さて、時間についての考察は、哲学の中でもカントやハイデガーの中などに見られるが、まず時間の性質の分析がキリスト教に与える影響について考えてみたい。第一にすべての物は時間の制約を受けるのかという問いがある。その問いの中には、時間には果たして始まりと終わりとがあるのかという問いが含まれる。さらに、神は時間を越えて存在するお方かどうかという問いもある。神が時間に支配されずに、永遠の昔から存在していたということは、聖書の主張である。しかし、時間に制約されずに存在することは、果たしてできるのかということは、一つの問題である。また、時間にも終わりがあるのかという問題も大きな問いである。聖書によれば、神の国は永遠に続いていくのだから、時間に終わりというものはないと結論することもある意味可能かもしれない。理性的に考えるとあるものが存在するということは、終わりがあるとも考えられるが、時間というものの性質上、なかなか難しいことかもしれない。
 
もし、神が時間を越えて存在しているのであれば、未来のできごとを変える権限をもっておられると考えるのが妥当なことである。10年後の祈りに今聞いて、答えを出してくれることもあるのである。しかし、いくら神でも、過去のできごとを変えることは不可能であるということが結論できる。過去というものは確定してしまっているからである。したがって、神であっても過去に介入することはできないと考えられる。ただし、未来の状況を変えることによって、過去の解釈を変えることはできると思う。人間は現在の状況から、過去の存在意義を否定したり肯定したりできるからである。しかし、神は本当に過去の状態を変えることは不可能なのか。私はまだ哲学的に結論づけることはできないでいる。
 
聖書の中に「主の御前では、一日は千年のようであり、千年は一日のようです。」(新約聖書第Ⅱペテロ3:8)という言葉がある。神の前では千年という時間もほんの少しのようなのである。神の時間軸は人間の常識をはるかに超えているのである。
 
時間と同じように、神は空間にも制約されるのかという問題もある。空間も時間と同じ哲学的問題が生じると思う。この問題についてもカントがするどい分析をしていると思われる。引き続きカントの著作をもっと読んでみたいと思う。(カントの著作は難しい!)今日はこの辺で。
                                          ダン吉
[PR]
by covenanty | 2007-05-31 21:39 | エッセイ

リーダーの条件

f0136828_9411262.jpg

同業他社との合併に前向きな前社長を追い出した新経営陣が、
独自経営路線として打出した某メーカーの中期事業計画が
3年後営業利益倍増だった。
売上高営業利益率が3%そこそこの会社では、
それこそ合併でもしなければ達成困難だろう。
売上を2倍にするか、出来なければ相当のコスト削減を断行する
ことになるのだが、いずれにしても「経営の独自性を守る」為に
その皺寄せは従業員に寄せられることになる。

「経営の独自性」といえば公的資金導入後の大銀行もそうだった。
なりふり構わぬ営業強化で
その顧客リレーションと従業員に大きな傷を残した。

会社の経営は誰の為のものなのか。

資本主義社会ではそれは一義的には株主とされる。
そして顧客や取引先、従業員といったステイクホールダーが
続く訳であるが、どうも経営者が自らの地位や立場を守る為に、
本来皺を寄せてはならないところが
犠牲となっている場合が少なくない。

大手証券会社の子会社が粉飾決算をし、
記者会見に臨んだ経営者が
「あれは子会社の平社員のミス」と言ってのけたのは記憶に新しい。
「カネで買えないモノはない」と豪語していた若社長は、
裁判所で会社の粉飾決算の事実を突きつけられ、
「俺は知らない。部下が勝手にやったことだ」と
その無能ぶりを衆目に晒した。
日本の会社ではヒエラルキーの途中までは
管理職の責任は厳しく問われる。
部下の不始末は上司の責任。
目標未達は部長の責任。
しかし上層部に行けば行く程その経営責任は曖昧になり勝ちだ。
折角なった会社のトップ、そんな小さな事で
いちいち責任なんて言うんじゃない。
お前ら平社員とは格が違うのだ(平社員のヒガミが随分入っています)。


聖書のリーダーは人間的な弱さを抱えながらも、
神によって強くされ、大胆にしかも繊細にリーダーシップを発揮する。
敵からも神からも逃げ惑っていたモーセは、
何度も何度もイスラエルの民に裏切られ、
不当に罵られながらも決して彼らを捨てようとはしなかったし、
その役目から逃げようともしなかった。
自分の不在中に民が偶像礼拝に陥った時、モーセは神にとりなして言う。

「(彼らをお赦し下さい)しかし、もしもかないませんなら、
どうかあなたのお書きになったあなたの書物から
私の名を消し去って下さい」 (出エジプト記32:32)
 

彼らを赦してもらえないなら、私も彼らと一緒に地獄へ落として下さい。
それ程までに自分の民の罪を憂い、その赦しを神にとりなした。
イエス・キリストの雛形といわれる所以である。

日本の企業リーダーの中にも、
聖書的リーダーシップを発揮する立派な人は少なからずおられる。
大手化粧品メーカー前社長の池田守男氏は
会社組織図を、顧客を一番上に、現場をその次に…
社長である自分を一番下にした逆三角形の形をした組織図に替え、
「心から相手の人格を尊重・理解し、相手の為に尽くすおもてなしの心」
を企業カルチャーと定めた。
自分が頂点になって下の者に仕えて貰うということではなく、
自らが民を代表して神に仕えていくという姿勢がポイントのようである。

「誰でも人の先に立ちたいと思うなら、
皆のしんがりとなり、皆に仕える者となりなさい」
マルコによる福音書 9:35


by oveja negra
f0136828_19144833.gif応援が励みになります♪

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへクリスチャン・ビジネスマンの生き方に1ポチお願いします
[PR]
by covenanty | 2007-05-30 09:40 | 政治・経済・社会

07世界水泳


  「康介に続カナ・・・(アカン)その思いで泳ぎました。」    
 当時キャプテンとして臨んだアテネ五輪で、200Mバタフライ、見事銀メダリストになった山本貴司は、先に二つの金メダルを獲得していた歳下の偉大な後輩北島康介に引っ張られての快挙だったと語る。
 2年7ヶ月後の07年、世界水泳。今度は、北島康介が、山本に引っ張られて、宿敵ハンセンが欠場する中ではあったが、金メダルに輝いた。
上昇気流の後輩が先輩を刺激し、また、先輩の復活により後輩は燃える・・・・・。

 北島はアテネ金二つの後、沈んだ。
偉業を達成した者のみが知りうる悩み。そうなのだ。大きな目標が叶えられた時、孤独になる。空虚になる。
 特に、記録を争うスポーツ選手は、目に見え、手でさわれる達成感がそこに残っているわけではない。
 確かに、記録があるし、映像だってある。しかし、それを達成した当の自分の体は、「ホイ、それをもう一度やってごらん」と言われてもできない。それは、ライバルに必死に追いすがり、また、追いすがられて、出たタイムかも知れない。状況があったからできたこと。そして、オリンピック、世界選手権等、それに向かって全てを注ぎ込んで練習し、調整してきてはじめて達成できたこと。
 平井コーチを中心とする‘チーム北島’というのがある。今でこそ、‘チームQ’という高橋尚子選手のものもあるが、あの02年ごろには、日本では新しいと思えた。メディカル面、栄養面、理論面、運動機能面と、全て専門家で構成する、北島康介に記録を出させることを目標とするチーム。
 一度、その練習が放映されたが、北島のスタートの改善により、もっとタイムが伸びるという理論のもとに、いつもより低く、遠くへ飛び込むよう指示され、実際に北島は目標地点へ飛び込んだが、「ヒャー、これじゃ、その先泳げないよぉ」と言っていた。
 また、平井コーチは、03年の世界選手権の後、「康介の泳ぎをバラバラにして、一から組み立て直すんです。」と言っていた。
 当時、世界記録を更新した北島の泳ぎを、このスタートのことでもわかるように、全く壊すのか・・・と恐れ入った。
 翌04のアテネ五輪で、金メダルを獲った北島が雄たけびを上げた映像は、今もはっきりと見えるようだ。しかし、TVカメラに映らなかった1シーンがあった。康介は文字通り号泣したというのだ。平井コーチも驚くほどに・・・。ふてぶてしくさえ見える彼だが、若干20歳。 ギリギリの緊張が溶けたのだろう。
 
 ケガもあり、気力も衰えた。
 その北島をもう一度、今年世界選手権の舞台に立たせたのは、山本貴司と共に過ごした合宿だったのだ。
 「休んで復帰した貴司さんの姿は自分と重なる。練習でへばっても翌日は元気な先輩に力づけられた。」


―――   何事でも自己中心や虚栄からすることなく、へりくだって
         互いに人を自分よりもすぐれた者と思いなさい。      

                                                 
                                    聖書 ―――
 
 先輩は当然、先を歩くから、後輩にアドバイスが、通った道のことを教えるという意味
でできる。そして、後輩が今歩んでいるところを見、先輩は、かつて自分がそこを歩ん
でいた頃のことを思い出し、自分を振り返る時をもつことができる。
 
人は一人では弱い。
だから支えあうのだ。

                                                 setsu

f0136828_19144833.gif今日も1ポチお願いします♪

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへライフスタイルランキングも応援してください。
[PR]
by covenanty | 2007-05-29 07:39

人生の逃れ場

さわやかな五月晴れの日曜日、
一週間のそれぞれの仕事や学業をおえて、たくさんの人が教会に集ってきました。
f0136828_8111223.jpg

礼拝のお話は「人生の逃れ場」。

実はわたし、このタイトルを見たときから、とっても楽しみにしていたんです。
なぜって・・・
わたしも「人生の逃れ場」を求めているからです!

家事や育児、その他さまざまな面倒なこと、苦しいこと…
なにもかもふり捨ててどこかに逃げたいっ!と叫んでも、
ほんとうの逃れ場はトイレにも(多くの母は疲れるとトイレに逃げ込む^^;)
喫茶店にも(適度な気分転換にはなるけど)
江ノ島にも(わたしの好きな逃亡?!場所)
ないのであった…

四面楚歌、崖っぷち、万事休す―

そんなダビデに神は語りました。

 「神はわれらの避け所、また力。
  苦しむとき、そこにある助け。

  それゆえわれらは恐れない。
  たとい、地は変わり山々が海のまなかに移ろうとも。
  たとい、その水が立ち騒ぎ、あわだっても、
  その水かさが増して山々が揺れ動いても」
                     詩篇46篇より


礼拝のお話を視聴したい方はこちらからどうぞ。
日曜10時半からはライブ放送してますょ。

お昼ご飯はグループごとに。ちょこっと紹介します。
f0136828_8112613.jpg

こちらは小さい子どものいるファミリーグループ「シオン会」。
お父さんたち、奮闘していますネ。
お父さんに育児参加してもらいたいお母さんは、ぜひ連れていらして(笑)。
f0136828_8113924.jpg

こちらは素敵な女性が集まる「サフラン会」。
パンがおいしそうです♪

f0136828_812113.jpg

午後3時からはコーヒー&バイブルタイム
写真は、みんなで賛美をしているところです。

教会の予定はホームページでご覧ください。


以上、人生の逃れ場でいやされた小石がリポートしました^^

f0136828_19144833.gif今日も1ポチお願いします♪

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ父さん母さんも応援してください。
[PR]
by covenanty | 2007-05-21 08:44 | 教会行事・集会

仕事と家庭との間で

f0136828_10454647.jpg女性活用の一環として育児休暇を充実させたり、
社内に託児所を設けたりする企業が増えている。
また女性を管理職や部長・支店長ポストに登用する会社も増えてきた。
結構なことだと思う。
本当に日本の企業が女性従業員の家庭内での役割を助け、
従業員の家庭生活に関心を持つようになっているのならば。

しかしどうもこの女性活用ブームは、リストラに邁進した挙句、
景気好転と団塊世代流出でいきなり人手不足に陥った企業が、
女性にも男性並みの労働寄与を求めてのことか、
あるいは女性重視の世論(いつの時代でも市場と世論は大抵女性が作るもの)
の声に迎合しての演出に留まっているように見えて仕方ない。

何故なら未だに男性に限らず従業員一般の間では、
サービス残業が当たり前のように行われ、
単身赴任家庭も益々増えて、
過労によるノイローゼや鬱病、自殺が減らないからだ。

上に述べた数々の施策も制度としては存在していても、
実際に利用している従業員はむしろ例外的な割合に留まっているのかもしれない。
景気好転の恩恵は、国際競争力向上を合言葉に、
従業員に充分還元されているとは言い難く、
女性の社会進出も見方を変えれば、(男性)従業員への労働分配率が低くて、
主婦層も働いて所得を得なければ家庭生活水準が維持できない
ということの裏返しかもしれない。


仕事と家庭生活のバランスは
旧約聖書の時代から人間の重要なテーマだったに違いない。

続きを読む…
[PR]
by covenanty | 2007-05-17 10:39 | 政治・経済・社会

しらがになっても・・・

初めて、息子を背負って、自転車にのってみました。
まさか、こんな日が来るなんて・・・なぁ

肩にくいこむ重み。
前かがみになる背中。

でも・・
こんな聖書の言葉が・・

あなたが年をとっても、
わたしは同じようにする。
あなたがしらがになっても、
わたしは背負う。
わたしはそうしてきたのだ。
なお、わたしは運ぼう。
わたしは背負って、救い出そう。
イザヤ書46:4 

息子を背負って家事をすることがよくあります。
けれど、
そんな私をさらに、神様は背負ってくださるのだなぁと
ふっと背中の息子が軽くなったような気がしました。

息子は安心して、寝付いてしまうこともあります。
神様、結構、重い私ですが(^^;)、よろしくお願いします・・・・

                                by こゆけ

f0136828_19144833.gif自分が背負ってもらえるのはうれしい、背負ってもらいたい!
という方1ポチお願いします♪

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへおんぶで頑張っている母さんに応援の1ポチしてくださいませ。
[PR]
by covenanty | 2007-05-16 11:22 | 子育て・家庭

気迫

 07センバツ甲子園準決勝第2試合。
 弱いと言われる現代の高校生の気迫を見た。

 4回途中から代って出てきた帝京の投手垣ヶ原は、
小柄な体で大垣日大打線の前に立ちはだかり、ヒットを一本も許さない。
5-3が7回に5-4になり追い上げる帝京ペースになってくる。
しかも、帝京4番打者中村は気迫のバッティング、飛ぶホームラン性のファウル。

しかし、大垣日大、投手森田は耐えた。
1点差まで詰め寄られ、アドバンテージのなくなってくる中、
疲れた体で投げ続ける。
だが、コントロールが信条のピッチャーが、微妙なズレで投球数を増やしていく。

 8回ウラ、大垣日大は1点取りたい、
ムリでもせめて、攻撃時間を長引かせたい。
が、エラーで一人ランナーが出たものの、すぐにスリーアウト。
帝京の垣ヶ原の気迫が優っていた。

 帝京9回表は1番からの好打順。
一人でもランナーが出れば、4番中村にまわる。
帝京逆転、いや当然同点にはなるだろう。

 しかし、ここで、森田が目覚めた。
コースに、先行して決まるストライク。

 ベテラン、甲子園ファンにはおなじみの坂口監督は
「とにかく、基本だ。」
と、フォームが崩れてきていた森田が、ベンチに戻る度に言い続けた。
森田の方は、「先生が、楽しんで投げろと言ってくれた。
点は取られてもいいと言ってくれたので楽に投げられた。」と言う。

 2アウトを取り、3番打者を打ち取れば… というところで、
2-1からデットボール。
ついに中村が出てきた。
前の2打席は、いずれも森田が逃げ気味の四球だ。

 1球目、外角にすばらしいコントロールのストライク。

 2球目、真ん中低めにボール。

 3球目を中村は叩いたが、大きくバウンドし、一、二塁間に達する時には力ない打球に。

 森田は、二塁手が確実に捕球し、
一塁手が確かに走者をアウトにするのを見守った後、グラブを突き上げた。
笑顔で。
勝ったのだ、中村に、帝京に。

 中村は、一塁にヘッドスライディングし、こぶしで一回ベースを打った。

 それぞれ、ベンチ前でクールダウンのため投球する森田投手、
垣ヶ原投手をカメラが捕らえる。
勝者と敗者、表情は対照的であるが、
その見事な気迫のぶつかり合いこそが、価値あるものとして、
試合後の喜びと悔しさの表情を彩っていた。

――― 心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くしてあなたの神、主を愛しなさい。

                          聖書―――


 この言葉が響いてくる。

 心、精神、力。

 よく、選手は苦しいときに、
「いや、おれたちはもっと苦しい練習をやってきたんだから・・・。」と思うと聞く。
いわゆる体力を鍛えることは、当然精神も鍛える。心が安定する。
本来以上の動きができることにつながる。
 
 それが、‘気迫’として相手を、見る者を、圧倒する。


f0136828_19144833.gifこれを読んで”気迫!”が伝わってきたら1ポチしてネ♪

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ気迫ある生き方を応援してください!
[PR]
by covenanty | 2007-05-15 22:25

今日は「母の日礼拝」でした。

f0136828_19512222.jpg


礼拝メッセージは―

f0136828_19513913.jpg


安藤和子博士による
「ダーウィン・メガネをはずしましょう
   ~完璧なものとして創造された世界・いのち・人間」


上の写真は午後の講演会「科学者が創造主と出会うまで」です。

進化論が大勢を占める日本ですが、
本当に人間はたまたま猿から進化したのかしら?

ある科学者がつくった精巧な天体模型を見た友人が、
「これはだれが作ったんだい?」と質問したそうな。
「誰でもないさ!」と科学者。
「そんな馬鹿なことがあるかい!製作者がいないだなんて!」と友人。
「君は、こんな天体模型さえ誰か製作者がいなければおかしいというのに、
この宇宙は設計者も製作者もなく偶然存在するというのかい?」
……こう言った科学者は、アイザック・ニュートンだそうです。


  「はじめに神が天と地を創造した。…
   神はお造りになったすべてのものをご覧になった。
   見よ。それは非常によかった」
                           創世記1章


礼拝メッセージを視聴したい方はこちら


f0136828_19515296.jpg

母の日愛餐会のランチは「中華丼」で~す♪
ボリューム満点。ご飯にたれがしみておいしかったです。

f0136828_19524100.jpg

講演後にお茶のひと時。


神様、お母さんを下さってありがとうございます。
お母さんを通してわたしが生まれてきたこともありがとうございます。

♪君は愛されるために生まれた
 
 君の生涯は愛で満ちている ♪


                                           by 小石

f0136828_19144833.gif愛されるために生まれたんだ、と思う方、思いたい方は1ポチを♪

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへお母さんに感謝して1ポチを^^
[PR]
by covenanty | 2007-05-13 21:00 | 教会行事・集会

明日は母の日ですね。
みなさん、なにかプレゼントは用意されましたか?
f0136828_2204719.jpg
母の日はもともと、お母さんを亡くした
クリスチャンの女の子が、
追悼の気持ちを込めて教会でカーネーションを配ったことから始まったそうです。

f0136828_2205998.jpg


明日は天気がよさそうです。
母の日礼拝、あたたもぜひおでかけくださいな。
午前9時からが第一礼拝、午前10時半からが第二礼拝。
内容はほぼ同じです。
明日は特に安藤和子博士がいらっしゃって
科学と創造についてお話くださいますょ。

お昼は母の日愛餐会。メニューは何かしら♪

母の日礼拝に出たら、きっとお母さんへの感謝も増すと思う。お母さんのためにも祈れるし。

午後にはプレゼントを携えて…
あるいは故郷へのダイヤルを回して…
お母さんに「ありがとう」って伝えるんじゃないかな。


**********************************

         「あなたの父と母を敬え」  聖書


                                  by 小石


f0136828_19144833.gif母の日の祝福を願って、1ポチ♪

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへお母さん育ててくれてありがとう、で1ポチ(^.^)
[PR]
by covenanty | 2007-05-12 22:23 | 教会行事・集会

f0136828_17151567.jpg

東京は昨夜から春の嵐。
教会のバラはどうしているかしら…と思ったら
今朝も美しくたくましく咲いていましたょ。
芳香が強風にのって鼻先をくすぐります。
今日も元気をありがとう~☆

 【聖歌489】
 ♪ 人生の海の嵐にもまれきしこの身も
   不思議なる神の手により 命拾いしぬ
   いと静けき港に着き われはいま安ろう
   救い主イエスの手にある身はいとも安し ♪


人生がどうにもならない苦しみの中にあるとき、
やけになって身を滅ぼすか、
なりふりかまわず動き回ってかえって傷つくか、
ただ絶望に打ちひしがれているか-
凡人の選択肢はそんなところかしら?!

でも、英雄ダビデは違った!
王に逆恨みされて命を狙われ、荒野でホームレスとなり、
見栄も恥も外聞も失ったけれど、
信仰だけは堅く胸に秘めていた!

暗殺者サウル王を自ら手にかけるチャンスも巡ってきたけれど、
ダビデはあえてそれをしなかった。
でも神様はちゃんとそんなダビデのことを見ていてくださった。
敵国に攻められたサウル王は、結局、
自ら剣の上に身を倒し、絶命することになった。

苦しくても罪を犯さなかったダビデ。
辛くても信仰を捨てなかったダビデ。
神様を信じていれば、神様は驚くような方法で、きっと道を開いてくださる。

いま、苦しんでいる人がいますか?
いま、四方八方壁に囲まれている人がいますか?

上を見上げてください。
神様があなたに救いの手をさしのべていますょ。

f0136828_17153932.jpg


**洞窟に逃れていたダビデが詠んだ歌**
  
  神よ。私をあわれんでください。
  私をあわれんでください。
  私のたましいはあなたに身を避けていますから。
  まことに、滅びが過ぎ去るまで、
  私は御翼の陰に身を避けます。    詩篇57篇1節
 


春の嵐にも折れることなく芳しい香りを風に乗せる人―
        
  わたしには、ダビデがそんな人に思われるのですが。                   

      by 小石

f0136828_19144833.gifバラの美しさにいやされた方、1ポチしてねm(- -)m

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ強くたおやかに芳しく生きたい方、ご一緒に1ポチを!
[PR]
by covenanty | 2007-05-11 17:36