兄貴の凱旋

N兄の容態の急変を知ったのは、6月19日金曜日でした。
20日土曜日、急き立てられるように病院に伺いました。
荒い呼吸で苦しそうに見えましたが、看護師さんによると、
「本人はそんなに苦しんではいません。
耳は最後まで聞こえます。大きめの声でどんどん話しかけてあげてください。」

手足末端に血液がだんだん行き廻らなくなり、大きな呼吸で何とか血液を末端に押し出そうとしている。それに集中しているので、もう、痛みも感じなくなっている、ということでした。

個室で、とてもきれいな部屋です。陽光が部屋の中を照らしていました。
次々とお見舞いの方が引きも切りません。

その夕方、N兄は天に召されました。

数年前に、N兄の学校の後輩がこんなことを書かれていました。
「Nさんが先輩と初めて知りました。兄貴の世界征服まであと〇年!」

いま、兄貴は、天に凱旋されました。

「まことに御怒りはつかの間、いのちは恩寵のうちにある。
夕暮れには涙が宿っても、朝明けには喜びの叫びがある。」(詩篇第30編5節6節)


★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-06-30 10:34 | エッセイ | Comments(1)

天体?魚?鳥?動物?

f0136828_2343248.jpg



ただいま、礼拝では天地創造について科学的に説き明かされているところです。

今日は天体について、水中生物と鳥について、動物について語られました。



夕焼けの見えた次の日は晴れ、とか、
地軸の傾きがつくり出す季節だとか、

自然界の興味深いのヒミツが、聖書にたくさん記されていることを知りました。



知的好奇心が刺激されるとともに、
自然界が美しい調和のもとに造られ、運行されているのは、
人間のためなのだ、ということを知って
創造主の偉大さと愛の深さを感じました。


「あなたの指のわざである天を見、あなたが整えられた月や星を見ますのに、

人とは、何者なのでしょう。 あなたがこれを顧みられるとは。」 詩篇8篇3-4節




「創造科学」の本もたくさん出ているようで、今度読んでみたいな、と思っています。

クリエーションリサーチのホームページでも、創造科学について知ることができますよ。


礼拝メッセージをぜひこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-06-28 23:02 | 教会行事・集会 | Comments(0)

[品川アクアスタジアム] ブログ村キーワード


「ついで神は、『水は生き物の群れが群がるようになれ。また、鳥は地の上、天の大空を飛べ。』と仰せられた。それで神は、海の巨獣と、その種類にしたがって、水に群がりうごめくすべての生き物と、その種類にしたがって、翼のあるすべての鳥を創造された。神は見て、それをよしとされた。」(創世記1:21)  

 6月に入って、聖日礼拝のメッセージは創世記から。世をどのように神様が秩序立て、枠組みを制定していかれたかを学びつつ、神様の思いを愛を感じています。

 先日、娘2人を連れて、EPSON品川アクアスタジアムに行きました。
f0136828_2341775.jpg
おしゃれなデートスポットとしても有名なこの水族館、平日の昼間の集客のために、「裏側探検」なるコースがあります。アザラシのショーの舞台裏から、水族館の魚達のためのえさの冷凍庫や調理場、生餌の飼育水槽、出番直前のイルカショーのいるかと握手、
f0136828_22561537.jpg
 水槽の上から魚達を見ること(通常では決して見ることのできない、エイの背中の模様とか)、そして、水族館の心臓部である給排水とろ過システム。
f0136828_22583538.jpg

 ところで、品川にあるこの水族館の大量の海水。どこから来ていると思われますか。どこの水族館でも、熱帯魚から北極海、南氷洋の魚まで、浅瀬に生きるものから深海の生物まで多種多様な展示があるはず。当然、彼らの本来の生息地の水温は著しく異なります。前述のさめやエイの巨大プールの上は「蒸し暑い」の一言。ペンギンの飼育室とは何度温度差があることか・・・。
 この海水、温かな水は八丈島沖でくみ上げて船で運んでくるそうです。それ以外は、なんと東京都の水道水にメキシコ産の岩塩を溶かし込んで作るとか・・・。何十トンと言う水の製造と温度・水質管理を考えるだけで、その技術にも費用にも気が遠くなりそうです。
 様々な魚達が泳いでいて当たり前のように思っている水族館。世界中の海の生物を見たいを思い、またそれを見せてしまう人間とは一体何者なのかと自らを振返りつつ、海水だけでなく、世のすべてを緻密に創造、統御されている神様のみわざを思った一日でした。
                                   (GC)2

★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-06-26 13:07 | エッセイ | Comments(0)

創造のすばらしさ

[心臓] ブログ村キーワード

今日は父の日礼拝でした。
あじさいがとてもきれいでした。

f0136828_2133691.jpg


今日の礼拝は、埼玉医科大学総合医療センター 心臓血管外科科長の今中博士
心臓の話を中心にして、
神様がいかに人間をすばらしく造られたのかという
ことをお話ししてくださいました。

心臓、肺、血管、リンパなどは、それぞれ細かいメカニズムで制御されており
それは、まさに一つの作品であります。そのことを専門家の今中博士が、
パワーポイントを使ってわかりやすく説明してくださいました。

詳しくはインターネット礼拝で見てみてください。

日本では多くの人が進化論を信じていますが、人間の体のメカニズムが解明
されればされるほど、この人間が偶然にたまたまできたなどとはとても考えられません。
そうです、この世界は、聖書のまことの神様が、目的をもって造られたのです。

この世界が目的をもって造られたのなら、私たち一人一人も、目的をもって生れて
きているはずです。人生の目的がわからない方、悩んでいる方は、ぜひぜひ、
教会の門をくぐってください。神様が私たちの生きる目的、そして使命を
必ず示してくださるはずです。

                                  BY ダン吉



★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-06-21 21:42 | 教会行事・集会 | Comments(0)

f0136828_1024152.jpg


今日は土曜、明日は日曜001.gif
世間では週末といいますが、キリスト教では日曜日が週のはじまり043.gif

明日、礼拝にいらっしゃいませんか?
どなたでも歓迎です。
教会は初めてという方も気軽にいらしてください058.gif

今中和人博士「『しるし』はあなた自身です! ・・・ああ驚くべき・・・!!」
と題してお話してくださいます。


  今中和人博士
  埼玉医大総合医療センター心臓血管外科科長
  准教授
  日本外科学会指導医
  日本胸部外科学会指導医




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-06-20 10:07 | 教会行事・集会 | Comments(0)

神様の計画

今日の礼拝のメッセージは「神の慮(おもんばか)り」でした。

天と地を創られた神様は、光とやみを創られ、

2日目に大空(大気圏)を作られ、3日目に、地と海、植物を創られました。

大気圏によって地球の生命は守られているが、地球の直径が今より10%小さかったら、

大気圏が減少し、人間は生活できなかったそうです。

聖書の別のかしょでも、神様はヨブという人に、地球について

「だれがその大きさを定め、…」(ヨブ記38章5節)とおっしゃり、

神様ご自身が、地球の大きさを決めたことが示されています。

大気圏があるから、空気があり、私たちは呼吸ができます。

いつも、そばにいてくれて、その人がいなかったら困るのに、そのことを当たり前と思い、

特に意識していない人のことを「〇〇さんは空気みたいな存在だ。」と言ったりします。

空気も、〇〇さんも、その存在を当たり前だと思わず、感謝したいと思いました。

「主に感謝せよ。主はまことにいつくしみ深い。その恵みはとこしえまで。」
                                (詩篇136篇1節)


礼拝メッセージはこちらで聞いてくださいネ。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へf0136828_11141834.gif

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-06-14 20:38 | 教会行事・集会 | Comments(1)

天・地・人

NHK大河ドラマではありません。
今日の礼拝メッセージは創世記の一番最初、神様が天と地とを創造されるお話でした。
神様は混沌に秩序をもたらし、闇の中に「光よ、あれ」と、光と闇とを区別されました。そして日一日と地球環境を整えていかれ、最後に私たち人間をお造りになりました。

私たちが物理的にも霊的にも秩序正しい世界に生きるように、規則正しく、秩序立った壮大な全宇宙をもあらかじめ準備されました。余りのスケールの大きさに言葉を失ってしまいそうになります。

今年はダーウィン生誕200周年ですが、彼をはじめガリレオやニュートン、アインシュタインなど偉大な科学者は神様を否定するために自然科学を追及した訳ではありません。むしろその偉業や発見によって彼らはそれまでに増して神の創造の業を褒め称えているのです。

小・中学校時代をイギリスで育った友人がいます。彼によると、当時公立学校に「スクリプチャー」という聖書を学ぶ時間があり、また理科の時間には「創造論」と「進化論」が並列に教えられていたそうです。ダーウィンの生まれたイギリスでは、進化論はあくまで1つの仮説として科学的に正しく伝えられているそうです。「どちらを信じるかはあなた方の自由です。しかしどちらを信じるかによってあなた方の人生は違ったものになります」と先生は総括するとのことでした。

現在の日本ではそれら偉大な科学者の功績は専ら神の存在を否定するために用いられ、教えられているようです。こと歴史や宗教、天皇家など霊的なことに関してはこの国は、古墳の考古学的研究さえ許さず、国民に真実を伝えようとしない国ではありますが、そこには何か大きな霊的な闇の力を感じずにはいられません。

「光が闇の中から輝き出よ」と言われた神は、私たちの心を照らし、キリストの御顔にある神の栄光を知る知識を輝かせて下さったのです。 (Ⅱコリント4:6)

礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へf0136828_11141834.gif

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-06-07 18:18 | 教会行事・集会 | Comments(0)

シューベルトの招き―宇宿允人(うすきまさと)の世界―

5月29日(金)池袋 東京芸術劇場大ホール
「第180回宇宿允人の世界 シューベルト名曲の夕べ」

未完成の第2楽章が終わったとき、ためらいがちな拍手が起こり、すぐにやんでしまいました。
すべての音の余韻が消え、ようやく指揮者の宇宿先生が指揮棒を下げて終わりを告げると、会場は割れんばかりの拍手に包まれました。

休息の後は、あの長い長い交響曲第8番「グレイト」でした。
ホルンの吹鳴が新しい世界の始まりを告げます。第1楽章です。
あふれる希望と喜びが躍動します。このままいつまでも浸りきっていたい、長く長くそのまま続いてほしい、と思っていても、壮大な終わりとなります。できれば、ここで拍手してそのまま帰りたい、と思いました。
そして、第2楽章。低弦に導かれてオーボエが歌い始めたとき、その背後の世界が目の前に広がってきました。華やかな喜びは仮の姿、暗い深淵が潜んでいました。よく知っている曲です。何度でも聞いている曲です。それでも、「見てごらん、これが世界の本当の姿なのだよ。」というシューベルトのささやきが初めてのように耳元に聞こえてきます。
第3楽章。体が思わず動きだす躍動感、素朴なステップに身をゆだねていると、やがて、木管楽器が静かに語りかけてきました。可憐な花のように見えた世界が暗転し、また別の希望へいざなわれ、また暗闇がやってきます。
繰り返される全楽器群の強奏、再び素朴なステップ、可憐な花に見え隠れする背後の世界。
第4楽章。それでも、前に進んでいくしかありません。世界がどれだけ絶望と苦しみに満ちていても、私たちには、頂いた命があります。
もう一度、心に刻みましょう。私たちは生かされています。

言葉の尽きるところに音楽が始まります。
私たちは、この日、この時、この場で、この体験を共有できた喜びを胸に、家路につきました。

「そればかりではなく、患難さえも喜んでいます。それは患難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。」(「ローマ人への手紙」第5章3、4節)


宇宿允人の世界は、指揮者宇宿允人先生が、公的な支援など一切受けずに運営されてきています。年に数回の演奏会の都度、自らの音楽に共感する奏者を集め、3日ばかりの猛烈な特訓で鍛え上げるのです。事務局や裏方は、奏者とボランティアだけで運営されています。

次回は9月12日14時半より東京芸術劇場にて
「ドボルザーク チェコへの郷愁」(交響曲第9番「新世界より」など)

宇宿允人の世界ホームページ




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へf0136828_11141834.gif



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-06-06 16:25 | 音楽 | Comments(0)

合計特殊出生率 1.37

○  ○  ○  ○      左のもの、先日小学校の運動会で見かけました。
 \  /    \  /      組体操の陣形ではありません。
  ○    ○        騎馬戦の陣形でもありません。
    \   /   
    ○         午前の競技が終了し、お弁当の時間。ふと、周りを見回
             すと何組もこのような家族がいたのです。中国でsix pocketsと揶揄された家族の形。私が見かけたこれらの家族が全て一人っ子同士から生まれた一人っ子ではないと思いますが・・・。
 6人の大人の視線が時折、いっせいに子どもを見つめます。

 一人っ子が悪いというつもりは毛頭ありません。様々な理由でお子さんに恵まれず悩んでおられるご夫婦が少なからずおられることも身近にみています。

 晩婚化、格差社会、子育て費用の高騰、子どもに対する予算配分の少なさ等々、これが原因だと指差されることは数多くあれど、背後に隠された日本人の結婚観や子ども観がマスコミなどで語られることはあまりありません。子どもは親のもの、家のもの。心の奥底で、子どもの育ち方も、あるいは子どもが存在すること自体も親たちが自由にできるものという意識がひそんでいるのではないでしょうか。

 聖書はこういいます。
 「見よ。子どもたちは主の賜物。胎の実は報酬である。」(詩篇127:3)  
いのちは神様が創られるもの。親はそれを預かり育てる特権をいただいているのです。
                                    (GC)2


★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へf0136828_11141834.gif



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-06-05 20:29 | 子育て・家庭 | Comments(1)

アサガオの種

f0136828_9302119.jpg

これ、なんでしょう?




アサガオの種ですょ。

地面に植える前にお皿の上で発芽させました。

あら、種がふやけてきたわ…と思うと、数時間後には芽が出てきて、
あっという間に葉っぱも顔を出してきます。

一日のうちに種が大きく変化していくさまには驚きました。

これがやがて花を咲かせるんです。
毎日、毎日、次々と。
赤、青、紫、いろいろな色を。

花を咲かせて、実になって、また来年新しい花を咲かせる種となる。

誰が、こんなものすごい「種」をつくることができるでしょう056.gif

ちゃっちゃい黒い粒を見ながら感慨にふけるのでした012.gif


神が、「地は植物、種を生じる草、種類にしたがって、
その中に種のある実を結ぶ果樹を地の上に芽生えさせよ。」と仰せられると、
そのようになった。                  創世記1章11節






★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へf0136828_11141834.gif



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-06-04 09:39 | あれやこれや | Comments(0)