「もし、あなたがたが主にささげ物をささげるときは、だれでも、家畜の中から牛か羊をそのささげ物としてささげなければならない。」(レビ記1:2b)

f0136828_14514813.jpg 先日、セルで「与える」というテーマで学び、少し気になって、図書館で調べてみた。

という字。「字統」「字訓」(平凡社、白川静著)によると、「義は羊と我(鋸の形)とに従う。羊に鋸を加えて截り、犠牲とする意。犠牲の牲体は完全なものであることが要求されたので、神意に適うものをまた『義し(ただし)』とよむ。」とある。紀元100年、後漢の時代に成立した中国最古の漢字字典である「説文解字」に既に掲載されていたらしい。また同字典に、「『牛、完全なるなり』とあり、祭祀に用いる犠牲をいう。牲獣には皮毛筋角の完全なものを選んで用いた。」と記されていた。
 財布を覗いたら、お札しかなかった。だから賽銭はやめて手だけ合わせよう・・などという日本の神社でよく見られる光景とは、はるかかけ離れた世界が漢字の中に展開していた。
 わたしは、与えるとき、捧げるとき、どうしているだろうと反省した。教会で与え捧げるだけではない。例えば、想定外のタイミングで、予想もしなかったことを子どもがしでかした。わたしは予定外の時間を割かねばならない・・・。そんな時、まず、浮かんでくるのは「自分の権利を侵害された」という怒りの感情。なさけないかな。「与える」からは、程遠いのが現実・・・ 漢字に襟を正された。
 ちなみに英語のsacrifice。中辞典サイズ以上の辞書なら、語の成り立ちや語源の解説があるはず。まことにキリスト教的世界が広がっているので、皆様お調べあれ。   
                             (GC)2



★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へf0136828_11141834.gif



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-02-27 15:07 | エッセイ | Comments(1)

調子っぱずれ

家庭礼拝をしようとした時のこと。
「まず賛美しよう♪」とオットがウクレレを出してきたのですが…

音が合わないっ!

あーでもない、こーでもない、やっぱり合わない…なんてやっているうちに
子どもたちが待ちくたびれてオモチャで遊びだし、そのうち取り合い、つかみ合いになったりして…

「もういいよ。ウクレレなしでやろうよ」とワタシはその場をしのごうとし、
「安物を買うからいけないんだ」とオットは苛立ち、
挙句に「やっぱりちゃんとしたギター買わなきゃダメだな」なんて言い出し、
(ほんとはそれが言いたかったんじゃないか)とワタシは疑惑を抱き…015.gif

その時オットが叫んだ。
「調子笛が狂っている!」

なんと! そりゃぁ、いくらやっても音が合わないはず!
まさに調子っぱずれです007.gif
というわけで、その後キーボードでウクレレの弦を合わせて無事に賛美、礼拝できたのでした。

何を基準にするか、何に合わせるか、それは本当に大事ですね006.gif

「この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。 」ローマ人への手紙12章2節

はい、そのとおりです、神様。ウクレレ一本のことで心の平和をなくしかけた愚かなワタシ。
変わることがない神様を基準にして、神様のみこころを自分に反映させていくことができますように。

★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へf0136828_11141834.gif



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-02-25 10:12 | あれやこれや | Comments(1)

自力じゃなくていい

f0136828_13342024.jpg

「わたしは 非力だから…」「しょせん若輩者ですから…」と何かをあきらめているかた、ちょっと待ってください!
「力」の奥義があるんです!それも、弱さの中にある力の奥義です。

弱さを感じるのは、努力をして挫折をした時、前進しようとして壁にぶつかった時…ですよね。
それは、力が自分の中にあること前提の生き方です。
ということは、限界があるということです。

聖書が教える力の奥義はこうです。
「この奥義とは、あなたがたの中におられるキリスト、栄光の望みのことです。」コロサイ人への手紙1章27節

神を信じる人の中にはキリストが住んでおられ、そのキリストこそ「弱さの中の力」、わたしたちの無限の希望なんだ、ということです。

こんな愚かさと過ちと弱さにまみれたわたしの中に神が住んでおられるなんて、もう驚きです!

この奥義を知らないと、「ガンバッテ生キネバ」的な肩のこる生き方、胸の締め付けられるような毎日になってしまうのではないでしょうか。
全能の方にすべてをゆだねて生きていくのです。軽いです。安心です
003.gif

というわけで、今日の礼拝の聖書のお話は、ズバリ「弱さの中の力」でした。


礼拝メッセージはこちらで聞いてくださいネ。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へf0136828_11141834.gif

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-02-22 13:50 | 教会行事・集会 | Comments(0)

日本人が聖書を読むにあたり・・・
イスラエルってどんなところ? しかも何千年も前のイスラエルってどんなところよ?
って思いませんか。

そんな時はやっぱりビジュアルですね。目で見る聖書!

それで買ったのが『おとなと子どものための聖書物語』(フレーベル館)。
絵がきれいなので子どもがぱらぱらめくって楽しんでいます。
大人もつい見入ってしまいます。

もっと詳しいビジュアルな聖書の本ないかな・・・
残念ながら品切れのものが多いようです。
『ビジュアル聖書百科』(いのちのことば社)『パノラマバイブル』(日本聖書協会)も。

そのうちまた良いものが出ることと期待しています012.gif

★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へf0136828_11141834.gif



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-02-17 13:31 | 本・映画・ドラマ | Comments(2)

信仰の祝福

本日のメッセージは、「信仰の祝福」でした。
信仰とは何でしょうか。聖書の中に次のように定義されています。
「信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを
確信させるものです。」(ヘブル11:1)
つまり、信仰とは、目に見えない神を信じ、特にまだ起こっていないが
保証されている神の約束を信じることなのです。もちろん、むやみやたらに
信じることではありません。確固たる事実に基づき、信じるのです。

今日は、その信仰の大先輩、信仰の父と呼ばれているアブラハムについて
聖書から学びました。アブラハムは、自分の生まれ故郷の地を出て神様の
示す地に行くようにと言われました。神から直接選ばれて、命令を受けたのです。
それを聞いたアブラハムは、神の命令に従いました。アブラハムは、神からの
命令を自分の使命と重ね合わせたのです。アブラハムは人の期待ではなく
神の期待に答えるようにと生きていたのです。

そして、神はアブラハムに約束を示されました。それは、とてつもなく大きな祝福の
約束でした。それは、もし、神に従うならば、アブラハムを大いなる国民とし、
アブラハムを祝福するものは祝福され、アブラハムをのろうものはのろわれる
という約束です。それはアブラハムが生きている間にすべて成就する約束では
ありませんでしたが、アブラハムが信じて従うならば確実に成就する神の
約束だったのです。

そして、アブラハムは、その約束を信じて従いました。そして、その約束は
イスラエル民族の誕生という形で成就したのです。

ここに、祝福の方程式があります。すなわち、1.神の言葉を聞く。
2.神の言葉や約束を信じる。 3.その神の言葉に従う。
この三つが満たされた時に神は、必ず祝福を与えて下さるのです。

詳しい内容は、インターネットで確認してください。  ダン吉


★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へf0136828_11141834.gif



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-02-15 22:35 | 教会行事・集会 | Comments(0)

親として子どもに何を残せるか?―そう思ったときいつも心に浮ぶのは
「金銀は私にはない。しかし、私にあるものをあげよう。ナザレのイエス・キリストの名によって歩きなさい」(使徒の働き3章6節)の言葉。
どの道を歩むかは、まさにいのちの問題、死活問題です!
子どもにも、いのちの道を見出し、見失わないでほしいと願います。

「日曜学校に行かせてさえいれば大丈夫、と思っていては駄目」
とは、数年前にある人から聞いた言葉。
はっとしました。うわっ、わたしの人任せな態度はキケンよ…008.gif
ほんと、親自身が、心を尽くし、思いを尽くし、力を尽くし、知性を尽くして子どもに神を信じていく道を教えていく必要があると思います。
このたびシオン会という育児世代グループ内で、このことについて毎月1回集まって祈りましょう!となりました。

みんなで各家庭の重荷を分かち合い、話し合い、祈ったところ浮かび上がってきたのは―

1.礼拝する姿勢を子どもに伝えていこう
2.教会に心地よい居場所をつくっていこう

で思ったのですが、子どもに伝えたいことって、すなわち親自身が問われていることなんじゃないかな。そもそも、子は親の背中を見て育つと言いますし…こりゃ荷が重過ぎるから祈るしかないですね。

みんなで祈った翌日の日曜日、親子で礼拝を捧げた後、午後はこんなことをしました↓
f0136828_9525783.jpg

賛美練習よ、しかも楽器演奏で060.gif
大きい子はウクレレやピアノ、小さい子は打楽器。
皆様の前で神様に賛美を捧げられる日を夢見つつ練習に励んでまいりま~す!

f0136828_9531666.jpg

ゲームもしました。
f0136828_9532577.jpg

大きい子が小さい子に教えてくれました。
どんどん白熱して汗だくのゲームタイム。
すっごい楽しかったです041.gif

親も子も、神様の前に一緒に育っていこうね、という思いを新たにしたのでした016.gif

子どもへの信仰継承についてのアドバイスや実践例、なにかお持ちの方いらしたらぜひ分かち合ってくださいね。

★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へf0136828_11141834.gif



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-02-14 10:24 | 子育て・家庭 | Comments(0)

久しぶりにウエーバーのプロ倫について記事を書きたいと思います。プロ倫を読みながら、
ウエーバーのキリスト教の教派に対する分析力には、あっぱれと思いました。ルター派
カルバン派、そしてメソジストからクエーカー、メノナイトにいたるまで細かく分析して
あります。当時のキリスト教会の状況も想像することができます。

ところで、プロ倫の中では、前回は天職という概念について言及しました。この天職、つまり
世俗的な仕事であっても、それは神から与えられた仕事なのだという認識が、当時の仕事の
仕方に大きな影響を及ぼしたということでした。

今回は、ウエーバーが強調している、キリスト教的禁欲ということについて少し言及したいと
思います。ここで言う禁欲というのは、すべての欲求をがまんするというような、禁欲主義的な
ものではなく、無駄な時間の消費をしないとか、一つの大きな目標にむかって、自分を
律するとかそのような意味で使われています。あたかも、オリンピックの選手が賞を得るために
いろいろなことをがまんし、自分を鍛えるというようなことのようにです。
聖書の中でもパウロは目標に向かって一心に走っていますというような表現を用いています。
パウロの場合はその目標が、キリスト教の宣教であったわけですが、ウエーバーが分析
した人たちは、その目標が、自分の仕事を通して神の栄光をあらわすということだったのです。

資本主義の初期段階のクリスチャンたちは、もちろん資本の蓄積を目標にして
いたわけではありません。しかし、結果として、そのように一生懸命仕事をし、かつ禁欲的
ですから、無駄遣いをしないので、資本が蓄積されてしまい、はからずも、近代資本主義を
生み出してしまったとこういうわけであります。

つまり、資本主義を作り出したメカニズムの根底には、プロテスタンティズムに基づく、深い
倫理意識が存在していたのです。ウエーバーは、「単なる貨幣の操作からは、健常な資本
主義を作り出す精神は生まれてこない」と言ったと言われています。現代は、まさに
資本主義がマネーゲーム化し、ウエーバーの言う単なる貨幣の操作となってしまっている
感があると思います。現代においてもしっかりとした倫理観が必要です。

BY ダン吉

★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へf0136828_11141834.gif



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-02-11 22:26 | 政治・経済・社会 | Comments(6)

幸せの保証人

保証人をさがしているかた、いらっしゃいますか?
お金の保証人じゃないですよ。
幸せの保証人です。
それは恋人でしょうか?配偶者でしょうか?友人でしょうか?子どもでしょうか?

詩篇119篇に悩める詩人が登場します。
「私はひどく悩んでおります」「苦難と窮乏とが私に襲いかかっています」
彼は苦しみの叫び声をあげます。

しかし同時に彼は知っていました。
「あなたが真実をもって私を悩まされたことを」
あなたって誰でしょう?
神様のことです。
神様が人間を悩ませるだって?そんな神なら信じたくない、そう思われるでしょうか。

しかし彼はまた、このことも知っていました。
「苦しみに会う前には、私はあやまちを犯しました。しかし今は、あなたのことばを守ります」
そして今こそ神の言葉の真価を味わう時だということを。
「私はひどく悩んでいます。主よ。みことばのとおりに私を生かしてください」

詩人は苦しみにあったことによって、それまでにないほど神様とのコミュニケーションを深めました。そして神様が約束して下さっている希望と慰めの言葉を思い返し、深く深く味わうのです。


誰でも、人生で一度くらいは悩める詩人になりませんか?
わたしも、何度か叫ぶ詩人になった経験あります!
「苦しみによって人生の大事なおきてを学べる」っていうけど、何も学べなくていいから早く楽にしてくれーーーっっ!!!て・・・

でも神様の心は違うのですね。

あなたやわたしやら、魂の詩人を神は捜し求めています。
詩篇の詩人はそのことを知っていました。
「私は、滅びる羊のように、迷い出ました。どうかあなたのしもべを捜し求めてください」

捜しているんだから、隠れちゃダメってことょ006.gif

「じっくり話をしようよ、わたしがあなたにどれほど希望のある計画を用意しているか話をしよう。顔を天に向けてあげてごらん、私は未来も知っているんだよ。それはあなたが想像している未来とは違うかもしれない、たしかにあなたの未来は想像以上にすばらしいのだよ053.gif」と語りかけて下さる気が・・・しませんか043.gif

信じる者の希望を砕くことのない神様、わたしも悩める詩人と一緒に告白します。
「あなたのしもべの幸いの保証人となってください!」


★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へf0136828_11141834.gif



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-02-10 16:36 | 聖書の話 | Comments(0)

受けるよりも与えること

受けるよりも与えること

    少し前の話になるが、私が通っている教会では今年一年神様が教会にまた一人一人に与えてくださったビジョンに皆で集まり、心一つにして祈る集会が開かれる。
    ある日私は、一人のまだクリスチャンでない女性に何気なく聞いてみた。「○○ちゃんの今年一年のビジョンってなあに」 彼女は「人に優しくなれること」と真剣に言った。 どういうことなのか理解しているかどうかは、わからないけれども、彼女は彼女なりにそう感じ、そう決心したのだろう。
    私は違う答えを考えていた。彼女はわが教会にある作業所で働いている社員だから、もっと沢山お菓子を作れるようにとか、頑張るとか・・・。

    「人に優しくなれること」 誰でも人は皆そうなりたいと願うし、また優しさを求めるだろう。
でも、真剣に言う彼女に私は教えられた。 翻ってわたしはどうだろう、言葉は少なくても心より添う思いがあるだろうか。 私は、与えたいと思っているのに、その何倍も彼女達、彼らから与えられている。受けている。 そしてイエス様は考えられない最大級の愛を与えてくださった。 
    毎日毎日、十字架に自分を打ち付けて遅々とした歩みだけれども一歩一歩踏み出していきたい。

    「神は、実に、そのひとり子をお与えになるほどに、この世を愛された、それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」 ヨハネ3:16 

                                        byたぬき

★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へf0136828_11141834.gif



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-02-09 17:52 | あれやこれや | Comments(0)

初めに神が…

今日の礼拝のメッセージは「初めに神が」でした。

「初めに、神が天と地を創造した。」「神は人をご自分のかたちとして創造された。」
                                 (創世記1章1節、27節)


私たちが信じている神様(キリスト教の神様)は天と地を造り、人間を造った神様です。

神様が、この世のすべてのものを造られました。

私たちが何かを作る時には、それぞれ目的をもって作ります。

まして神様は、私たち1人1人を、なんとなく造ったわけではありません。

意味と目的をもって造られました。

私達は、みんな神様の前に特別な存在であることを感謝し、喜びつつ生きていきたいと思います。

礼拝メッセージはこちらで聞いてくださいネ。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へf0136828_11141834.gif

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-02-08 20:16 | Comments(0)