蓄膿手術体験記(慢性副鼻腔炎) 第1回

私の鼻を診察するなり、耳鼻科の先生は、にこにこ顔で「手術に適合した状態です。」
とはいえ、一番近い手術日程は、2か月ほど先、ちょうど一週間の日程です。すぐ予約を入れました。

インターネットで手術体験記を検索したり、手術した人の話を聞いても、痛いぞ、痛いぞ!と不安が募るばかりでした。

ついにその日が来ました。
朝一番の手術、開始は8時15分です。迎えの女性に連れられて、専用エレベーターで手術待合室へ。
すごい混雑です。車いすのおばあさんがいます。お父さんに抱かれた赤ちゃんもいました。
「すごい混雑ですね。」
「手術室は全部で18室あります。朝一番の手術は一斉に始まるので一番混みます。
一日に一室平均3組の手術が行われますが、朝一番以降は、時間がばらばらになるので、こんなに混むことはありません。」
いよいよ手術室へ
主治医の先生が「私は今日3組手術します。次に御目にかかるのは夕方になると思います。」
そして麻酔の開始
「酸素吸入器が下りてきます。大きく深呼吸して・・はい!いいですよ。」
次の瞬間
「虎猫さん!虎猫さん!」
うるさいな、と思いつつ目をあけると
「終わりましたよ。」
壁の時計をみると、もう12時を回っていました。
なんだ、楽なもんだ、というのは素人の浅はかさ。ここからが本当の闘いだったのです。
ともかく、出血してきます。口へ喉へと垂れこみ、せき込みそうになるのを吐き出し、吸引してもらい、うがいをして・・の繰り返し。(のみこんだらだめです。喘息発作や嘔吐の原因になります)。
「ある程度治まれば病室に戻りましょう。」と言われたのが、なかなかとまらず、主治医の先生に血止め処置をしていただくなど、唸りながら1時間以上足止めされました。

「虎猫さん。今度こそ本当に病室に戻りますよ。」
ようやく病室に戻り、妻と再開。
「赤ちゃん産んだ時はこんなものじゃないわよ!」妻と看護師さんにさんざん笑われながら、少しずつ落ち着いてきました。

私の受けたのは内視鏡手術です。昔のように顔面の切開はせず、鼻から入れた管だけで手術を行い、そのあとにガーゼを入れます。
ガーゼの量を多くすると出血は止まりやすいが、あとの痛みが大きくなります。ガーゼを少なめにすると痛みは少ないが、出血が止まりにくくなるそうです。
鼻の出血は人工的に止めてしまうのは難しく、ある程度はやむを得ないとのこと。
手術の2日後ごろにガーゼを取り除くのがとても痛いと聞いていました。
現在は溶けるガーゼと普通のガーゼのどちらがよいか比較対象中で、私の場合は幸い溶けるガーゼになりました。
で、どうなったか。
①痛みは全くありませんでした。
②手術当日は出血に苦しみました。それもその日の夜にはおさまってきました。

案ずるより産むがやすし。60年近く使わせていただいていた体です。ときには手入れも必要でしょう。手術後のことについてはまた次回。 

「私の神、主よ。私があなたに叫び求めると、あなたは私を、いやされました。」(詩篇第30編2節)

虎猫

★↓ランキング1クリックの応援が励みになります↓★
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ



東京カベナント教会
携帯版ホームページ

ポッドキャスト(音声ブログ・人生を変える聖書メッセージ)

インターネット礼拝 過去分 & 聖書の話の要約“恵みの窓”
インターネット礼拝 日曜10時半生放送
[PR]
Commented by はるる at 2010-08-03 17:48 x
虎猫さん、無事に手術が終わって本当に良かったですねぇ!
以前、新聞で「鼻」や「耳」などの病状や治療の特集が組まれたのを読んだことがあり「相当辛そうだー」と思いました。鼻や喉は呼吸に関わる部分ですから、余計に大変ですよね。
暑い日が続きますが、傷が順調に回復されますようにお祈りしております。
Commented by 慢性蓄膿症の息子の母 at 2013-08-05 13:57 x
初めまして。
慢性蓄膿症で手術が必要と言われている息子がおります。
虎猫様は、どちらの病院で手術を受けられたのか教えていただけますでしょうか?
体験談を読ませていただき、とてもよい病院だと感じました。
どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by 虎猫 at 2013-08-07 19:48 x
虎猫が手術を受けたのは「東京慈恵会医科大学附属病院」です。
住所は以下の通り
〒105ー8471
東京都港区西新橋3ー19ー18

海軍の軍医総監高木兼寛が設立した病院です。
高木兼寛は若き日、英国セント・トーマス病院医学校(現在のキングス大学)に5年間留学して、人道主義に基づいた英国医学を学びました。また、ナイチンゲール看護婦学校で看護婦(師)教育が行われているのを目の当たりにし、看護教育の重要性を実感しました。高木兼寛は医師と看護師が車の両輪のようにともに協力しあって患者さんを治療することの重要性を指摘し実践しました。これは、現在のチーム医療に繋がる考えです。

「病気を見るより病者(病人)を見よ」という病院の精神が今も貫かれています。
by covenanty | 2010-07-23 21:32 | エッセイ | Comments(3)