇宙の営みである。
一方に、ちっぽけな人間がいる。
この生き物、自由にならぬものはないと勘違いし、理性を忘れて破壊に浪費、やりたい放題。
主はたまに昼の光を奪い、小さな星の支配者を戒めるのだろう。
効き目のほどは知らない。』

実にタイムリーな気がしました。
ちょうど東京カベナント教会では、礼拝メッセージで創造論について学んでいる
ところです。
私も創造論についての本を2冊購入して、今、2冊目を読んでいる最中。
神様の創造の素晴らしさ、不思議さに、心打たれている時に、この記事です。

「月の400倍の直径を持つ太陽が、約400倍のかなたにある。」
なんてことが偶然にあるでしょうか?

絶対、そんなはずがありません045.gif

そうか、日食は「創造主からの贈り物」と言われているんだ…。
なんか、感動する056.gif
見たいなぁ…!
そして、日食を見た人達が、宇宙の壮大さ、この仕組みの精緻さに感動して、
創造主なる神様に心を向けることが出来たら良いなぁ…!
と、がぜん、意気込んでしまいました。

前日、天気予報では、どうも当日の天気は下り坂ということで、気がかりでしたが
お天気が何とか良くなるように祈りつつ、眠りました。

しかし、当日の朝起きたら、雨がザーザー降り057.gif
「ああ、これはとても見られないなぁ、でも、あなたは天候も支配しておられる方ですから、
どうか、神様の偉大な御業を感じる素晴らしい機会にしてください。」
と祈っていたら。

丁度、東京での日食が最大に欠けるその時間。

買い物に行っていた家族の者が、興奮して帰って来ました。
「見えるよ!皆外に出て見ているよ!」

なんという、絶妙なタイミング!!!!

その声を聞いた家族の皆は、二階のベランダに突進。
(私はパソコンとテレビにまだ張り付き中)

「見えた!ベランダの床に水溜りが出来てて、そこに反射してる。」
と教えてくれました。

水溜りの反射なら見ても大丈夫なのかな。
でも念の為、やっぱり影の方を見ようと、穴の開いた厚紙を持って
ベランダに行ったのですが、やっぱり雲があるので、影が厚紙に入りません。
だめだ~と思いつつ、ひょいとベランダの床を見たら、


雨で濡れた水溜りの中に、部分食の太陽が映ってた!058.gif


びっくりしたなぁ。
この映った太陽は、見ても大丈夫なんだろうか?と心配しつつ、
やっぱりもう一度見てしまいました。ちらりと。


雨が降っていなければ、ベランダに水溜りが出来なかった訳で、
そして、そこにばっちり日食になった太陽が映っていたなんて!
…まさに神様からのプレゼント016.gif

その後、また雲が分厚くなってしまいました。
東京で最大に食が見える時間に、ちょうど雲の切れ目が来るなんて、
神様も粋なことをなさるなぁ~。

この日食の機会に、ますます宇宙の不思議さ、
そしてその宇宙をお造りになった神様の創造の御業の素晴らしさを
味わうことが出来ました。

神様って本当にすごい
神様って本当に素晴らしい



日食を体験した方、日食に興味を持った方が、
この偉大な天体を造られ、統べ治めておられる神様に思いを
導かれていきますように。


「天は神の栄光を語り告げ、大空は御手のわざを告げ知らせる。
昼は昼へ、話を伝え、夜は夜へ、知識を示す。」詩篇19:1-2

「あなたの指のわざである天を見、あなたが整えられた月や星をみますのに、
人とは何者なのでしょう。
あなたがこれを心に留められるとは。
人の子とは、何者なのでしょう。
あなたがこれを顧みられるとは。」詩篇8:3-4

[PR]
by covenanty | 2009-07-24 13:18 | エッセイ | Comments(0)

「聖化の恵み」を読んで

「聖化の恵み」 人はきよくあり得るか 本田 弘慈著 いのちのことば社

最近、「聖化の恵み」という本を読んだ。この本を読んだことに対する私の問題意識は、人は救われた後に、少しずつキリストに似るように成長していくことを期待されているが、どのようにしたら、クリスチャンとして恥ずかしくない程度に成長できるのかということであった。私は洗礼を受けてから、20年以上経っているが、なかなか納得がいくように成長していないような気がしてしまっている。もちろん、成長している部分もあるのだが、さらに成長したい、きよめられたいという気持ちが起こされてきたのである。
 この本の中で、聖化(きよめられる)ことは、どのようなことかということが、大まかに定義されている。そこで言われているのは、クリスチャンは、キリストに似るようになっていくのであるが、あたりまえだけれども、キリストと同じように完全になるわけではないということである。これを読んで少しほっとする部分があった。私自身もどこまでいっても不完全な人間であることは明らかである。だから間違ったり、罪を犯してしまうことも当然あるのだということがわかり、納得した。また、クリスチャンは、罪を犯す前のアダムのようになるわけでもないということも書かれていた。つまり、人間レベルでも完全になるわけではないということである。それを知ってさらに安心した。
もちろん、だからといって、当然罪を犯してもいいということではない。罪は犯さない方がいいに決まっている。この本の中での聖化は、聖霊によってきよめられ続けていくと、聖霊とみことばによって、誘惑に打ち勝つ力が与えられ、罪を犯すことが減ってくるということである。また、聖霊のバプテスマにも触れられている。また、聖霊の満たしについても言及されている。つまり、ポイントは、聖霊の御支配にゆだねるということである。肉に属するクリスチャンから御霊に属するクリスチャンへと変えられていくということなのである。
 それでは、どのようにしたら、このような聖霊の満たしをいただき、聖化を体験できるのであろうか?この本では、まず、求めるということを強調している。聖霊をいただきたいと求めるものに神様は答えてくださるのである。第二に悔い改めることが大切であるとこの本では言っている。罪のあるところに、聖霊は下っては来られないのである。第三に心を明け渡すことが大事であると強調されている。すべてを主にささげ、主にまったく服従していく時に、聖霊の満たしときよめは与えられるのである。そして、第四に信仰を持って歩むときに、神は働かれ、聖霊の満たしが与えられるのである。
このように、この本の言っていることをよくかみしめながら、クリスチャンとして成長していきたいと思う。もちろん、間違うことも失敗することも多いけれども。
                             by ダン吉


★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-07-22 17:06 | 教会行事・集会 | Comments(0)

今日の礼拝も創世記からでした。人の創造の経緯が、創世記2章で

詳しく書かれています。その中で神である主が人をどのように造られたかが

記されています。創造の5日目までは、神様は言葉によっていろいろな

ものをお造りになりました。しかし、人間だけは、土から造られたということが

記されています。そして、そこに神の息が吹きかけられ、人間は生きるものと

なりました。そのような創造の経緯から見ても、人間がいかに、特別な存在として

造られたのかということがわかります。神の息とは神の霊をあらわしています。

そのようにして、特別に造られた人間が、何によって生きるのかということが、

メッセージの中でしるされています。ぜひ、インターネットで確認してみて

くださいね。                       BY ダン吉

★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-07-19 21:27 | 教会行事・集会 | Comments(0)

食事と交流(交わり)

大変ご無沙汰しています。はるるです。

何てことない、教会での一こまのご紹介をば。

東京カベナント教会では、日曜日のお昼のお食事をグループ毎に
交代でご用意しています。

今日は、私の所属しているグループの当番です。
ちょっと早めに到着してしまい、
教会スタッフの先生たちは、丁度お食事中。
その中に紛れ込んで、到着するなり、私はブレークタイム037.gif

いつも優しい伝道師の先生が、デザートのコーヒーゼリーをおすそ分けして
下さり、ちゃっかりと頂いてしまいました063.gif
教会に行くと、皆さん、暖かく声をかけてくださいます。
体調崩し気味の私を、心配して下さって「どう?」と聞いて下さったりします。
副牧師の先生(牧師夫人)は、「元気?」とポンと肩を叩いて下さいます。

みんな、やさしいなぁ…053.gif

美味しいゼリーを頂き、にぎやかにおしゃべりを楽しんでから、いよいよお食事作り。
皆でお祈りをしてから、作り始めます。
大量の玉ねぎを皆でヒーヒー言いつつも、にぎやかに楽しく、
皮をむく、皮をむく、
刻む、刻む…。
その間にも、いつも元気で楽しい兄弟が、ナニゴトかを叫びます。
どうやら、それは、アニメの中のセリフらしい。。。045.gif

大量のお肉を調理して、7キロのお米を洗って、
その間も、和気あいあい003.gif

皆で力を合わせると、大量のお食事も、あっという間に出来てしまうような
気がしました。

土曜日も教会は、色々な方々が準備の為に出入りされますが、
その度に挨拶し合い、声を掛け合います。
牧師先生もニコニコして挨拶して下さいます。
ここに来ると、自分の存在が認めてもらえる気がする。
他所では、誰にも気づいてもらえなかった些細な事でも
ここでは、感謝してもらえるんだなー。
感謝して欲しくてやってる訳ではないけれど、やっぱり、嬉しいもんですね016.gif

一段落して、皆で感謝のお祈り。
本当に神様に守られて、皆で助け合って、楽しく作れたなぁ。056.gif
明日、皆さんが美味しく召し上がってくださると、嬉しいなぁ。

教会の中でのささやかな一こまですが、とっても和やかであったかな
交流(教会では、まじわり、と呼んでます)をご紹介したくて、書き込みました001.gif

「そして毎日、心を一つにして宮に集まり、家でパンを裂き、喜びと真心をもって
食事をともにし、神を賛美し、すべての民に好意を持たれた。(使徒の働き2:46,47)」

「見よ。兄弟たちが一つになって共に住むことは、なんというしあわせ、なんという
楽しさであろう。…それはまたシオンの山々におりるヘルモンの露にも似ている。
主がそこにとこしえのいのちの祝福を命じられたからである。(詩篇133:1,3)」

[PR]
by covenanty | 2009-07-18 23:21 | エッセイ | Comments(0)

一週間はなぜあるのか?

今日の礼拝のメッセージは「一週間はなぜあるのか?」でした。

「安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。」(出エジプト記20章8節)

「それは主が六日のうちに、天と地と海、またそれらの中にいるすべてのものを造り、

七日目に休まれたからである。それゆえ、主は安息日を祝福し、

これを聖なるものと宣言された。」(出エジプト20章11節)

1週間は神様が決めたリズムです。

神様が、創造を通してされたように、6日間仕事をし、7日目に安息の時をもつという

1週間のリズムを決めてくださいました。

人間は、肉体的な疲れをとるために、7日に1度のペースで休むことが必要です。

また、霊的な恵みによって、神様から力をいただくことが必要です。

神様のもとで、精神的に休むことが必要です。

私たち、今日のクリスチャンは、イエス様が復活された日曜日を聖日として、

礼拝をささげています。

神様から力をいただき、1週間のスタートを切りたいと思いました。

礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-07-12 20:48 | 教会行事・集会 | Comments(1)