花の招き

梅雨の楽しみは、紫陽花の花です。
昨日も、散歩の途中、赤青紫に咲いた姿を見ました。
以前は、この時期になると必ず、息子と一緒に京王線沿線の高幡不動の見事なアジサイを見に行きました。
ご近所でも、よく見かけて、まだ小さかった息子が「アジサイ!」と叫ぶと、その家の方がニコニコとほほ笑んでくれました。
梅雨を見ると、あの可憐な花が、さまざまな色の着物をまとって咲くさまを思います。
ひたむきに咲く姿が、慰め、喜びをもたらしてくれます。
やがて、色褪せて、枯れていく時にも、「また来年ね。待っていてね。」と語りかけてくれます。

花のついでに、時期外れですが桜の花。
息子がもっと小さかったころです。
桜のシーズンに、毎週休みの都度に、桜の花を求めて、少しずつ山のほうへ山のほうへとでかけました。
そしてとうとう、八王子の奥で、満開の桜に出会うことができました。
息子は言葉が遅く、まだしゃべることもできませんでした。
一杯機嫌のおじさんたちに「お父さんと一緒の写真をとってあげよう。」といわれて、写真を撮ってもらいました。
息子が一言もしゃべらないので、「おとなしいね。でもおとなしいほうがいいよ。」と言われました。
山の斜面一面の満開の桜は、むせかえるように咲き誇っていました。

息子がしゃべりだしたのは、それからほどなくのことでした。

「野の百合は如何にして育つかを思へ。労せず、紡むがざるざり。されど我なんぢらに次ぐ、栄華を極めたるソロモンだに、その服装(よそおい)この花の一つにも及かざりき。
今日ありて明日炉に投げ入らるる野の草をも、神はかく装い給へば、まして汝らをや」

マタイの福音書第6章28~30節より(文語訳)


★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へf0136828_11141834.gif



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-05-31 21:55 | エッセイ

神の宮となる!

こんにちは。

今日は教会の暦で「ペンテコステ」といわれる日です。
教会が誕生した記念の日です。
この日、神を信じる人々に聖霊がくだりました。
聖霊というのは「油」とも表現されることがあります。
人間が生きていくために必要な油がキリストを信じる者に注がれた日、それがペンテコステであり、教会の誕生日です。

神は、どこに存在すると思いますか?
宗教的な建物の中でしょうか?
道端の石のなかでしょうか?
植物のなかでしょうか?
刻んだ像のなかでしょうか?

聖書は、神を信じる者のなかに住む、といっています。

礼拝の聖書のお話は「生ける神の宮」でした。

生ける神の宮には、日々新鮮な水があふれ流れています。

水切れでカラカラになっていませんか。
神様はあなたにも人を活かす水を、注ぎたいと思っています016.gif


「この川が流れて行く所はどこででも、そこに群がるあらゆる生物は生き、非常に多くの魚がいるようになる。
この水がはいると、そこの水が良くなるからである。
この川がはいる所では、すべてのものが生きる。」エゼキエル書47:9




礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へf0136828_11141834.gif

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-05-31 21:36 | 教会行事・集会

ちょっとBASE BALL

上原投手が活躍している。オリオールズの資金面で。
高いスタープレーヤーの半額で上原を獲得。先発ピッチャーの柱に据えた。さらに、彼の野球に対する姿勢を模範として、若手選手の育成に力を入れ安価で強いチームを目指している。
こんなこと、1999年に誰が想像しただろう……?



右は、4月29日のスポーツ交流会の写真です。f0136828_6234172.jpg
次回のスポーツ交流会は、11月23日です。
setsu★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へf0136828_11141834.gif



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-05-26 06:24

真の礼拝

f0136828_22182677.jpg

こんにちは001.gif
今日の礼拝の聖書のお話は、
信仰生活の刷新シリーズ9 「祝福への道」でした。


今、「礼拝」ということばを出しましたが、礼拝って何でしょう?
「インターネット礼拝」に参加してらっしゃる方もあるかと思いますが、「礼拝」って何でしょうか?

旧約聖書に記されている礼拝と、新約聖書のいう礼拝は、ちょっと違います。

旧約というのは古い約束のこと。
新約というのは新しい約束のこと。

旧約聖書には、新約聖書で成就される新しい約束、新しい真の礼拝の「ひながた」が記されています。

礼拝は、単なる儀式ではなく、義務感や恐怖心からするものではなく、
他者に見せつけるためにするものでもありません。

礼拝とは何か―そのことを、イエス・キリストは命をかけて私たちに教えてくださいました。

「そういうわけですから、兄弟たち。
私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。
あなた方のからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。
それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。」
                                 ローマ人への手紙12章1節



礼拝メッセージはこちらで聞いてくださいネ。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝



礼拝というのは日曜日の1時間半だけのものじゃない。
礼拝というのはパフォーマンスじゃない。

お話を聞きながら、あれこれ悔い改めねば…ということを思いうかべました007.gif

礼拝者としての歩みが祝福への道につながるのだな、と教えられつつ、
今週もすすんでまいりましょう006.gif

私の周りでは風邪もはやっていますが、皆さんお体大事にしてくださいね。


★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へf0136828_11141834.gif

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送042.gif
[PR]
by covenanty | 2009-05-24 22:46 | 教会行事・集会

 ヨナタンは、自分と同じほどにダビデを愛したので、ダビデと契約を結んだ。
(Iサムエル18:3)


 2002年秋某日3時過ぎ。小さい二人の娘を連れ、長男の迎えに小学校の前の歩道を歩いていた私に、1人の少年が一直線に近づいてきた.

  “Mrs. S. Whatever may happen, I am on R’s side. I know he was right.”(何があっても僕はRの味方だから。Rが正しいんだから)。018.gif
 真剣に私の目を見つめてそれだけ言うと、少年は父の待つ車へ向って走っていってしまった。面食らった私は、ともかく長男を連れて教室へ戻り、今起きた出来事を担任に告げた。早速調査してくれた学校によれば、休み時間に校庭でいさかいがあったらしい。翌日には、スクールカウンセラーが、相手の学年のクラスを一つ一つ回ってトラブルの原因となった差別感情について話し合う時間を持ったと報告があった。

 前日、わたしに話しかけてくれた少年は、クラスのお母さんたちからもa boy of justice, loyal to friendship 正義感の強い友情に篤い子と言われている。049.gif
 
毎日のように、夕食前、電話をしては、「今、何してる?」 「宿題・・・そっちは?」「宿題・・」と同じ会話をして息子と笑いあっていた。003.gif
そして、わたしたち家族の帰国前、最後の登校日、長男に”See you tomorrow,……or someday.”と言い残して走り去っていった。007.gif
 

 少年の名前はジョナサンJonathan。旧約聖書のヨナタンの英語読みである。地元のバプテスト教会の敬虔な信徒であったご両親が選ばれたその名前のとおり、明るく、多くの人に好かれ、友に対して誠実なお子さんだった。きっと今頃、頼もしいハイスクーラーになっていることだろう。

  今も、旧約聖書第1サムエル記の後半を読むと、あの日、真っ直ぐに見つめられたハシバミ色の瞳を必ず思い出す。
         
                              (GC)2





★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へf0136828_11141834.gif



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-05-20 14:40 | エッセイ

防衛大学校の卒業式、岬美由紀(首席卒業!)は、列席する総理大臣はじめ高官たちを見て、次のように思います。
「国家の頂点に位置する権力者たち、戦争を起こすも回避するも彼ら次第。(中略)彼らは私たち卒業生になにを望んでいるのだろう。彼らの目には、わたしたちがひとり一人の人間と映っているのだろうか。それとも戦争で命を散らせるのを厭わない盤上の駒と見ているのだろうか。もし、戦争が起きたとき、この卒業式で目にしたわたしたちの記憶を彼らが蘇らせることはあるのだろうか。誰もが崇高な理想と使命のために己を鍛えてきた、その苦しみの日々のあったことを理解してくれるのだろうか。」(松岡圭祐「ヘーメラーの千里眼」より)。
この小説は、一人の女の子の成長の物語です。恋をし、挫折を乗り越え、「伝説の人」と呼ばれるようになったヒロインが、国際麻薬組織を壊滅して、あらたな伝説を作ります。

国家の第一の役割は、国民の安全を守ることです。
私たちは、その職務に邁進する人々への敬意と感謝を忘れてはならないと思います。自衛隊、警察、消防、など安全に命をかける人々がいることを心に刻んでおきましょう。
自衛隊を描いた小説の一例を末尾に掲げました。お読みになった方、ご感想を寄せていただければ幸いです。

総選挙で政党を選ぶときに、防衛政策を見るのが端的な答えになると思います。
某政党の前代表は「国連決議があれば憲法の制約なく自衛隊を海外に派遣できる」と言い放ち、また「在日米軍は海軍さえあればよい」とのたまっていました。
昨日選ばれた新代表は、この前代表の在日米軍発言に関して、北朝鮮のミサイル問題の質問を受けて「まあ、レーザーとかあるし・・」と意味不明の発言をしていました。
政治と金の問題は、前代表の汚点の一つに過ぎません。この政党は、政権を担う責任感も見識も欠いた人を代表に担ぎあげ、ただ選挙に勝つためだけに政策をもてあそんできた、というのは言いすぎでしょうか。

(参考)自衛隊を描いた小説
「千里眼シリーズ」松岡圭祐
「亡国のイージス」「Twelve Y.O」福井晴敏
「光はるかに」三浦朱門;日経新聞連載小説。防衛大学校の教育なども
「歩兵の本領」浅田次郎
「草のつるぎ」野呂邦暢(くにのぶ);芥川賞受賞作

★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へf0136828_11141834.gif



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-05-17 21:47 | 本・映画・ドラマ

鬱(うつ)に打つ勝つ力

今日の礼拝のメッセージは「鬱(うつ)に打つ勝つ力」でした。

エリヤという預言者(神様の言葉を預かり、民に知らせる人)がいました。

イスラエルの人々がイエス様のことを「エリヤが現れたのだ」と言ったほど有名な預言者でした。

聖書には、そのエリヤが鬱(うつ)的な状態になったと書かれています。

エリヤは疲れきっていました。そんな時、彼を失望させることが起こりました。彼は肉体的にも精

神的にも限界を超えてしまい、死にたいと思うほど落ち込みました。

神様に「主よ。もう十分です。私のいのちを取ってください。」(列王記第一19章4節)と言いました。

神様は、そんなエリヤの話に耳をかたむけてくださり、気持ちを理解してくださいました。

そして、力を与えてくださいました。

神様は、私たちの話にも耳をかたむけてくださり、気持ちを理解してくださいます。

「あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださる

からです。」(ペテロの手紙第一5章7節)


礼拝メッセージはこちらで聞いてくださいネ。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へf0136828_11141834.gif

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-05-17 20:27 | 教会行事・集会

今、ブログの中で、インフレのことについて、話題になっているので、
その関連で、私の疑問をぶつけてみたい。
インフレとは、物の価格の持続的な上昇(貨幣価値の低下)と
定義できると思うが、そもそも、国家が物の価格を長期的にコントロール
できるのか私にはわからない面がある。

例えば、90年代のバブルとその崩壊を考えてみたい。バブルの原因は、
80年代後半の円高政策によるところが大きいらしい。すなわち円高になった
ために、たくさんの資金が日本に流れ込み、(マネーサプライが増加したと
考えられる)そこで資金がだぶつき、余った資金が、土地や株に流れ込んだ。
そしてある意味でのインフレを引き起こしたのである。そして、資産価格が
上がり続け、多くの人がこのまま、資産が上がり続けるのではないかという
錯覚に陥ったのである。

しかし、マネーサプライの増加は長期的な資産価格の上昇、つまり長期的な
インフレにはつながらなかった。バブルが崩壊したからである。その原因は
よくわからないが、一つ言えることは、土地や株のような資産もファンダメンタルが
存在し、そのファンダメンタルから資産価格が余りにもかけ離れると、資産価格の
下落を引き起こし、資産価格は長期的にはファンダメンタルの価値と同じような
所に収斂されるということである。

このバブルの経験からわかることは、マネーサプライを増やしても、短期的には
物価を引き上げることができるが、長期的には物価は経済のファンダメンタルに
基づいて決定されると考えることもできるのではないかと思うのである。

例えば今、日銀が紙幣を刷って、マネーサプライを増やしても、だぶついた資金は、
金利の高い海外の金融資産へと流れていくかもしれない。あるいは、土地や
株に流れ込んで、再び資産バブルを引き起こすかもしれない。しかし、バブルは
またいつかははじけるということも証明されている。

以上インフレに関する私の考えであるがいかがでしょうか?
(あくまで素人の考えですのであしからず)

結論として、私が思うのは、経済の分野も神が支配しておられ、その御手を力強く
動かしておられるのだということである。莫大な借金をかかえる日本は今、
まことの神に立ち返るべきである。

                                BY ダン吉

★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へf0136828_11141834.gif



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-05-15 21:49

祝福されるお母さん

昨日は、母の日礼拝でした。

祝福されるお母さんとはどんなお母さんでしょう?

イエス様の母、マリヤからその特質を学びました。

その中に楽天主義というものがありました。

人間、生まれつき楽天的な人もいますが、悲観的な人もいます。

私はどちらかというと悲観的な方なので、楽天的になりたいと

思うことがしばしばです。

楽天主義を聖書から学ぶ必要がありそうです。

いずれにせよ、現代は子育てにとてもストレスがかかる時代。

一人でも多くのお母様が、キリストにある平安をもって、

子育てを楽しまれるようにと願います。

詳しいメッセージの内容は、インターネット礼拝でどうぞ。

BY ダン吉
★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へf0136828_11141834.gif



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-05-10 21:54

小学校からの英語教育の是非はずいぶん議論されましたが、皆さんはどうお考えでしょうか。日本人は英語がしゃべれない、早期の学校教育で鍛えるべきだ、というのはいささか違和感があります。

①必要あれば大きくなってからでも語学は習得できます。日本に来るお相撲さんを見てください。たちまち日本語ぺらぺらになります。気は優しくて力持ちでも、学歴や教養が高い方ではないでしょう。立派なお相撲取りになりたい一心で、どすこい!どすこい!余計な羞恥心もプライドもかなぐり捨てて、日本語を怒涛の勢いでマスターしてしまうのです。

②子供のころの耳の育成は大切です。すなわち、日本語耳を作らないままに、中途半端に英語耳を作ると、日本語の習得に支障をきたしかねないのです。この点、多くの学者が危機感をもって指摘しています。まともな日本語のベースがあって初めて外国語もマスターできると思います。

③早期英語教育といっても、小学校で教える必要はありません。私は、映画好きの父や姉に連れられて、よく洋画を見に行きました。英語の響きを自然に体感していたと思います。字幕の漢字仮名交じりの日本語も一生懸命背伸びして読みました。子供の語学教育(+国語教育)は、そんなものだと思います。小学校の先生に無用のご負担をおかけしなくても、もっと大切なことに注力いただいたらよいと思います。

④中学校以降の英語教育には、改善の余地はいろいろあるでしょう。少なくとも、英語の先生には、ネイティブとコミュニケーションできる程度の実力は身につけていただきたいと思います。

⑤英語を学ぶ方法はいくらでもあります。最近ではオバマ大統領演説集のCDでしょう。聞いているだけで胸が熱くなります。言葉は人を動かします。
(言いたくないのですが、我が国の政治家の中で、まともに日本語を話せない方が目立つのはなぜでしょう。人の心を動かせなくても、せめて人に不快感を持たせない程度の話し方は身につけていただきたいと思います。)


参考文献 黒川伊保子著「日本語はなぜ美しいのか」「怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか」など。日本語の響きの美しさを見直すきっかけになります。

★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へf0136828_11141834.gif



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-05-09 15:46 | エッセイ