福士加代子

「これが個人のレースだったら、とっくにやめていますよね。」
「そうですね。襷をつなぐ駅伝だから、こうして、ふらふらになりながらも歩を進めているんですよね。」
駅伝中継でよくアナウンサーと解説者がこう話している。しかし、個人のレースなのにやめなかったランナーがいる。08大阪国際マラソンでの福士加代子である。彼女にとってマラソンデビュー戦。快調に飛ばし、後続に一時は600Mも差をつけた。しかし、30K過ぎで失速。途中で脱水症状を起こし、足は痙攣していた。競技場に入ってトラックで4回もころんだ。しかし、笑顔に見えた。そして、やめなかった。ゴールまで。
箱根駅伝の5区で、やはり同じように脱水症状で転倒して棄権した順大の小野選手の、監督に抱きかかえられて車に乗る姿は、それはそれで絵になっていた。
また、5000M、10000Mのスピードランナーのマラソンデビューといえば、最近では、大島健太選手も、瀬戸智弘選手も、35K付近でのリタイヤである。
だから!! さすが、福士選手!!彼女が日本人のスポーツ選手であることがうれしい!

さまざまな試練に会うときは、
         それをこの上もない喜びと思いなさい。ヤコブ1:2
                         
f0136828_23391591.jpg
                     
これからの福士選手が楽しみである。
                                 setsu

f0136828_19144833.gif1クリックの応援お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ新しい生き方を目指して1クリックを


東京カベナント教会

携帯版ホームページ


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2008-01-31 23:43

今はまっているもの―

f0136828_1031364.jpg


ずばり、 アニメ 「ドカベン」 です!

長男と一緒に東京MXテレビの再放送に夢中になっています。

1972年から連載されたこの漫画、男の子のものだと決めつけて、
本で読んだこともテレビで見たこともありませんでした。
再放送されると聞いたときにもさして興味はなかったのですが
いつしか野球に燃える青春群像に魅せられてしまいました。

なんといっても驚くことは―

主人公・山田太郎の

 「本当に中学生なのか?!」  

という大人っぷり。

当時の中学生は、態度や言葉、外見などにおいて
今の中学生よりも大人だったのでしょうか?
単に漫画の設定だったから、といってしまえばそれまでですが、
他の中学生たちも全般的に大人っぽく感じます。

現代社会では「30歳成人説」まで飛び出すほど
大人の幼さが取りざたされることもありますが、
そういえば、明治維新の志士たちも、20代、30代という若さで
大きな働きを成したのでした。

吉田松陰が松下村塾の指導者となったのは26歳。
その弟子、高杉晋作が奇兵隊をつくったのは24歳。
薩長同盟の成立に画策したときの坂本竜馬は31歳でした。

時代が人を成熟させる面もあるのでしょう。
それにしても、いたずらに年ばかり重ねている感のあるわが身…008.gif
中学生・山田太郎の「♪気は優しくて力持ち」が心にさわやかに響きます。

聖書のこの言葉を思い出しました。

「年が若いからといって、だれにも軽く見られないようにしなさい。
 かえって、ことばにも、態度にも、愛にも、信仰にも、純潔にも
 信者の模範になりなさい」   テモテの手紙第一4章12節
                       
by 小石

f0136828_19144833.gif1クリックの応援お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ新しい生き方を目指して1クリックを


東京カベナント教会

携帯版ホームページ


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2008-01-31 10:30 | 本・映画・ドラマ

おもちつき大会

1月26日土曜日、ファミリーアワーで
新春おもちつき大会をしました001.gif

ファミリーアワーというのは教会の子育てサークルです。

f0136828_11164490.jpg

みんな自分の順番が来るのを楽しみに待って、
一生懸命おもちをつきました。

あまりにも入念につきすぎて066.gif
おもちが乾いて固くなっていきそうになりましたが(?!)
おいしくつきあがりましたょ。

f0136828_1116492.jpg

あんころもち、きなこもち、いそべ。
おいしく出来ました。

f0136828_11165630.jpg

おわったっ後に、みんな率先して
(これまた熱くなってほうきを奪い合う勢いで)
掃除をしていました。

お父さん、お母さん、お子たち、お疲れ様でした。
楽しかったですね♪

来月のファミリーアワーは2月16日(土)2時半から、
 「先輩お母さんの話を聞こう!」 
です。
お楽しみに!                    by 小石

f0136828_19144833.gif1クリックの応援お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ新しい生き方を目指して1クリックを


東京カベナント教会

携帯版ホームページ


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2008-01-29 11:28 | 子育て・家庭

f0136828_2040336.jpg

先週の礼拝では心の“味覚”が取り上げられました。

今週の礼拝テーマは心の“視覚”です。

あなたの心の目は何を見ているでしょうか?


「これらを備えていない者は、近視眼であって、
 目が見えないものであって、
 自分の以前の罪がきよめられたことを忘れてしまったのです。」
                      ペテロの第二の手紙1章9節



世界は、この目で見ていることがすべてではない、と聖書は語ります。
この目を閉じ、心静まって神の前に出るとき、
あなたの目には何が映るでしょうか。

心の目で見るべきものについて、詳しくは
インターネット礼拝
ポッドキャスト(礼拝メッセージの音声ブログ)
 でどうぞ 060.gif

                                  by 小石

f0136828_19144833.gif1クリックの応援お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ新しい生き方を目指して1クリックを


東京カベナント教会

携帯版ホームページ


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2008-01-27 21:00 | 教会行事・集会

社会起業家という人たち


 私が最近はまっているのは、社会起業家という人たちのブログを見ることである。社会起業家というのは、主にNPOなどの団体や会社を設立して、ビジネスを行ないながらも、社会に貢献していく集団を導いている人たちのことである。彼らの貢献している分野は、マーケットでも、政府でも解決できない部分、つまり第三分野と呼ぶべきだろうか、そのような所である。具体的には、環境や、福祉、国際問題などである。それらの問題にある一定の処方箋を提示できるのが、社会起業家の人たちではないかと私は思うようになっている。前にもブログで書いたが、今、日本の政府は巨額の財政赤字を背負っており、社会問題の細かいところまで行う余裕がない。そのような時代に活躍するのが社会起業家なのだと思う。
 例えば、ある社会起業家は、会社を立ち上げ、その会社で、障害者を雇っている。また、福祉の分野で、行政が手の届かない部分を補っている事業を展開している社会起業家もいる。環境問題に取り組んでいる人もいる。もともと経済学の教科書では、個人というのは、自分の利益を最大化するように行動すると仮定されており、社会起業家のような行動は経済学的には、合理的行動ではない。しかし、人間というものはもっと深い存在で、他人を思いやる気持ちや、社会に貢献する気持ちというものも存在する。したがってこのような社会起業家を目指す人が増えているのだと思う。
 ひるがえって教会はどうであろうか。私の考えでは教会こそが社会貢献の先頭にたって、様々な分野にチャレンジしていく立場にあると思えてならない。イエスキリストは、「あなたがたは世の光、地の塩である」と教えている。世の光、地の塩として、クリスチャンは社会の問題に対しても、積極的に関わっていくことが必要なのではないかと思う。そのような中で、東京カベナント教会は、福祉的活動を30年以上続けてきている。この活動がさらに社会問題に対する関わりを増やしていって、キリストの光となり、塩となっていきたいと思うし、そのような教会でありつづけてほしいと思う。教会の目的の一つは、世の光として、この世の中で輝いていくことだからである。
BY ダン吉

f0136828_19144833.gif1クリックの応援お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ新しい生き方を目指して1クリックを


東京カベナント教会

携帯版ホームページ


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝 過去分 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2008-01-27 12:54 | 政治・経済・社会

男性保育士の子育て論①

 今は子育ての情報がありふれていて、子育てに迷う時代であるように思う。子育てをしていく上での大変な点は、核家族化している家庭に子供ができても、その子供を育てていくだけの家庭力というか保育力というものが低下していることである。このような教育環境の中で、日々子育てをしていくわけであるが、今の子育てに一番欠けているのが親の権威と親の教育に対する責任感だと思う。親は子供を従わせるだけの権威をもたなければならない。これは口で言うのは簡単だが、いざやるとなると難しい。
また、特に男性的に言うならば、父親の権威が失墜している家が多いのではないかと思う。私も耳が痛いが、父親に一本筋が通っていないと、やはり家庭はしっかりしないと思う。さらに、現在は先生の権威も失墜している。教師が子供の言うことを聞かせることができなくなってきている。今こそ権威のある幼稚園教師がたくさん起こされてくることが必要かと思う。
 そのような中で、子供たちは、わがままが切られないうちに、小学校や中学校にあがっていってしまう。それで社会に出て、通用しない人間をたくさん輩出していってしまうようだ。ニートの原因もそのような所から来ているのかもしれない。社会で適応できる人格を育てていくために、小羊園では少し厳しいと思われるくらいわがままは許さず、しつけていく。聖書も子供を厳しくしつけることを肯定している。「命令はともしびであり、教えは光であり、訓戒のための叱責はいのちの道であるからだ。」旧約聖書箴言6章23節   現在の私達にとってはちょっと厳しいかな、くらいの感覚の方が良いのではないかと思う。そこで一つ注意しなければならない問題は虐待の問題だ。厳しくするのと虐待するのとはもちろん全然違う。しかし、私自身も含めて、現代の子育ては虐待のリスクをかかえている社会になってきていると思う。家庭という密室で虐待されている子供たちは、年々増えている。虐待を防ぐには、私たち親達が常に心に余裕を持っていないといけないと思う。以上のような認識が現代の子育てでは必要ではないかと思う。

BY ダン吉

f0136828_19144833.gif1クリックの応援お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ新しい生き方を目指して1クリックを


東京カベナント教会

携帯版ホームページ


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝 過去分 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2008-01-25 17:18 | 子育て・家庭

f0136828_17333293.jpg

本日の礼拝のお話は詩篇34篇8節から。

「主のすばらしさを味わい、これを見つめよ。」


人間の舌には味を感じ分ける味蕾(みらい)という細胞が
約1万個あり、2週間ごとに新しくなるそうです。
甘、酸、苦、塩―をそれぞれ舌上の決まった位置にある細胞が
ききわけるといいます。

皆さんの大好物はなんですか?

今、食べてみたい物はありますか?


食べ物は、どんなに「おいしい!」と噂に聞いても、
実際に口にしてみなければ味わうことはできません。
神さまのすばらしさもこれと同じだ、と聖書は語っています。


さてさて、今日の礼拝では
バンドの演奏でたくさんの賛美を歌いました♪
会衆の一人として賛美の歌をうたいながら、
地が揺るがされるような感動が、礼拝堂に満ちてくるように感じました。

これも神さまのすばらしさを味わうことの一つかな、と思いました。

神さまが造られた自然にふれることによって、
聖書を読むことによって、
お祈りをすることによって、
賛美の歌をうたうことによって、
礼拝に参加することによって、
それぞれに「神のすばらしさ」を味わうことができるのではないでしょうか。

よかったらインターネット礼拝ポッドキャスト
神さまを味わってくださいね♪
教会へのご来場も気軽にどうぞ(^o^)/welcome!    by 小石

f0136828_19144833.gif1クリックの応援お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ新しい生き方を目指して1クリックを


東京カベナント教会

携帯版ホームページ


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝 過去分 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2008-01-20 18:04 | 教会行事・集会

藤沢周平三昧

f0136828_9163713.jpgこの年末年始は藤沢周平漬けでした。
子どもたちを寝かしつけてから
『風の果て』『蝉しぐれ』『一茶』
『秘太刀馬の骨』『暗殺の年輪』
『喜多川歌麿女絵草子』
と、あびるように読みました。

『風の果て』は年末にNHKで連続ドラマとして放映されましたね。
残念ながらゆっくり見られませんでした。

『蝉しぐれ』は数年前に映画になって、観に行きました。
市川染五郎さんと木村佳乃さんが清廉な世界を演じていました。

年始には映画『武士の一分』がテレビで放映されました。
主演の木村拓哉さんの方言のせりふが朴訥としてよかったです。

無敵のヒーローが格好よく活躍する痛快剣劇もいいのですが、
藤沢周平が描く、どこにでもいそうな、身分の高からぬ侍の世界が好きです。

貧しさにあえぎながら―
身分の壁にぶつかりながら―
政争の巻き添えになりながら―
ささやかな幸せを、胸に抱く志を、大切なものを守るため、
時には人に馬鹿にされ、自分の限界に悩み、事が思い通りに運ばなくても
必死に生きていく人間の姿が描かれています。

読後、心の中を吹き抜けるさわやかな風。

聖書のこの言葉も好きです。

「貧しい者は幸いです。
       神の国はあなたがたのものですから。
いま飢えている者は幸いです。
       あなたがたは、やがて飽くことができますから。
いま泣いている者は幸いです。
       あなたがたは、いまに笑うようになりますから。」
                 ルカによる福音書6章20、21節


                              by 小石
f0136828_19144833.gif1クリックの応援お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ新しい生き方を目指して1クリックを

東京カベナント教会

携帯版ホームページ


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝 過去分 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2008-01-17 09:17 | 本・映画・ドラマ

「1ポンドの福音」

1月12日(土)から「1ポンドの福音」(出演:亀梨和也、黒木メイサ等)という連続ドラマが始まりました。
食べ物の誘惑に弱い新人ボクサーと、若いシスター(修道女)が主人公のドラマです。

大きな失敗をしてしまい、進むべき道に悩み、偶然知り合った若いシスターを訪ねて修道院に来た新人ボクサーに、他のシスターが、彼女は出かけていること、ここは男子禁制であることを告げ、追い返そうとした時、修道院長が「迷える小羊を見捨てるのですか。」と言うシーンがありました。

福音とは「良い知らせ」という意味です。聖書の中には、マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネという4人によって書かれた4つの福音書があります。
そのルカの福音書の15章4~7節に、イエス様は、このようにおっしゃったと書かれています。

あなたがたのうちに羊を百匹持っている人がいて、そのうちの一匹をなくしたら、その人は九九匹を野原に残して、いなくなった一匹を見つけるまで捜し歩かないでしょうか。

見つけたら、大喜びでその羊をかついで、帰って来て、友だちや近所の人たちを呼び集め、「いなくなった羊を見つけましたから、いっしょに喜んでください」と言うでしょう。

あなたがたに言いますが、それと同じように、ひとりの罪人が悔い改めるなら、悔い改める必要のない九九人の正しい人にまさる喜びが天にあるのです。


イエス様は、すべての人のために、この世に来てくださいました。
                                      by クー

f0136828_19144833.gif1クリックの応援お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ新しい生き方を目指して1クリックを

東京カベナント教会

携帯版ホームページ


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝 過去分 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2008-01-15 13:14 | 本・映画・ドラマ

習慣化の法則

f0136828_18115477.jpg


「音楽家はコンサートが終わってから、楽器の音合わせをしない。
 コンサートが始まる前に音合わせをする。
 それは信仰についてもいえる。」

こう語ったのは19世紀の中国奥地宣教師、ハドソン・テーラー。

彼は毎朝早く起き、聖書を読み、黙想と祈りのうちに神と語り合い
一日の生活が始まる前に心の音合わせをしたそうです♪

「彼が祈らなければ中国に太陽は昇らない」ともいわれました。

イエス様も朝早く起きて父なる神に祈るときを持ちました。


今日の礼拝の聖書は詩篇です。

「朝にあなたの恵みを聞かせてください。
 わたしはあなたに信頼していますから。
 わたしに行くべき道を知らせてください。
 私のたましいはあなたを仰いでいますから。」詩篇143編8節


新しい習慣を身につける三つの方法があるそうです。

1. 固い決心
       →決心を紙に書いて貼ったり、人に宣言したりすると効果あり
2. 例外をつくらない
3. あらゆる機会をとらえて心を傾注する


東京カベナント教会の礼拝の視聴はこちらからどうぞ。
ポッドキャストで聖書メッセージを聴くこともできます。


個人的には②例外をつくらないが、ズシンときました。
自分に言い訳する弱さを反省(' へ`#)

数日前まではあたたかった東京が、ついに(!)冬らしくなりました。
寒いです~
皆さん、お風邪めされぬようどうぞお大事に(^o^)    by 小石

f0136828_19144833.gif1クリックの応援お願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ新しい生き方を目指して1クリックを

東京カベナント教会

携帯版ホームページ


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝 過去分 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2008-01-13 18:29 | 教会行事・集会