シンバルよ、輝け!

私は若い頃にアマチュアのオーケストラに参加していました。金管楽器のテューバ(大型のラッパ、最低音を担当)を吹いていました。この楽器はあまり出番がありません。時々打楽器も担当しました。私が一番好きなのはシンバルでした。幼稚園の学芸会で、叩きたかったが叩かせてもらえなかった、苦い思い出のせいかもしれません。

台湾に演奏旅行に行ったことがあります。
シンバルは、台湾のオーケストラからお借りしました。年代物のとっても大きなシンバルです。練習の時に叩いてみると、その音の大きさ響きのよさに、オーケストラの団員たちがびっくりしていました。シンバル製作は職人の技であり、世界中でよいシンバルは中国とトルコでしかできない、と聞いていたことを思い出しました。
そして、本場を迎えました。私が思いっきりシンボルを叩くと、客席にいた子供たちが大喜びで、立ち上がって一緒に手を叩くのです。
演奏会が終わってパーティーがありました。台湾の人たちが私を見て「あ、シンバルを叩いていた人ですね。」すぐにわかっていただき、大いに受けました。

そして、もう一つ。
これは日本での演奏会ですが、思い出深いのがサンサーンスのピアノ協奏曲第2番です。全部で三つの楽章からなる。20分ほどの曲です。
最後の第3楽章で3回だけシンバルが打ち鳴らされます。練習の時に何度やってもうまく叩くことができません。レコードを買ってきて、何回も聞きました。オーケストラのスコアも買いました。オーケストラの全部のパートが載っている楽譜です。フランスで出版され、解説もフランス語です。とても高かったのですが惜しいとは思いませんでした。わからないなりに楽譜をめくり、レコードを何度も何度も聴きました。その当時のレコードというのは「LPレコード」といって、レコードの針が直接に盤面に触れて音を出します。何度も聞いているうちにレコードがすり切れていってしまうものです。そのうちにだんだんシンバルの音が何を意味しているのかが、わかってきました。

本番です。
夢見るようなピアノのソロで曲は始まります。
弦楽器が、あるときは囁(ささや)くように、そしてあるときは華やかに奏でられ、管楽器が色を添え、ティンパニーが力強く、時にはリズミカルに曲をリードします。
そして、第3楽章の最後近く。シンバルが打ちならされ、夢の終わりを告げるのです。
本番は大成功でした。ソリストが花束を受け取り、涙をながします。聴衆が熱狂的な拍手を送ります。

私はふとこんな事を考えました。
おめでとうございます。あなたの精進の賜物です。
でも、時には思い出してください。
全曲の中でシンバルをただ3回叩く。そのためだけにスコアもレコードも買い、幾度も幾度も練習して、そのときに心を込めて打ち鳴らした男がいたことを。

虎猫
[PR]
by covenanty | 2015-07-22 21:46 | 音楽

切れた弦

Tさんとお正月に会った時にこんなお話を伺いました。
Tさんは若いころにアマチュアオーケストラに所属していた方です。
最近いらっしゃったある演奏会で、演奏途中にビオラ奏者の弦が切れてしまったそうです。それにまつわる話です。


演奏と言う行為が生身の人間が行うものである以上、ハプニングはつきものです。

ビオラ奏者の弦が切れて、楽章の途中で退場し、次の楽章の切れ目で入場したのは、聴衆から見れば、単なるエピソードですが(「ああ、弦が切れたんだ」と後ろのおじさんの声がしました)、彼女にとっては、どんな思いだったでしょうか。

かつてアマチュアとはいえ、オーケストラに身を置いた人間にとっては身につまされる思いでした。ちゃんと張り替えて早く戻ってきてほしい、と祈りました。戻ってきてくれて、「良かった、間に合った。」と思いました。

ある学生オーケストラの演奏会で終楽章まさに佳境に入ったときに、コンサートマスターの弦が切れたことがあります。彼は、隣にいた女子学生のバイオリンをひったくるように取り上げて演奏を続けました。彼女は演奏が終わるまでうつむいていました。もちろん、彼の行為は100%正しいのです。その時は彼女がかわいそうでなりませんでしたが、今思うと、彼こそ辛い思いだったに違いないのです。彼は終演後にきっと彼女に感謝の言葉をかけたでしょう。

私も、恥ずかしながら演奏中にシンバルを取り落としてしまったことがあります。聴衆にとってはお座興です。私はそれ以来、シンバルの結び紐は何度もチェックするようになりました。
(たかがアマチュアオーケストラのテューバ奏者にして、時折、打楽器を受け持っていた者の他愛ない不注意なエピソードです。30年近く経った今でも、悔しくて悔しくてなりません)。

弦が切れた、シンバルを取り落した、というのは、どなたにでも目に見える問題です。
でも、演奏中のわずかの音のバランスの狂い、わずかの表情の揺らぎのニュアンスの違い、聴衆にはまずわかりません。それが奏者にとっては、夜も眠れぬ悔しさになります。
そんなときに、来てくれた家族や友人から、良かった、感激した、などといわれて、慰められたり苦笑いしたりするのが、終演後の風景です。

その悔しさの一つ一つが次の演奏につながるのです。

喜ぶ者といっしょに喜び、泣く者といっしょに泣きなさい。(ローマ人への手紙第12章第15節)

虎猫
[PR]
by covenanty | 2012-01-20 21:39 | 音楽

「スラヴ舞曲集」の誕生

ブラームスが貧しい音楽家のための奨学金の審査委員を務めていたときに、目に留まったのがボヘミアの田舎から応募してきた青年ドヴォルザークの曲でした。
ブラームスはこの青年が世に出るのに力を貸そうと決意します。「自分が世に出ることができたのはシューマン先生ご夫妻のご尽力によるものだ。自分はこの青年が世に出るのに力を貸そう、それが先生ご夫妻のご恩に報いることにもなる。」
ブラームスはそう考えたに違いありません。楽譜出版のジムロック社を紹介して、出版にこぎつけます。
ジムロック社もこの青年の才能を高く買い「ブラームス先生のハンガリア舞曲みたいな舞曲集を作ってみませんか。」と青年に持ちかけます。
こうしてできたのがスラヴ舞曲集の第1集。初めはピアノ連弾で、次にジムロックの勧めでオーケストラ版が出版されます。出版されるや大評判、ドヴォルザークの名はヨーロッパのみでなく、新大陸まで響いたとされます。

クララ・シューマン様

ドヴォルザーク君のスラヴ舞曲集がジムロック社から出版されました。楽譜をお送りします。
本当に名曲です。
私のハンガリア舞曲集は、お気づきの通り、ハンガリアのメロディーを借りた手慰みにすぎません。ドヴォルザーク君のスラヴ舞曲集は、大地の香り、民族の誇りに湧きたっています。私は本当に恥ずかしく思いました。
たとえブラームスの作品が忘れ去られても、ブラームスの名は「ドヴォルザークを世に出した男」として知られることになるでしょう。それこそ、音楽に一生をささげた男の喜びと思います。
                                
                                  ヨハネス・ブラームス

ヨハネス・ブラームス様

ドヴォルザーク様の楽譜ありがとうございます。
ピアノ連弾のスラヴ舞曲集、あなたのおっしゃる通り、素晴らしい作品です。
草原の風、虫の音、踊る人の心臓の鼓動まで聞こえてきます。
お隣の奥様が見えたので、連弾で引いてみました。
子供たちが大喜びで、踊りだしたのです!
この息吹、この土の香りは、確かにドヴォルザーク様のすばらしい資質です。
でも、民族の音楽のすばらしさを世に知らせたのはブラームス様あなたです。

あなたが初めて我が家にいらしたとき、あなたのピアノを聴いた主人が「ちょっと待ってください。妻にも聞かせたい。」と言って私を呼びに来たのです。
二人であなたの演奏を聴かせていただきました。
私たちは語り合いました。
神様がこの若者を私たちのところに連れてこられた。たとえシューマンの作品が忘れられることがあっても、シューマンの名はヨハネス・ブラームスを世に出した人として後世に知られるようになるだろう、と。
ブラームス様はこのヨーロッパ全土に大作曲家として名を成すでしょう。
ドヴォルザーク様は、ひょっとすると、それを超えてさらに広い世界に知られる方かもしれません。
どうか、この若者を見守り、助け、励ましていただきますように。
                                 クララ・シューマン

(ブラームスとクララ・シューマンのお手紙は、虎猫の創作です。ブラームスやドヴォルザークの曲を聴き、伝記を読んで、お手紙の形にしてみたものです。)

参考文献
黒沼 ユリ子「ドヴォルジャーク―わが祖国チェコの大地よ (作曲家の物語シリーズ(4))
ひの まどか「ブラームス―人はみな草のごとく」(作曲家の物語シリーズ(7))
(リブリオ出版)

虎猫

★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2011-07-29 20:45 | 音楽

ブラームスはどんな人でしょうか。
音楽室にかかっていたのはいかめしい顔つきの怖そうな人でした。
「これぞ大作曲家!」と惚れ込んでいる君も、「ブラームスは暗いから嫌!」というあなたも、ちょっと私の話を聞いてください。

交響曲第1番
(2005年6月池袋東京芸術劇場「宇宿允人の世界」フロイデフィルハーモニーの演奏より)
ブラームスは大作曲家ではありません。普通のおじさんです。
苦労して迷って、散々時間をかけて40歳も超えてようやく出来上がったのがこの第1番の交響曲です。天才が神の声を聞いて巧まずに五線譜に落としたものではないし、大天才が膨大に広がるイメージをそぎ落とし考え抜いて練り上げた曲でもなく、20年間のあれもこれもがごちゃ混ぜに入り込んでいます。それだから、日常の世界にあふれています。

この曲に持っていた先入観を改めなければならないと思います。
こんなにも自然な、誰にも親しめる曲だったのか。曲が進むうちに、思わず微笑みたくなりました。あのティンパニの咆哮も何の意外さもなく心に響きます。チャーミングな木管の一つ一つがかけがえのないプレゼントです。表情の豊かな弦が、あの日あの時を思い起こさせます。
ともすると曲の冒頭の仰々しさ、繰り返される四角張ったリズムなどからこの曲に先入観を持ってしまいますが、これも日常の一こまであり、人生の全てではないのです。
肩肘を張ってこの曲を考えるのはやめましょう。自分と同じような等身大のおじさんの話をそのまま聞いてみましょう。傍らにはビールのジョッキ、すてきな娘さんの姿も見えます。そして、おじさんがあこがれた教会の響きが最終楽章に現れ、喜び感動して、おじさんと肩を組んで、少し千鳥足で、家路につくのです。

ブラームスが晩年愛したスイスの避暑地トゥーン。
ポケットに一杯お菓子を入れて散歩に出ては、途中で出会う子供たちに分けました。子供たちは「夏のサンタおじさん」とすぐ仲良しになり、いっしょに散歩してくれました。
その地に住みブラームスと親しくなった詩人ヴィトマンの言葉が記念碑に残されています。
「あなたはこの土地でよろこびをうたい、人びとはその歌で安らぎを得た。」

【参考文献】
ひのまどか「ブラームス―『人はみな草のごとく』」(リブリオ出版「作曲家の物語シリーズ」)
トゥーンのエピソードはこの本に掲載されています。

人はみな草のようで、その栄えは、みな草の花のようだ。
草はしおれ、花は散る。
しかし、主のことばは、とこしえに変わることはない。

ペテロの手紙第1第1章24節

虎猫



礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2011-07-20 22:09 | 音楽

2009年9月12日(土)午後2時
東京芸術劇場大ホール「宇宿允人(うすき まさと)の世界」

朝方の土砂降りの雨が上がり、霧雨のような雨が池袋を湿らせている中、息子と一緒に、芸術劇場に向かいました。

ドヴォルザークの交響曲第8番

冒頭のチェロと木管の響きを聞いたときに、ふと、外の景色に思いを寄せました。あの雨の池袋が、ボヘミアの緑なす大地となり、ビル群はトトロの木のようなうっそうと茂る巨木に変わっていく、そんな風景を思い浮かべました。
この第1楽章だけでも、今日ここに来た甲斐があった、これが終わったら拍手して帰りたい、そんな気持ちをようやく押さえました。
第2楽章の移ろいゆく景色を楽しんでいると、こんなに短い曲だったのだろうか、といういぶかしい感じがしてきました。
第3楽章の舞踊もそうでした。中間部の歌謡がおわり、冒頭の主題が再現されたときに、涙があふれてきました。
そして、第4楽章、あの3本のトランペットが吹きならす決然とした響き。
「いくぞ、皆の衆!」
鬨(とき)の声をあげて、全オーケストラが一丸となって突き進む、白く熱くステージが燃え上がっていました。
これを路上ライブでやったら、子供たちは、いや大人たちも大喜びで踊り狂うでしょう。

休息の時に窓から池袋の街を見ました。ボヘミアの緑の中に、ビルの格好をしたトトロの大木がそびえ、バスの格好をしたボヘミアの馬車が走っていました。

交響曲第9番「新世界より」
第1楽章 弦の望郷の響きの後、突然のホルンの吹鳴、我に返り、新しい世界への一歩を踏み出します。これも8番と同様で、この楽章だけ聞いたら、もう満足、と思ってしまいました。
でも、第2楽章で、金管とティンパニの巨大な新大陸の響きを前触れに、あのイングリッシュ・ホルンのひなびた歌が始まると、やっぱり最後まで聞くものだ、と今更ながら思いました。オーボエとフルートの副旋律が、一人ひとりの心のふるさとを思い起こしてくれます。

第3楽章 インディアンの踊りとボヘミアの踊りが交錯し、ひとつとなっていきます。新世界とボヘミアがひとつになっていきます。可憐なトライアングルが花を添えます。

第4楽章 そして、一つ一つの楽章の回想をはさみながら、望郷と希望のひと時が幕を閉じます。

アンコール スラブ舞曲集第2集より
ゴミ箱の中まで美しいメロディーであふれていたドヴォルザーク。この曲を聴けば、納得せざるをえません。
会場を後にして外に出れば、ボヘミアの野は、さらにみずみずしく輝いていました。

指揮者宇宿允人先生は、1982年から186回に及ぶ独自の演奏活動を続けてこられた方です。公的な援助は一切なく、演奏会のつどに先生の活動に賛同する奏者やボランティアが集まりました。若い奏者たちに3~4日の猛練習で音楽の心を伝え、ステージで燃え立たせました。
ひととき、私と息子もボランティアで参加させていただいていました。自らステージを組み、奏者一人一人の椅子を自分で位置決めされていた姿を思い出します。

先生はさる3月5日、76歳で逝去されました。
この一文を、先生に捧げます。

虎猫



礼拝メッセージはこちらで聞いてください。


ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)


インターネット礼拝




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2011-07-06 22:10 | 音楽

虎猫がカベナントコワイヤ(聖歌隊)のTさんにインタビューしました。

虎猫「聖歌隊のTさん。24日のクリスマス祝会は恵まれましたね。Tさんのリコーダー(たて笛)も素敵でした。聖歌隊の賛美にふさわしい響きが添えられたと思います。」
Tさん「虎猫さんからそんな風にいっていただけるとありがたいです。もっときれいな響きを出したかったのですが...」
虎「私たちの年代では小学校や中学校でスぺリオ・パイプという名前の笛をやらされたのを覚えています。でも、リコーダーが、こんなチャーミングな楽器とは知りませんでした。Tさんがリコーダーをやってみようとしたきっかけは?」
T「図書館でたまたま借りたチェコのキャロルの中でリコーダーを使っている曲があり、素朴な美しい調べに魅せられたのです。」
虎「リコーダーは、一般のコンサートなどではなじみが少ないように思いますが。」
T「バッハなどバロックの音楽では、よく用いられていたのですが、その後いったんすたれてしまったのです。音が小さい、合奏するには音程が必ずしも均一でない、なによりも、かつて王侯貴族が自ら演奏して楽しんでいたのに、その後、市民社会の発展とともに演奏家と聴衆が分離して、自分で演奏して楽しむ音楽本来の喜びがすたれてきたため、などと言われています。
最近、良さが見直されてきています。学校教育に採用されてきたおかげで、大量生産で安くてよい楽器が幾種類もでています。私が持っているのは、ヤマハのプラスティック・リコーダーですが、アルトは3,000円少し、ソプラノは2,000円でお釣りが来ましたよ。一人で楽しむにもよし、本格的な独奏楽器としてチャレンジするもよし、虎猫さんもやってみませんか。」
虎「いやいやわたしなんかにはとても・・・」
T「私が恥ずかしげもなくリコーダーを皆さんに披露した理由がわかりますか。」
虎「?」
T「私がこっぱずかしい思いを振り切ってステージに立つのは、これなら自分のほうが!と思う人を起こしたいからです『おっちゃん、へたくそやなあ。うちが代わりにやってあげる!』と言ってくれる人を募っているのです。」

「どのようなときも、わたしは主をたたえ、私の口は絶えることなく賛美を歌う(詩篇34編2節新共同訳

≪参考文献≫

朝岡聡「笛の楽園 僕のリコーダー人生」

リコーダーJP
作曲家・演奏家・愛好家が共同で進める、趣味としての独奏リコーダー演奏を提案するプロジェクトのサイト。各種資料満載。リコーダー製品の吹き比べもあります。
http://www.recorder.jp/index.html

★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-12-28 08:47 | 音楽

シューベルトの招き―宇宿允人(うすきまさと)の世界―

5月29日(金)池袋 東京芸術劇場大ホール
「第180回宇宿允人の世界 シューベルト名曲の夕べ」

未完成の第2楽章が終わったとき、ためらいがちな拍手が起こり、すぐにやんでしまいました。
すべての音の余韻が消え、ようやく指揮者の宇宿先生が指揮棒を下げて終わりを告げると、会場は割れんばかりの拍手に包まれました。

休息の後は、あの長い長い交響曲第8番「グレイト」でした。
ホルンの吹鳴が新しい世界の始まりを告げます。第1楽章です。
あふれる希望と喜びが躍動します。このままいつまでも浸りきっていたい、長く長くそのまま続いてほしい、と思っていても、壮大な終わりとなります。できれば、ここで拍手してそのまま帰りたい、と思いました。
そして、第2楽章。低弦に導かれてオーボエが歌い始めたとき、その背後の世界が目の前に広がってきました。華やかな喜びは仮の姿、暗い深淵が潜んでいました。よく知っている曲です。何度でも聞いている曲です。それでも、「見てごらん、これが世界の本当の姿なのだよ。」というシューベルトのささやきが初めてのように耳元に聞こえてきます。
第3楽章。体が思わず動きだす躍動感、素朴なステップに身をゆだねていると、やがて、木管楽器が静かに語りかけてきました。可憐な花のように見えた世界が暗転し、また別の希望へいざなわれ、また暗闇がやってきます。
繰り返される全楽器群の強奏、再び素朴なステップ、可憐な花に見え隠れする背後の世界。
第4楽章。それでも、前に進んでいくしかありません。世界がどれだけ絶望と苦しみに満ちていても、私たちには、頂いた命があります。
もう一度、心に刻みましょう。私たちは生かされています。

言葉の尽きるところに音楽が始まります。
私たちは、この日、この時、この場で、この体験を共有できた喜びを胸に、家路につきました。

「そればかりではなく、患難さえも喜んでいます。それは患難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。」(「ローマ人への手紙」第5章3、4節)


宇宿允人の世界は、指揮者宇宿允人先生が、公的な支援など一切受けずに運営されてきています。年に数回の演奏会の都度、自らの音楽に共感する奏者を集め、3日ばかりの猛烈な特訓で鍛え上げるのです。事務局や裏方は、奏者とボランティアだけで運営されています。

次回は9月12日14時半より東京芸術劇場にて
「ドボルザーク チェコへの郷愁」(交響曲第9番「新世界より」など)

宇宿允人の世界ホームページ




★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へf0136828_11141834.gif



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
by covenanty | 2009-06-06 16:25 | 音楽